『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第4日目①

悠久のエジプト・ナイル川紀行、旅の四日目に入ります。
朝、目を覚ましてカーテンを開けると、ちょうどナイル川越しに日が昇ってきました。

どうやら夜のうちに、船は停泊していたようです。
今朝は、このエドフの町の観光からスタートです。

s-IMG_3514.jpg

朝食を済ませて、上陸します。船着き場には、続々と馬車がやってきます。
今回は、この馬車に乗って目的地の神殿に向かいます。

s-IMG_3516.jpg

走り出しました。
御者の方はムハンマドさん(エジプトで一番多い名前だそうです)、お馬さんはフェラーリという名前です。(本当の名前なのか、ジョークなのかは不明ですが…)

ところがこのお馬さん、フェラーリどころかかなりくたびれています。
次々と元気な馬車に抜かれていきます。そのたびにお尻をムチで叩かれるのが気の毒でした。

s-IMG_3517.jpg

のんびりと15分程進み、目的地に到着しました。『エドフ神殿』です。
エジプトの数多い神殿の中でも、最も保存状態が良いものの一つに数えられています。

s-IMG_3580.jpg

塔門の様子です。
高さ44m、幅137mと巨大で、昨日訪れたカルナック神殿よりも横幅は上回っています。

2000年以上前に完成した神殿ですが、塔門は今でもほぼ完全な形で残されています。
実は、長い年月の間にすっかり砂に埋もれてしまっていたようで、結果的にはそれが良かったようです。

s-IMG_3570.jpg

このエドフ神殿には、ハヤブサのホルス神が祀られています。
そのため、地名のエドフではなく「ホルス神殿」とも呼ばれています。

塔門の壁には、大きなホルス神が刻まれています。

s-IMG_3579.jpg

塔門をくぐると、広い中庭に出ました。
この先は、神殿の内部の「多柱室」になります。

s-IMG_3565.jpg

入口の両脇には、大きなホルス神の像が門番のように立っています。
左側のこの像は特に保存状態が良いらしく、ほぼ完全に美しい姿をとどめています。

長い列に並んで、我が家も記念撮影を行いました。なんとも可愛らしいお姿です。

s-IMG_3563.jpg

内部の様子です。かなりの天井の高さです。
皆さん朝に一斉に到着したクルーズ船のお客さんでしょうか、かなりの人数で混みあっています。

s-IMG_3557.jpg

人ごみの先には、神殿中心部の「至聖所」がありました。
ここには、レバノン杉で造られた聖船が安置されています。

s-IMG_3537.jpg

見どころは内部だけではありません。
壁面には、びっしりと立派なレリーフが刻まれています。

ただ、よく見ると大部分の顔の部分が削られています。これは、後にやってきたキリスト教徒の仕業です。とても残念ですね。

s-IMG_3543.jpg

といっても、さすがに全部は削れなかったか、このように美しい姿をとどめているものもたくさん残されています。

s-IMG_3545.jpg

このような彫刻がすべての壁面に施されています。
一体どれほどの時間と手間がかかったことでしょう。この姿を長い間保存してくれた砂漠の砂に感謝ですね。

s-IMG_3554.jpg

塔門に入る手前の部分にも、立派な建物が残されています。

そして、2000年前のものというのは、エジプトの遺跡の中では「新しいもの」の部類に入るということが驚きです。

s-IMG_3583.jpg

見学を終えると、再び馬車に乗り込みます。往路と同じムハンマド&フェラーリ号です。
道中のエドフの町の様子です。のんびりとした風情の町です。中心には立派なモスクがあります。

s-IMG_3589.jpg

観光を終えて、船に戻ってきました。朝からすみません、ビールで乾杯です!
ナイル川を眺めながら、持参したスーパードライを頂きました。乾燥したエジプトにはピッタリの味わいです。

ちなみに、エジプトには一人1リットルのお酒の持ち込みが可能なのです。虎の子の一本をここで投入しました。(入国時にはとくにチェックも質問もされませんでした)

s-IMG_3608_20191103122302974.jpg

この後は、再び出航して夕方まではのんびりクルーズです。
移動しながらもゆっくりと休憩ができるのは、クルーズ旅の魅力ですね。

~つづく~
関連記事

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード