『晩夏のタイ旅行』 第5日目①

日本ではすっかり冬の気配ですが、再び「晩夏のタイ旅行」に戻ります。
旅の五日目からの再開です。

朝目覚めてバルコニーに出てみます。相変わらずチャオプラヤ川がゆったりと流れています。
ここバンコクは雨季ですが、雲はあるものの今日も晴れているようです。

IMG_6607.jpg

まずは朝食を頂きたいと思います。
朝食はこちらのリバーサイドラウンジと、シャングリラウイングでも食べられるそうです。
初日なので、まずはラウンジを選びました。

IMG_6608.jpg

卵料理を色々と選べるのですが、主人はお気に入りのエッグベネディクトです。
朝からボリューム満点で、すっかり満足している様子です。

IMG_6611.jpg

さあ、今日は朝からバンコク観光に出発します。
ここシャングリラは船着き場に近いので、今日は船を有効活用して観光してみるつもりです。

ホテルから船着き場に向かう道にはずらりと食べ物の屋台が並んでいます。船から降りてBTSに乗り換える人たちが、どんどんお弁当をお買い求めです。

IMG_6613.jpg

ここ「サトーン桟橋」はBTSサパーンタクシン駅から乗り換えもできる、チャオプラヤ川のメインステーションです。

ここからチャオプラヤエクスプレスボートに乗って、さあ出発です。
動き出すと、すぐ右手にホテルが姿を現します。

IMG_6615.jpg

リバーボートならバンコク名物?の渋滞もなく、スイスイと進んで行きます。
上流に向かって進んで行くと、右手には昨年訪れた「王宮とエメラルド寺院」が見えてきました。

IMG_6620.jpg

チャオプラヤエクスプレスボートには各駅停車から特急までいろんな種類があり、場所によって着岸する側の違います。今回は反対側でいったん降りて、ご覧にような渡し船で対岸に向かいます。

IMG_6621.jpg

そして、ここ「プラチャーン桟橋」で船を降りて上陸です。
ここからは徒歩で、本日の目的地に向かいます。

IMG_6623.jpg

すでに炎天下となった中を歩くこと十数分、ようやく到着しました。
今日は、ここ『バンコク国立博物館』を見学します。

IMG_6638.jpg

こちらでは、毎週水・木曜日の9時半から日本語ボランティアツアーが開催されています。時間ギリギリの到着でしたが、無事に参加することができました。

日本企業の現地駐在員の家族の方だと思いますが、丁寧な説明をしていただけます。
国立博物館だけあって、ご覧のような立派な仏像がたくさん展示されています。

IMG_6624.jpg

仏像の周りの壁には、お釈迦様の一生が壁画になって飾られています。一枚一枚丁寧に説明いただけて、とても勉強になります。

元々は副王様の宮殿として造られた建物なので、随所に豪華さが見られます。中の展示はもちろん素晴らしいですが、建物だけでも一見の価値ありです。

IMG_6626.jpg

これは王様の葬儀の際に使われる山車です。てっぺんの部分に棺が納められるそうです。
この時は「すごく豪華だな~」くらいにしか思わなかったのですが、まさかこの直後に必要になるとは思っても見ませんでした。

IMG_6629.jpg

この中央の石碑は「ラームカムヘーン王碑文」といい、ユネスコの「世界の記憶」(記憶遺産)に選定されているそうです。

仏像もいろんな地域や時代のものが集められており、日本とはまた違った仏教の様子を学ぶことができました。

IMG_6630.jpg

国立博物館のボランティアの方々に献身的な説明をしていただいたおかげで、タイ王国の歴史や現代を学ぶことができて、とてもありがたい時間を過ごせました。

それにしても、暑いバンコクです。一歩歩くたびに汗が流れてきます。

関連記事

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード