『富士山』に登りました

日本一の山、富士登山にチャレンジしました!!
日頃はお気楽登山が中心の我が家ですが、私は密かに富士山に登ってみたいと思っていました。
先日の尾瀬ハイキングに気をよくして、とうとうチャレンジしてみることになりました。

富士山にはいろんなアクセスが考えられますが、往復のバスと山小屋がセットになったフリーのツアーを選びました。
実はこの日は、西日本を中心に大雨でしたが、予約済みなので「行けるところまで行ってみよう」と思い出発しました。

バスは中央道を通り、いよいよ富士山に近づいてきました。天気予報は雨でしたが、少しだけ山の輪郭が見えています。

IMG_0456_convert_20180714145643.jpg

バスはぐんぐんと高度を上げていきます。標高が高くなるにつれて、大雨が降ってきました。
本当に登れるのでしょうか・・・?

そして、「吉田ルート」の登山口である標高2,305mの五合目に到着です。
高度に慣れるために、ここで一時間ほど食事と準備を行います。

IMG_0458_convert_20180714145705.jpg

入念に準備運動を済ませ、入山料を払い、12時ちょうどに出発します。
今日は、本八合目の山小屋まで登る予定です。

実は主人はずいぶん昔に登頂の経験があり、細かいアドバイスをしてくれました。
①小股でちょこちょこと歩き、絶対に人を追い抜かないこと(それくらいゆっくりと歩く)
②足を高く上げず、遠回りになってでも、少しでも低い段差を登ること
③こまめに水やおやつをとること

全然自信はありませんが、注意点を守って頑張ってみます。

IMG_0459_convert_20180714145727.jpg

五合目からしばらくは、平坦な道が続きます。
ついついペースが上がりそうになりますが、ぐっと抑えて主人の作戦通りにちまちまと進みます。

さて、ここからがいよいよ登山道です。

IMG_0463_convert_20180714145751.jpg

雨は降ったりやんだりを繰り返しています。最初から雨具をすべて着込んでいるので、幸いあまり気になりません。
日差しが苦手な私にとっては、むしろ絶好のコンディションです。

少しずつ斜面を登っていくと、目指す頂上が見えてきました。すごく遠いようにも、すぐ近くのようにも思えてきます。

IMG_0464_convert_20180714145813.jpg

この頃から、少しずつ視界が良くなってきました。
見下ろすと右手に山中湖が眺められ、まさに雲が沸き上がっています。これは絶景です。
(でも、見下ろす角度が変わるだけで、ずっと同じような景色が続きます…)

IMG_0467_convert_20180714145835.jpg

このあたりからは、いよいよ岩場の登りに差し掛かります。
なるべく足の筋肉が疲れないように、右往左往しながら低い段差を登りました。
いつの間にか、富士山名物の渋滞も始まりました。これでよりペースダウンしたおかげで体力を温存できました。

そして、7合目にたどり着きました。登山者の半分くらいは外国の方で、海外旅行に来たような気分になります。

IMG_0470_convert_20180714145853.jpg

こちらの山小屋に温度計がありました。真昼間なのに10℃しかありません。
ここは標高2,740mなので、頂上まではまだ1,000m以上残っています。。。

IMG_0472_convert_20180714145908.jpg

ガイド付きのツアーの方たちは、7合目から8合目の山小屋に宿泊されるようで、だんだん集団が減ってきました。

渋滞が解消しても、このあたりからは私自身が渋滞になってきました。思うように体が進みません。
そして、ようやく8合目までやってきました。

IMG_0478_convert_20180714145929.jpg

ようやく今日のゴールかと思いましたが、違いました。
我が家が泊まるのは「本」八合目なのだそうで、上に小さく見えている小屋のあたりです。
これはショックです。

IMG_0479_convert_20180714145948.jpg

気を取り直して、足を動かします。
さすがに空気も薄く、息も絶え絶えになってきました。渋滞もあり、時間もかなりオーバーしています。

そして、夕方の6時前に、ようやく本日の山小屋に到着しました!!

IMG_0481_convert_20180714150008.jpg

今回お世話になるのは、標高3,400mにある「富士山ホテル」です。
遅めの到着だったので、荷物を置く間もなく夕食となります。

こちらが豪華ディナーのカレーです。
正直なところ、あまり期待しないで頂いたのですが、意外にもこれが絶品。ボリュームもあり大満足できました。

IMG_0482_convert_20180714150026.jpg

食事の後に寝床に案内されました。押入れのような二段ベッドの下段、布団半分ほどのスペースが一人分です。

すでに休まれている人もいて、荷物を整理したらやることがなくなりました。
仕方なく外に出てみると、少しだけ夕焼け空を眺めることができました。今夜は晴れてくれるのでしょうか…?

IMG_0485_convert_20180714150045.jpg

とりあえず7時過ぎには寝床に入りました。といっても眠れません。
全国的な悪天候の影響で、ここ富士山でも突風が吹き荒れており、すごい音がします。また、風がやんだかと思うと、今度はあちこちからのいびきの大合唱です。

さらに困ったことに、頼みの主人が高山病なのか頭が痛いと言い出す始末です。時計をみても、まだ8時、9時となかなか進んでいきません。



それでも少しウトウトしていると、電気が点いてお隣のガイド付ツアーの係の方が入ってきました。
「頂上付近では風速計が振り切れるくらいの強風が吹いており、危険なので頂上には向かうツアーはありません」とのことです。
これまでの疲れと、慣れない山小屋の環境もあり、私もすっかり引き返すつもりになっていました。

ところが、しばらくすると個人登山の皆さんは一斉に支度を始めました。主人と相談したところ、「せっかくなので、やっぱり行けるところまで行ってみよう」という話になりました。

この時期の吉田ルートは8合目までは登りと下りで同じ道を使います。そこで、水や行動食といった最低限の荷物だけを主人が持って、リュックは小屋において出発することができました。これはラッキーです。

2時過ぎに山小屋を出発しました。幸い雲は切れており、東京方面の夜景がきれいに見えました。
(この写真で見ると、ほとんど真っ暗ですが・・・)

IMG_0486_convert_20180714150115.jpg

真っ暗な山道をヘッドランプの明かりを頼りに進みます。時々突風が吹いて、吹き飛ばされそうになりながらも進んでいきます。
ガイドツアーが軒並み撤退したため、いわゆる「ご来光渋滞」は起きませんでした。

最後の岩場に立っている係員の方に励まされながら、二人とも無言で最後の登りを頑張ります。
そして午前4時過ぎに、とうとう頂上に到着しました!

IMG_20180708_040923_convert_20180714150409.jpg

喜びもつかの間、遮るものがなくなった頂上には、猛烈な風が吹き荒れています。
それにとても寒いです。これは堪りません。

そのころ東の空が明るくなってきました。突風のため数秒おきに視界が晴れたり、何も見えなくなったりを繰り返しています。
そのたびに、周囲からは歓声とため息が交互に聞こえてきます。

IMG_0490_convert_20180714150137.jpg

そして、とうとうご来光です!!
なんとも神々しく、すごいパワーを感じます。この瞬間にこれまでの疲れが吹き飛びました。

ちょっと前まで凍えていましたが、急に温かさを感じてくるので不思議です。

IMG_0498_convert_20180714150209.jpg

頂上で一緒にご来光を眺めた皆さんの様子です。早朝のため神社はまだ閉まっています。

この後に火口を覗きに行きましたが、あまりの強風にカメラを構えることもできせんでした。わずかに見えた剣が峰にレーダーが無くなっているのを確認した主人が感激しています。

IMG_0499_convert_20180714150233.jpg

冗談抜きに身の危険を感じるので、早々に山頂を後にしました。
この後は山小屋に戻り、温かい部屋で朝食を取り、ゆっくり休んでから下山に取り掛かることができました。
初日が大変でしたが、本八合目の山小屋を選んで大正解でした。

下山途中に眺めたこの雲海が、とてもきれいでした。

IMG_0500_convert_20180714150252.jpg

下山道から横を眺めると、まさに45度の急斜面です。
この時期では、まだところどころに雪も残っています。息が苦しい登りと違い、下りでは足の筋力がどんどん奪われていきます。
横では主人が見事に尻もちをつきました!

IMG_0501_convert_20180714150314.jpg

同じ側の斜面を登るため、あまり景色は変わらないのですが、下山道は少し横にずれるため、遠くに太平洋が見えてきました。
この眺めで、少し元気を取り戻しました。もうひと踏ん張り、頑張って下ります。

IMG_0502_convert_20180714150335.jpg

9時半ころに、無事に下山して五合目に戻ってきました。
こんな私でも、日本最高峰に登ることができたとは、うれしい限りです。

IMG_0504_convert_20180714150355.jpg

この後は、ツアーの皆さんと合流して、ふもとの温泉で汗を流しました。
キンキンに冷えた生ビールで、我が家の登頂を祝いました。

無事の登頂と、ご来光を拝ませてくれた富士山に大感謝です。
富士山、ありがとう!!またね!!

関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

No title

凄いですね~~~v-424
我が母は80歳で富士山登頂しました。だから私でも出来ると思いたいのですが、私は登山しないので無理ですな。。大山止まりです(爆)
御来光は「別物」なのですね!苦労したからこそ、なのでしょう。
そういうの味わってみたい気もするけど高山病が・・・
ご夫婦で素晴らしい体験されて羨ましいです。

Re: No title

サラーム様

ありがとうございます!
いやいやお母様と比べれば、我が家などまだまだです。実は何年か前に大山には登ったのですが、その時には運動不足もあり、本当に疲れたものでした。
どちらかといえば単調な富士登山ですが、ご来光はとても素晴らしかったです。
河口湖側から登れば、途中のどこからでも見えるようなので、サラームさんも一度チャレンジしてみてはいかがですか!?
プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード