旅の思い出 『オレゴンの旅』その3

オレゴンの旅の最終回です。

午前中にクレーターレイクの観光を終え、ベンドの町を目指します。

途中、湖が点在する「カスケードレイクス・ハイウェイ」という景色のいい道路を走ります。夕方にベンドに着きました。

我が家の宿探しは、いつも道沿いのモーテルを覗きながら町のメインストリートを往復して数件のモーテルを見比べながら決めるのですが、選らんでるうちに、次の町レッドモンド町まで来てしまい「ビレッジ・スクワイヤ・モーテル」という地元のモーテルに決めました。

ベストウエスタン等の大手チェーンもあったのですが、安くてきれいな宿は、実はチェーン店以外に多いんです。

オレゴン産のビールを頂いて、ぐっすりと眠りました。

翌日は旅の5日目です。今日は「オレゴンから愛」の舞台をめぐります。

実は、このドラマ、私も主人も詳しく覚えていません。そこで、旅の前にDVDやyoutubeを探してみたのですが、見つかりませんでした。

でも意外にも図書館で小説版を発見しましたので、代わりにこれを読んできました。

まずは「スミスロック州立公園」に向かいました。ドラマのシーンは分かりませんが、小説の表紙の写真に使われていた場所なので、関係が深い場所のようです。

P1010643.jpg

ここでは一時間ほどトレッキングを楽しみました。MTBのコースもあり、楽しそうに走り回る少年がいました。

野生の鹿にも出会えました。目の前を駆け抜けていったのですが、カメラを構えているうちに少し遠くなってしまいました。

P1010641.jpg

次は、「レイク・ビリーチヌーク」へ向かいました。

ここはドラマに何度も出てきた湖です。なんとなく記憶にも残っています。

まるでグランドキャニオンが湖になったような感じです。
クレーターレイクと違い、今度は深いグリーンの水をたたえています。

P1010660.jpg

とうとう発見しました!!


P1010657.jpg

1984年のドラマ放映を記念して、フジテレビが設置した「オレゴンから愛」の記念碑です。

何の案内も無く、湖を見下ろす誰もいない展望台にさりげなく設置されていました。

あれから約四半世紀が過ぎ、すっかり年季が入っていました。

次はオレゴン州のシンボル、「マウント・フッド」を目指します。

マウントフッドには、「ティンバーライン・ロッジ」という有名なリゾートホテルがあります。このロッジは昔「シャイニング」という怖い映画の舞台にもなっています。

怖い話は別として、できれば泊まってみたいと思います。

山道を登り、ロッジに到着しました。雲ひとつ無いおかげで頂上がすぐ近くに見え、氷河も目の前に広がっています。有名な観光地だけあって、混みあっています。

P1010663.jpg

ロッジのフロントで聞いてみましたが、とにかく料金が高い!正直迷いましたが、先も長いのであきらめて進むことにしました。

出発前に、ロッジのロビーで卓球や卓上カーリングみたいなゲームを楽しみました。これだけでも、もうすっかり宿泊した気分です。

結局この日は、コロンビア川の上流のフッドリバーという町まで辿りつき、これまた「リバービュー・ロッジ」という名の地元のモーテルに宿を取りました。

値段は安かったのですが、寝室とリビング、キッチンがそれぞれ独立したスィートルームになっており、大満足でした。

明日はコロンビア川に沿って、ポートランドに帰ります。

旅の6日目です。コロンビア渓谷には、多くの滝があるので、これを順に周ります。

中でも一番有名な全米第2位の高さを誇る「マルトノマ滝」です。

昨日のマウントフッドから流れてきた水が、上下二段の滝を形作っています。

P1010676.jpg

滝巡りの後は、ダム見学です。「ボナヴィルロック・ダム」という名前で、ここでは鮭の遡上が間近に見られます。

ダムが出来たせいで、鮭が上流に行けなくなるため「フィッシュラダー(魚のハシゴ)」という名の通り道が設けられており、ガラス越しに遡上の様子を見ることができます。

大きな鮭たちが次々と目の前を通り過ぎて行きます。

頑張れ、サケさん!!でも、美味しそう・・・

そして、とうとうゴールのポートランドに到着しました。

ポートランドはナイキの発祥地ということもあり、ジョギングやサイクリングが盛んなようです。

コロンビア川の支流、ウィラメット川沿いの公園でそんな人たちを眺めていると、自転車好きの主人が我慢できなくなったようです。

「レンタサイクルを探そう!」ということで、はるばるオレゴンまで来て、レンタサイクルでポタリングを楽しむことになりました。

ほどなくレンタサイクル屋さんは見つかりました。二人ともクロスバイクを借りることにしたのですが、意外に料金が高い!1時間で十数ドルの料金です。私が躊躇していると、主人はさっさと自転車を選んでいます。

これが私が選んだ自転車、K2のクロスバイクです。日ごろは折りたたみ自転車なので、大きい自転車に乗るのは初めてだったのですが、なかなかの乗り心地でした。

でも、今までは乗り降りの際にママチャリのように足を前から動かしていたのですが、この自転車にはフレームがあるので、何度も引っかかって転びそうになりました。

P1010691.jpg

ウィラメット川の両岸の公園をこれで一周することにしました。持ち時間は1時間のため、遠出はせずにのんびりと雰囲気を味わうことにしました。

これはスティール・ブリッジという名の橋で、ポートランドでは有名な橋のようです。

P1010684.jpg

あっという間に一時間が過ぎ、旅の最後くらいはということでショッピングに出かけました。

主人は足が大きく、日本では靴を探すのが大変なので、靴を買うつもりのようです。私は洋服を買おうと思います。

結局、主人はノースフェースのゴアテックス製のトレッキングシューズを半額でゲットしました。私のほうもセーターを2枚購入しました。他にもいろんなお土産を買いました。

最後の夜はガイドブックで調べておいた評判のいいお店でお食事です。

田舎町では、スーパーやテイクアウトで買い物して、部屋で簡単な料理をするのが我が家流ですが、都会に泊まるときは食事が楽しみです。でも、外国のスーパーって珍しいものがたくさんあって結構楽しいんです。(主人はめんどくさそうですが)

名前を忘れてしまったのですが、地球の歩き方に「オレゴンのお袋の味」と紹介されていたお店に行きました。

とっても美味しくて、雰囲気もよかったです。

この日の宿は、日本で唯一予約しておいた「ホテル・フィフティ」です。

先ほど走ったウィラメット川沿いに建つ、素敵なホテルです。

翌朝は、コーヒーを片手に川沿いの公園に出てみました。ジョギングや通勤サイクリストを眺めていると、すっかり気分はオレゴニアンです。でも、そろそろ日本に帰る時間です。

楽しかった旅はあっという間に終了です。ホテルをにチェックアウトし、ポートランド国際空港から日本へ帰りました。

出発前はオレゴンってどんな所だろうと心配でしたが、終わってみると本当に素晴らしい旅になりました。

また、毎日コツコツと働いて、こんな旅に出てみたいと思います!


大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

こんにちは

「オレゴンから愛」って、もう25年も前になるんですね…。フジテレビのロゴが時代を感じさせます。
エメラルドグリーンの湖も魅力的ですね。雄大な自然の写真の数々に癒されました。GWの間に海外旅行へ行ってきたような感覚がします(笑)。
楽しませていただきまして、有難うございました!

Re: こんにちは

黒田裕樹様

いつもコメントありがとうございます。
私も他の方の旅の思い出話を読んで旅した気分になったり、黒田さんの歴史のお話を読んで、すごく勉強した気になったりしています。知らないことを知るのって楽しいですね!!

海外ポタ

素敵な旅の仕方ですね。
アメリカって大き過ぎてよく分からないのですが、「オレゴンからの愛」って見たこと無いですが何となくおぼろげに記憶があります。
買い物用チャリはK2のクロスバイクです。読んでて、もしかしたらK2はアメリカでは活躍しているのかな?と。だって他に見かけたこと無いんですもの。
川沿いを走るって気持ちが良いですよね~。海外でポタってしたことありませんが、やってみたくなりましたっ!
羨ましいです。

Re: 海外ポタ

サラーム様

買い物用の自転車がK2なんてすごいですね!
アメリカでメジャーかどうかは分かりませんが、主人がK2のフリースを愛用しているので選んでみました。
海外でのポタリングは日本同様楽しいですよ。
老若男女を問わず痩せてる人も太目の人もみんな楽しんでいるところが、日本とはちょっと違うかもしれません。

こんにちわ。

履歴から追いかけてお邪魔しにきました~

壮大な写真がステキですね!
海外旅行なんて暫く行ってないし、
この先もいける予定も余裕もない私には
とってもいい目の保養です♪

そうそう、プロフィールの猫ちゃんの写真!
チンチラですか?
我が家にも18年になるシルバーチンチラがいるんです。

Re: こんにちわ。

rioman 様

こんにちは。コメントありがとうございます。

プロフィールは愛猫のチンチラです。
この写真のころはとても可愛かったのですが、
最近では運動が嫌いな太っちょになってしまいました。
18年になるなんてすごいですね!!

No title

初めまして。
楽しい旅行記ですね。
アメリカドライブ旅行は私の夢なのです。
写真を見ていてワクワクしました・・!
また更新楽しみにしています!

Re: No title

会社員の現実逃避旅 様

はじめまして。コメントどうもありがとうございます。
アメリカでレンタカーを運転するのは最初は怖かったですが、すぐに慣れましたよ。
道も広くて車も少なくて、車庫入れやバックなんてすることもありませんでした。
車なので、時間も気にせずきままに走って、疲れたらその町でモーテルを探せばいいだけですから。
(どこの町にも、安くてきれいなモーテルはたくさんあります)
たくさん旅行されているようなので、きっと大丈夫です。
ぜひチャレンジしてみてくださいね!
プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード