『イタリア 3都市巡りの旅』 第4日目②

イタリア3都市巡りの旅、フィレンツェ滞在の二日目の続きです。
ドゥオモ内部の見学の後は一度外に出て、建物の反対側に回り込みます。

次は、ドゥオモの後陣の向かい側にある『ドゥオモ付属美術館』に入場します。

s-IMG_1319.jpg

付属美術館というだけあって、ドゥオモに関連する宝物や美術作品が数多く展示されています。
中でも必見は、このギベルティの「天国の門」です。

サン・ジョバンニ礼拝堂の東側の扉で、後に大聖堂のクーポラを造ることになるブルネレスキとの激しいコンペを制したギベルティが、25年以上もの歳月をかけて完成させたそうです。旧約聖書の物語がテーマになっています。

s-IMG_1321.jpg

こちらは豪華な「銀の祭壇」です。
制作だけでも、なんと100年以上掛かっているそうです。近年修復を終えて、目もくらむばかりの輝きを取り戻しました。

s-IMG_1328.jpg

美術作品も充実しています。
こちらはドナテッロの「マグダラのマリア」です。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」にも登場するマグダラのマリアですが、晩年の姿を表現している木彫りの彫刻です。
日頃見かける大理石の彫刻と異なり、すごい迫力を感じます。

s-IMG_1325.jpg

こちらはミケランジェロの晩年の未完の作品、「ピエタ」です。
素人の我が家にはすばらしい作品にしか見えないのですが、彼は途中で制作をやめてしまったのだそうです。

s-IMG_1329.jpg

美術館を満喫した後は、ドゥオモのお隣の『サン・ジョバンニ洗礼堂』を訪れます。

これまた長い行列に並びます。列が伸びすぎたのか、係員が来て我が家の少し前で列を折り返しさせられました。ところが、折り返したはずの列に後ろから来た人がどんどん並んでいきます。まじめに折り返した人たちは、なんと列からはじき出される格好となってしまいました。先ほどの係員に目をやると、「いい仕事をしたぜ」と言わんばかりに少し離れた場所で、同僚と談笑中です。

やっぱりここはイタリア、油断できません・・・

s-IMG_1332.jpg

それでもなんとか入り口にたどり着きました。気を取り直して入場しましょう。
教会の歴史は古く、起源は4~5世紀に遡るそうです。八角形が特徴的な現在の建物も、ドゥオモ関連の中では一番古いそうです。

s-IMG_1333.jpg

見上げると豪華な天井画が描かれています。
お隣のドゥオモとは異なり、ビザンチン様式のモザイク画です。

先日訪れた、ヴェネチアの「サン・マルコ大聖堂」の天井画に似た雰囲気です。

s-IMG_1335.jpg

さて、ここからは特にプランがあるわけではありません。フィレンツェカードを活用して、気の向くままに街を回ってきましょう。

まずはちょっと気になったこちらに入場してみます。
『メディチ家礼拝堂』です。

s-IMG_1347.jpg

巨万の富を背景にフィレンツェに君臨した華麗なる一族、メディチ家専用の礼拝堂です。
こちらは「君主の礼拝堂」と呼ばれています。天井が高く、やはり豪華な空間です。

s-IMG_1340.jpg

お隣の「新聖具室」は、なんとミケランジェロが部屋の設計から彫刻までの一連を担った部屋です。
メディチ家歴代の当主の霊廟は、もちろんミケランジェロの彫刻で飾られています。なんとも贅沢なお墓ですね。

s-IMG_1344.jpg

礼拝堂の後は、お隣にある『サン・ロレンツォ教会』を訪れます。
こちらもブルネレスキが設計を手掛けたのですが、彼が亡くなったためファサードは未完のままとなっています。
結果的に、より独特で印象的な姿になっているような気がします。

s-IMG_1350.jpg

内部の様子です。すごく奥行きを感じさせます。
実は先ほどのメディチ家礼拝堂とこの教会は同じ建物で、入場口が分けられているだけでした。

s-IMG_1352.jpg

ここには、ドナテッロによる豪華な説教壇が設けられています。
説教壇は一対になっており、それぞれ「受難」と「復活」を表しているそうです。
また、彼自身もこの教会に埋葬されています。

s-IMG_1355.jpg

ここで午前の部は終了です。いったんホテルに戻り簡単なランチと休憩をとりました。
冷たいビールで体も冷やして、午後の観光を再開します。

まずはホテルからほど近い、『サンタ・マリア・ノヴェッラ教会』です。
大理石がまるで寄木細工のようにちりばめられたファサードです。

s-IMG_1371.jpg

堂内では、二列の列柱の間隔が内部に向かうにしたがって狭められています。
そのため実際よりも奥行きを感じるようになっています。

s-IMG_1363.jpg

この教会も美術作品の宝庫です。
天井から吊るされているのはジョットの「十字架像」です。

先ほどの大聖堂の建築責任者のジョットですが、ルネサンス絵画の先駆者なのだそうです。とにかく才能が豊かな人だったのでしょう。

s-IMG_1370.jpg

このフレスコ画は、マザッチョ作の「聖三位一体」です。
マザッチョはジョットよりも少し後の、ルネサンス初期を代表する作家です。

彼によって最初に科学的な遠近法が取り入れられた絵画なのだそうです。たしかに先ほどのジョットの十字架像とは、ずいぶん異なる描き方です。

s-IMG_1362.jpg

それにしても、ここフィレンツェは街自体がまるで博物館か美術館のようです。
見どころはまだまだ尽きませんが、残りはあと半日です。そろそろラストスパートに入ります!

~つづく~

関連記事

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード