『春のカンボジア 遺跡巡りの旅』 第3日目②

春のカンボジア遺跡巡りの旅、三日目の続きです。
繁華街でランチとビールを楽しんだ後は、涼しいホテルに戻って休憩します。

こちらはロビーの様子です。天井が高くて広々としています。
クーラーもしっかりと効いていて、生き返ります。

IMG_7735.jpg

ポロロンときれいな音色が聞こえてきたので、ふと目をやると、木琴のようです。
まだ小学生くらいでしょうか、可愛らしい音楽家が生演奏を奏でています。
カメラを向けると、余裕のカメラ目線で応えてくれました。

IMG_7734.jpg

お部屋でのんびりしていると、徐々に日が暮れてきました。
陽射しに反比例して元気が出てくる私なので、そろそろお出かけの時間です。

ここシェムリアップでは、ナイトマーケットが盛んなようです。
ホテルに待機しているトゥクトゥクに乗って、さっそく訪れてみることにします。

IMG_7774.jpg

そしてこちらが、お目当ての『アンコール・ナイトマーケット』です。
地元向けの布屋さんや観光客向けのお土産物屋さんがところ狭しと並んでいます。
色んなお店を覗いていると、店員さんが片言の日本語で話しかけてくれます。

IMG_7777.jpg

ナイトマーケットから少し歩くと、再び『パブ・ストリート』に到着しました。
昼間とはうって変わって、本領発揮の大賑わいを見せています。

IMG_7782.jpg

通りのお店には、このようにライブが行われているところもあり、大変な盛り上がりです。
あまり深くリサーチしたわけではないのですが、バンコクやパタヤあたりとは違い、健全な飲み屋さんばかりのようです。この街なら女性の一人旅でも安心かもしれません。

IMG_7791.jpg

昼にビールをいただいた「レッドピアノ」に戻ってきました。空いていた昼間とは違い、大盛況で入店待ちになっていました。
やっぱりアジアの夜の街はパワフルですね!

IMG_7780.jpg

さて、散策はこの辺りにして、そろそろ我が家もディナーを楽しみたいと思います。
美味しそうなお店をいくつか覗いてみましたが、地元クメール料理の定番店を選びました。

『クメール・キッチン』というお店です。
本店は長蛇の列で入れなかったので、すぐ近くにある2号店を選びました。

IMG_7790.jpg

まずは迷うことなく、生ビールで乾杯です!
冷たいビールが安くて美味しい、シェムリアップはまさにビール天国ですね。

IMG_7783.jpg

ビールを飲みながら、メニューを見てみたものの、やっぱりアモックを頼みました。
マイルドでありながら香辛料がきいていています。食べ進むと、じんわりと汗をかいてくるような感じです。

IMG_7786.jpg

そして、またまた生胡椒の登場です!
野菜とチキンの生胡椒炒めです。生胡椒の実をつまむと、ビリビリと軽くしびれてきます。なんとも言えない良い風味です。

IMG_7788.jpg

シェムリアップの熱い夜は、まだまだ終わりそうにありませんが、そろそろホテルに引き上げます。
トゥクトゥクで心地よい風を感じながら、ホテルまでのナイトドライブを楽しました。

IMG_7792.jpg

フリーの一日は、まさにビール三昧の一日でした。
そして明日はとうとう最終日です。といっても帰国は夜行便なので、まだまだ遺跡観光を満喫したいと思います。

~つづく~

関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード