『春の愛媛 めぐり旅』 第一日目②

どこかにマイル利用の「春の愛媛めぐり旅」、一日目の続きです。
松山空港からのロングドライブとウォーキングを経て、四国最西端の『佐田岬灯台』にやってきました。

1918年に利用開始された、100年超の歴史を誇る灯台です。青空に高さ18mの白亜の灯台が映えています。

s-IMG_2345.jpg

傍らに、佐多岬の立地がよく分かる看板が設置してありました。
まるで動物の角のような、日本一細長い半島の先端に位置していることがイメージできます。

九州は目と鼻の先ですね。

s-はIMG_2346.jpg

目の前に広がる大海原に目をやると、海峡を渡るフェリーが現れました。
大分の佐賀関と愛媛の三崎の約31kmを結ぶ「国道九四フェリー」です。なんだか気持ちよさそうに進んでいます。

s-IMG_2347.jpg

振り返ってみると、険しい海岸線が続いています。
岩がなんとなく緑に見えますが、これは「伊予の青石」と呼ばれる特徴的な岩なのだそうです。

s-IMG_2353.jpg

再び西に目を転じます。すると、少し先の岩の上に展望台のようなものが見えています。

えーと、今いる場所が最西端なのでは?
気になるので行ってみることにしましょう。

s-IMG_2348.jpg

近づいたところに答(看板)がありました。
『御籠島』という島だったのです。もちろん「四国最西端」の島です。

s-IMG_2361.jpg

先ほど灯台から見えた展望台に到着しました。
2017年4月に「佐田岬灯台点灯100年記念」として遊歩道が新たに造られたそうです。
このモニュメントは、その時に灯台がきれいに見えるように設置されました。

s-IMG_2363.jpg

海上交通の要衝である豊後水道に面しているので、軍事的にも重要な意味を持っていたそうです。
太平洋戦争中に建設された砲台跡が今も残されています。

s-IMG_2355.jpg

対岸の大分県はすぐそこです。
眺めていると、数多くの船が行き交っています。

細長い半島をはるばる走ってきたのですが、不思議と最果て感は感じません。
我が家のふるさと、山口や九州に近いからでしょうか…?

s-IMG_2362.jpg

ようやく駐車場に戻ってきました。そろそろ松山市内に戻りたいと思います。
再び尾根道を走った後は、高速道路に乗りました。

途中の「伊予灘SA」で休憩しました。ここからは松山市街や伊予灘まで一望できます。
遠くにプロ野球でおなじみの「坊ちゃんスタジアム」の姿が眺められました。

s-IMG_2370.jpg

レンタカーを返却して、中心街にあるホテルにチェックインしました。
これから軽く夕食を頂きたいと思います。

繁華街にあるアーケード街「大街道」を歩いてみます。

s-IMG_2372.jpg

松山名物はあれこれあれど、なぜかラーメンが食べたくなりました。
選んだのは、地元の人気店「麵家なかむら」です。

店内には、なぜかスワローズの選手やつば九郎のサインがズラリと飾られています。

s-IMG_2376.jpg

主人はピリ辛ラーメン、私は塩ラーメンをお願いしました。写真は塩ラーメンです。
黄金色の透明なスープが風味が良くて美味しいです。塩なのにこってりとしていて麺にしっかり絡んでいてます。

あっという間に自分の分を食べてしまった主人に、味見という名目でお裾分けしたところ、「塩、いいね!」と気に入っていました。

s-IMG_2373.jpg

食後は街を少し歩いて、お酒を買い込んでホテルに戻ってきました。
この後はお部屋でのんびり二次会です。

明日は松山市内の観光を楽しみたいと思います!

~つづく~

『佐田岬灯台』のHP
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード