『夏の沖縄旅行』 第二日目②

どこかにマイルでの夏の沖縄の旅、二日目の続きです。
いよいよ沖縄観光のハイライト、『美ら海水族館』にやってきました。

この旅に出る前までは、もっと那覇市内の街中にあるものとばかり思っていましたが、実際は市内から2時間ほど離れた場所にありました。
ここは、1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」の会場跡地です。

s-IMG_3137.jpg

入場口の前からは、きれいなビーチが一望できます。海の向こうにみえるのは「伊江島」です。
途中のコンビニで前売券を買っておいたので、若干お安く入場することができます。

さあ、入場してみましょう。

s-IMG_3138.jpg

入場すると、まずはサンゴの海がお出迎えしてくれます。
いきなり面白い形のお魚がやってきました。

「ヘラヤガラ」という名前です。英語名は「トランペットフィッシュ」とのことで、妙に納得です。

s-IMG_3139.jpg

もちろんカラフルな熱帯魚たちもたくさんいます。
みんな、ぬったりと我が物顔で泳いでいます。

s-IMG_3140.jpg

こちらはクラゲの水槽です。
癒されるということでブームのようですが、ボーっと眺めていると、たしかに妙に落ち着きますね。

s-IMG_3143.jpg

いよいよ主役が登場です!
巨大な水槽の中を、これまた巨大なジンベエザメがゆったりと泳いでいます。

手前のお客さんたちと比べると、その大きさが際立っています。

s-IMG_3146.jpg

しばらくすると、もう一匹のジンベエザメも現れました。
でも、よくみると鼻先にいる一匹の魚が堂々と先導しています。

コバンザメというのはよく見かけますが、先導魚?というのは初めて見ました。
(巨大なコバンザメなのかもしれません…?)

s-IMG_3147.jpg

ここ「アクアルーム」からは、回遊する魚を見上げることができます。
タイミングよく、日本初展示の真っ黒なエイ「ブラックマンタ」が飛び去って行きました。

普通のマンタはお腹は白いのですが、このようにお腹も真っ黒な個体は世界的にも例が少ないのだそうです。

s-IMG_3151.jpg

館内の見学の後は、外部の施設に向かいます。
こちらは「オキちゃん劇場」、イルカショーが開催されています。

ダイナミックなイルカの動きを堪能することができました。
しかもこの劇場と、マナティー館、ウミガメ館の見学は、なんと無料です!

s-IMG_3157.jpg

充実した水族館を堪能した後は、少しご近所を巡ってみたいと思います。
水族館から車で数分の、ここは『備瀬のフクギ並木』です。

s-IMG_3159.jpg

この集落には、防風林として約2万本ものフクギが植えられいます。
昔ながらの沖縄風の屋敷も並んでいて、いい雰囲気の並木道です。

s-IMG_3161.jpg

フクギは漢字では「福木」と書くそうです。
歩いていると、幸せを呼ぶパワースポット「夫婦福木」が現れました。

またまた夫婦円満をお願いしておきました。

s-IMG_3162.jpg

沖縄をすっかり満喫していますが、だんだん残り時間が少なくなってきました・・・
この後は、もう一つの世界遺産を目指して、旅のラストスパートです!

~つづく~

『美ら海水族館』のHP
関連記事

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード