『イタリア 3都市巡りの旅』 第2日目②

イタリア3都市巡りの旅、ヴェネツィアの二日目の続きです。
午前中にサン・マルコ大聖堂やドゥカーレ宮殿の見学を終えた後は、ホテルに戻り軽いランチと休憩を取りました。
リフレッシュを終えた後に、午後の観光に出発します。

迷路のような路地を抜けて、やってきたのは『リアルト橋』です。
カナル・グランデに架かる4つの橋のうちのひとつです。

IMG_1083_convert_20181008093227.jpg

さっそく橋を渡ってみます。
階段状になった橋を登っていくと、両側に立派なお店が並んでいます。日本にはないタイプの橋ですね。

IMG_1093_convert_20181008093401.jpg

てっぺんの欄干からの「グラン・カナル」(大運河)の眺めです。
車道が無いヴェネツィアでは、このグラン・カナルが幹線道路の役割を果たしています。

御覧のように、水上バスをはじめとした色んな船が行きかっており、とても賑やかです。

IMG_1084_convert_20181008093244.jpg

反対側の眺めです。
このあたりから運河が大きなカーブを描いており、なかなか絵になる景色です。

IMG_1091_convert_20181008093307.jpg

橋の上から見えた、「ドイツ人商館」を訪ねてみます。
以前は郵便局として使われていた建物ですが、現在はDFSとして活用されています。

吹き抜けの美しい空間です。特にショッピングはしませんでしたが、豪華な建物を満喫することができました。
屋上テラスからの眺めが素晴らしいとのことでしたが、この日は外に出ることができませんでした。

IMG_1092_convert_20181008093332.jpg

しばらく、グラン・カナル沿いにそぞろ歩きを楽しむことにします。
少し進んでから振り向くと、リアルト橋を背にゴンドラがのんびりと進んでいます。ヴェネツィアらしさ満点です。

IMG_1100_convert_20181008093519.jpg

運河には、いたるところにゴンドラ乗り場が設けられています。
日本の人力車と同じようなものなのか、お値段がかなり高いので、今回は見るだけで我慢です。

こうやって停泊しているゴンドラを眺めるだけでも、十分気分は味わえました。

IMG_1098_convert_20181008093424.jpg

これはホテルの近くにあった美味しそうなレストランの建物です。よく見ると建物の右半分が大きく傾いています。
大丈夫なのか!?と思いましたが、埋め立て地のヴェネツィアではよくあることのようです。

潟に木杭を打ち込んだ上に建物を建てているのですが、地盤の弱さと石造りの建物の重さで、沈下してしまうようです。そのため、少々ずれても大丈夫なように窓枠には少し遊びが設けられているそうです。

こんなところにも、古からのヴェネツィア人の知恵が活かさせているのですね。

IMG_1101_convert_20181008093541.jpg

ヴェネツィアといえば、ヴェネツィアンガラスが有名です。
ちょうどお店があったので覗いてみます。

この大きな魚が気に入りました。連れて帰りたいのですが、こんな大きなものを置く場所がありません。残念ですが、こちらでながめるだけで我慢です。

IMG_1077_convert_20181008093208.jpg

またまたサン・マルコ広場にやってきました。
先ほど見学したドゥカーレ宮殿の共通チケットで、残りの施設を見学するためです。

広場の周りの建物で、宮殿以外にも「コッレール博物館」「国立考古学博物館」「国立マルチャーナ図書館」に入場できるようです。さっそく博物館に入ってみます。

当時の貴族の邸宅のようで、豪華な生活の様子が展示されています。

IMG_1105_convert_20181008093600.jpg

壁には当時のヴェネツィアの様子が描かれた大きな絵が飾られています。
海の神様が描かれたりしていかにも古い絵なのですが、描かれている街の様子は現在とあまり変わりがありません。

IMG_1107_convert_20181008093621.jpg

こちらもドゥカーレ宮殿に負けず劣らず豪華な装飾です。
それにサン・マルコ広場を囲んでいる建物全体が博物館のようで、とても広い(長い)です。

IMG_1109_convert_20181008093706.jpg

窓から広場の様子が見えました。ずいぶんと歩いたはずです、時計塔がもう近くに見えています。

博物館を見ていたつもりだったのですが、後で調べたらその他二つの施設も同じ場所から入場するようで、知らず知らずのうちに全部回ってみていたのかもしれません。(結局分からずじまいでした…)

IMG_1108_convert_20181008093643.jpg

博物館の見学を終え運河沿いを歩いていると、立派な騎馬像が目に入りました。
「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」で、1861年にイタリア王国の初代国王になった人なのだそうです。

そういれば以前訪れたローマにも、この人の記念堂がありました。

IMG_1113_convert_20181008093727.jpg

ふと運河に目をやると、巨大な豪華客船が現れました!

こんな大きな船が入っても大丈夫だろうか、と思いましたが、さすがは海の玄関口、まったく問題なさそうです。
乗客の皆さんもデッキからサン・マルコ広場を眺めています。

IMG_1116_convert_20181008093750.jpg

そろそろ夕食の時間です。
ヴェネツィア名物のイカ墨パスタでも、と思っていたのですが、歩きすぎてすっかりくたびれてしまいました。

結局、今夜もスーパーのお総菜を買って、ホテルで宴会となりました。

IMG_1118_convert_20181008093809.jpg

このシンプルなお惣菜たちがとても美味しいのです。冷えた白ワインに合って最高です。ヴェネツィアの素晴らしさをおしゃべりしていると、あっという間に夜が更けていきました。

あっという間の二日間が終わり、明朝はヴェネツィアを発たなければなりません。
ヴァポレットでグラン・カナル巡りながら、ヴェネツィア駅に向かう予定です。

~つづく~


関連記事

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード