『年末年始の旅』その①(広島・鞆の浦編)

お正月休みは、私の故郷の山口に帰省しました。
久しぶりの中国地方なので、途中で瀬戸内を観光をしながら戻ることにしました。
年末の最終日に仕事を終えて、急いで東京駅に向かいます。夜のうちに進んでおきたいと思い、新幹線に乗り広島県の福山駅までたどり着きました。

翌朝になりました。駅前でレンタカーを借りて、我が家の年末旅行の始まりです!
本日最初の目的地は、瀬戸内海に面した小さな町、『鞆の浦』です。

IMG_7020.jpg

鞆の浦は「崖の上のポニョ」の舞台にもなった、瀬戸内の静かな港町です。
車がすれ違うのも大変な小さな路地が多いようなので、歩いて観光を開始します。

こちらは鞆の浦のシンボル、港の入り口に立つ『常夜灯』です。
テレビの旅行番組や、ガイドブックに必ず登場する有名スポットです。

IMG_7023.jpg

この大きな古い蔵は「いろは丸展示館」です。
幕末に海援隊が借り受けていた「いろは丸」と紀州藩の船が沖合で衝突した事件に関連する展示がされています。残念ながら年末のため、閉館中でした。

IMG_7031.jpg

こちらの重厚な建物は「太田家住宅」、重要文化財です。
江戸時代の瀬戸内海を代表する商家です。

IMG_7033.jpg

三条実美らの「七卿落ち」の際には、ここに立ち寄り休息をとった場所でもあるそうです。
こちらも年末休館中でしたので、窓から内部の様子を撮らせてもらいました。

IMG_7034.jpg

太田家住宅の目の前の路地は、ご覧のとおりの細さです。
両側には昔ながらのお店が並んでいます。年末の朝一番ということもあり、ほとんど観光客もおらず、静かに見て回ることができました。

IMG_7035.jpg

海から細長い坂道を登った先にあるお寺、「医王寺」にやってきました。
平安時代に弘法大師が開いたという古刹で、高台にあるため眺めが素晴らしい場所です。

IMG_7039.jpg

目の前には、いかにも瀬戸内の風景といった、静かな鞆湾の全景を眺めることができます。
こんなお寺の境内から、のんびりと海を眺めて過ごすのもいいものですね。

IMG_7043.jpg

坂を下りて狭い路地を進んで行くと、黒壁の大きな古家がありました。
「鞆の津の商家」という名前の大きな建物で、典型的な鞆の浦周辺の商家の造りのようですが、こちらも外観だけの見学です。

IMG_7046.jpg

そして最後に立ち寄るのは、『福禅寺 対潮楼』です。
こちらも平安時代に空也上人が開いたという古刹です。眺めが素晴らしいとの事なので、拝観料200円を払って入場します。

IMG_7047.jpg

かつては福山藩の迎賓館としても使われていただけあって、素晴らしい眺望です。
朝鮮通信使が滞在した際に「日東第一形勝」と賞賛され、その額が掲げられています。

そういえば、あのサザエさんのオープニングにも登場してましたね。

IMG_7052.jpg

なぜか柱に旧海軍の望遠鏡が備えてありました。
カメラで覗いてみると、対岸のお寺の塔に見事にロックオンです。

IMG_7057.jpg

駐車場の横にある船着き場に戻ってきました。
イケメン発見!と思ったら、玉木宏さんのパネルです。
福山市の市制100周年を記念して、この地で撮影された映画のようです。機会があれば見てみたいですね。

IMG_7059.jpg

鞆の浦を通り過ぎたいろんな時代に思いを巡らせながら、静かな時間を過ごしました。瀬戸内の静かな海は良いですね。

この後は、「しまなみ海道」のドライブに向かいます!!

~つづく~
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード