『秋の徳島めぐりの旅』 第2日目②

どこかにマイルを利用した秋の徳島の旅、二日目の後半です。
秘境・祖谷渓を巡り、ランチを楽しんだ後は『大歩危峡』を訪れます。

道の駅から5分ほどのところに「大歩危峡観光遊覧船」の乗り場がありました。
一人1,080円の料金を支払い、長い階段を川面まで降ります。

どうやらこの船に乗るようです。

s-IMG_1831.jpg

さっそく船に乗り込み、ライフジャケットを着こみます。どこかの川で転覆事故があってから、どこも必ずライフジャケットは着せてくれるようで、安心です。

周りを見回すと、日本人は我が家の他は二組ほどで、後は海外からのお客さんだらけです。
アジア系だけでなく西欧人も多く、まさにグローバルです。

いざ、出航!!

s-IMG_1837.jpg

往復4km、約30分のリバークルーズです。
まずは川の流れに乗って、ゆっくりと下っていきます。

吉野川の両岸には、青灰色の「砂質片岩」がむき出しで、なんとも迫力のある景観を創り出しています。

s-IMG_1839.jpg

こちらでは、岩が褶曲によって斜めになっている様子を見ることができます。
見るからに固そうな巨岩がこのように変形するとは、やっぱり地球の力は想像を絶しますね。

ポイントごとに船頭さんがいろんな説明をしてくれるのですが、日本語のため数人しか理解できていないようです。テープでもいいので、英語なり中国語を用意できればいいのですが、絶景だけになんだかもったいないです。

s-IMG_1834.jpg

満足のクルーズを終えて駐車場に戻ると、レトロなボンネットバスが停車しています。
実はこれは定期観光バスです。

本日我が家が巡っているような祖谷渓~大歩危・小歩危周辺を、一日かけて回ってくれる優れものです。これなら車がない人や、海外からフリーで来る人達も便利ですね。

s-IMG_1843.jpg

続けて、『小歩危峡』をドライブします。
「大歩危・小歩危」は吉野川の激流によって、約2億年もの時間を掛けて創られた約8kmにもわたる渓谷です。
昔から不思議な名前だけは聞いたことはあったのですが、とうとう訪れることができました。

しばらく進むと、またまた吊り橋のようなものが見えてきました。

s-IMG_1855.jpg

車を停めて近づいてみると、まさに吊り橋です。しかもとても長くて、高い!!
足元は金網になっており、かなりデンジャラスな感じですが、とくに制限もなく渡ることができるようです。

s-IMG_1853.jpg

怖いもの好きの主人は、さっそく渡ろうとしています。先ほどのかずら橋で懲りた私は、遠慮することにします。
カメラを主人に渡し、レポートをお願いしました。

川の真ん中からの小歩危の眺めです。
両岸の険しい岩肌の様子がよく分かります。吊り橋の影が落ちている様子をみると、高さが際立ちます。
(写真だけでも怖いです。私は行かなくて良かった…)

s-IMG_1851.jpg

今度は上流側です。V字型の渓谷の様子がよく分かります。
正直なところ、これまではよく知りませんでしたが、徳島県は本当に素晴らしいです!

s-IMG_1852.jpg

秘境巡りを満喫できたので、そろそろ空港に向かって走り始めます。
途中で、もう一か所立ち寄りたいと思います。なんと徳島道のPAに車を停めて、徒歩で訪れることができるスポットがあるのです。

それがこちら、『土柱』です。

s-IMG_1863.jpg

土柱、土の柱とは、なんとも直球のネーミングです。展望所に行くと、文字通りの土の柱が現れました。
やや地味ではありますが、確かに珍しい景観です。

しかも「世界三大土柱」とのことで、ここ徳島とアメリカのロッキー山脈、イタリアのチロル地方と説明されています。

s-IMG_1858.jpg

そしてこの写真は、以前訪れたアメリカ・ユタ州の「ブライスキャニオン国立公園」です。
いわれてみれば、あの独特の景観はたしかに「土柱」です。

時間も場所も大きく離れた二つの場所が、今この瞬間に結び付きました!

s-Dscf0200_2018120814525119b.jpg

すっかり日が暮れてきました。
地元のスーパーに立ち寄ってお土産を買い込み、レンタカーの返却前にガソリンスタンドに立ち寄りました。

道の向こうをふと見ると、ラーメンの提灯が目に留まりました。
昨日の夜に行きそびれた徳島ラーメンが偶然にも登場です。これは行かないわけにはいきません。

s-IMG_1867.jpg

徳島ラーメン「頂点」(てっぺん)というお店です。
なじみが無い徳島ラーメンですが、ガイドブックには甘辛いスープが特徴と一押しされていてたので楽しみにしていました。一口食べると美味しい!!

昔のラーメンみたいなお味です。お店には家族連れのお客さんが多く地元の方に愛されているようでした。

s-IMG_1865.jpg

土日の一泊二日の旅ではありますが、海に山に川にと徳島の大自然と歴史を満喫することができました。抽選の結果とはいえ、徳島に来ることができて大正解でした。

どこかにマイルでの発生確率が高い空港ではありますが、まだまだ見どころはたくさんありそうです。
たとえ連続当選でも構わないので、ぜひもう一度訪れてみたいと思います!

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード