『熊本帰省の旅』 その①「熊本城編」

年末の山口帰省に続き、年明けの連休で主人の故郷、熊本に帰省しました。
主人の実家に行ったり、家族で食事をしたりと大忙しでしたが、合い間に少し観光も楽しみました。

そこで今回からテーマごとにいくつかの記事を書きたいと思います。
第1回はやはりこちら、『熊本城』編です。熊本城の今を見ていきたいと思います。

まずは熊本城の全景です。市役所の14階の展望ロビーから眺めます。
手前に「本丸御殿」、奥に天守閣が並んでいます。本丸御殿には大きな被害はなさそうですが、閉鎖されたままです。手前の石垣が崩れたところも手つかずですが、とりえあえず白いシートで応急処置がされています。

IMG_7366.jpg

こちらは「奇跡の一本石垣」で有名になった「飯田丸五階櫓」です。
倒壊を防ぐために、巨大なクレーンで建物自体を支えています。この作業シーンはニュースで見ましたが、実際に見るとかなり巨大な設備です。

IMG_7365.jpg

それでは実際に歩いて、いろんな角度からお城を眺めてみます。
お城の入口には加藤清正公の銅像が建てられています。心なしか、清正公も少し寂しそうに見えます。

IMG_7308.jpg

二の丸広場にやってきました。正面からの眺めです。
本来なら一番勇壮な姿が見られる場所ですが、状況は変わっていないようです。

IMG_7331.jpg

正面の入口の様子です。
当然閉鎖されているのですが、前方を拡大してみると、こちらもほぼ手つかずのようです。

IMG_7326.jpg

こちらは「戌亥櫓」です。ご覧のとおり、実はもうひとつの「奇跡の一本石垣」となっています。
奥の石垣は完全に崩壊していますが、辛うじて残った隅石が櫓をしっかりと支えています。

IMG_7333.jpg

城内への立ち入りはまだできませんが、城郭に沿って時計回りで進んで行きます。
先ほどの完全に壊れた石垣の向こう側にある「加藤神社」にやってきました。
こちらの神社は早い段階で立ち入りが可能になっています。

IMG_7341.jpg

加藤神社はその名の通り、加藤清正公をお祀りしています。
もちろんこちらでは、「熊本の復興と家族の健康」をお祈りしました。

IMG_7346.jpg

この神社は城内の一角にあるため、間近に天守閣を眺めることができる絶好のスポットです。
サントリーBOSSのCMで、タモリさんやくまモンがお城を見上げている場所は、まさにここです。

IMG_7345.jpg

やはりこの熊本城は天下の名城だけあって、地震にやられっぱなしではありません。
この「宇土櫓」は約400年前の築城当時の建物ですが、ご覧のとおり、ほぼ無傷で建ち続けています。

堂々たる姿は、まさに熊本の誇りです!!

IMG_7336.jpg

不屈の建物はまだまだあります。この高い石垣の上にある「平櫓」も無事です。
この「落ちない櫓」が、受験生にとっての名所になっても不思議ではありませんね。

IMG_7351.jpg

少しずつ、復興に向けての息吹を感じる場所もありました。
こちらには、崩れた石垣に順に番号を振って並べてあります。気が遠くなるような作業ですが、一つ一つ戻していってほしいと思います。

IMG_7350.jpg

こちらには、大きなクレーンが入って石垣の撤去作業が行われています。
僅かずつではありますが、確実に復興の道を歩み始めたようで、うれしくなります。

IMG_7353.jpg

「熊本大神宮」にやってきました。
前回の帰省時には、上から落ちてきた櫓と石とで社殿が押しつぶされた状態でした。
どうやら社殿は撤去されたようです。

IMG_7354.jpg

最後に熊本城の復興のシンボル、『ひごまる』の登場です。
地震で傷つきながらも、一生懸命復興のために頑張っています。

詳しい様子は、次回の「ゆるキャラ」編で紹介したいと思います!

IMG_7315.jpg

震災から約10ヶ月が過ぎました。なんとなく世の中では、過ぎ去った昔のことと思われ始めているような気がします。
熊本城の復興については、まだまだこれからといったところですが、逆に傷ついたお城の姿が震災を風化させないのかもしれません。これが新しい熊本城の「使命」でしょうか。

そんな熊本城の復興に向けて、我が家も「復興城主」として、ささやかながら支援をさせていただきました。これから何年かかるか分かりませんが、帰省する度に少しずつ復興を遂げていく姿を眺めるのが楽しみです!!


~つづく~


『復興城主』のHP ☜熊本好き、お城好きの皆さま、ご支援をお願いいたします!!
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

No title

ふとかつさん、こんにちは♪

熊本城へ行かれたんですね!!タヌキ猫も昨年11月に訪れましたが
石垣など番号を振って、元に復元される作業はホント気の遠くなる作業ですよね。

BOSSのCMなどを通して、今の熊本城が放送されていますが、
まだまだ復興まで長い道のりではありますが
立ち直ってもらいたいですね!!


タヌキ猫でした。

Re: No title

タヌキ猫 様

こんにちは。
タヌキ猫さんも、熊本を訪問されて阿蘇神社の方までまで足を延ばされたんですね。記事を拝読させていただきました。
熊本城の石垣は、どれがどこにあって、どうやって復元していくのか、想像ができないです。石に番号を振るだけでも大変だったでしょうね。
いつの日か、在りし日の熊本城の姿を見ることができるように願うばかりですね。
プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード