『晩秋の伊勢・熊野・高野山の旅』 第1日目②

晩秋の伊勢・熊野・高野山の旅、一日目の続きです。
伊勢神宮の外宮・内宮の参拝を終え、今宵のお宿の勝浦温泉にやってきました。

宿泊先の『ホテル浦島』には、なんと船で向かいます。これには驚きました。

IMG_4469.jpg

こちらは、翌朝撮った外観の写真です。
このように海に面してホテルの建物が建てられています。それだけではなく、後ろの山の上まで建物が広がっています。まるで要塞のようなホテルです。

IMG_4487.jpg

10分ほどのプチ船旅を終えて、ホテルの玄関前の桟橋から上陸します。
決してラグジュアリーなホテルではありませんが、前々から目にしていた有名な巨大ホテルに、いよいよ潜入します。

IMG_4470_20151223182245bba.jpg

到着が遅くなったため、チェックインしてすぐに夕食です。
夕食はかなり広いホールでのバイキングです。名物のマグロの解体ショーも開催されています。
(写真は解体前のマグロです。肝心のショーの時は食事に夢中で、写真を撮り損ねました)

IMG_4471.jpg

食事の後は、お待ちかねの温泉タイムです。
このホテルはとにかく広いので、道に迷う人が多いようです。このように廊下に描かれたラインを辿っていくと、目的地に着けるようになっています。

IMG_4478.jpg

ここホテル浦島には、6つの温泉が設けられており、スタンプラリーが開催されています。
その中でも最も有名な『忘帰洞』に、まず入ってみましょう。

IMG_4479.jpg

当然ですが、温泉内は撮影禁止です。この写真はホテルのHPからお借りしました。
忘帰洞はご覧のとおりの洞窟風呂です。「帰るのを忘れるくらい心地よい」とのことで名づけられたそうです。

前々から気になっていたお風呂ですが、思っていた以上に素晴らしいお風呂で感激です!!

img_boukido.jpg

続けてもう一つの洞窟風呂も楽しみました。『玄武洞』です。
天然洞窟をお風呂にしているようですが、目の前に豪快な荒波が押し寄せる様子が見えて、感激です。(こちらの写真もホテルのHPからお借りしました)

img_genbudo.jpg

さすがに6つ全部のお風呂巡りは諦めて、お部屋に帰ってきました。
風呂上がりの一服は、もちろん伊勢神宮で購入した奉納酒「白鷹」を頂きました!!
白鷹、水のようにスルスルと喉を通ります。美味しいお酒が旅を盛り上げてくれます。

IMG_4475.jpg

旅の疲れと、ほろ酔いとでぐっすりと眠り、あっという間に翌朝になりました。
同じくバイキングの朝食を心おきなく頂いて、チェックアウトです。ホテルの前にはこのような撮影スポットが用意されています。
渡し船を待つ間に、ホテルのスタッフが記念撮影をしてくれました。

IMG_4483.jpg

渡し船がやってきました。浦島らしく、今回の船はカメさんです。
さすがに玉手箱は頂けませんでしたが、素晴らしい旅の記憶とともに海を渡ります。

IMG_4488.jpg

対岸からホテルを振り返ってみました。改めて見ると、巨大さが際立っていますね。
海に近い本館から山のてっぺんの山上館まで、ほとんど島全体がホテル浦島の施設です。
まるで、もう一つの軍艦島といった面持ちです。

IMG_4489.jpg

さて、旅はこれから二日目に入ります。
今日は熊野詣でと瀞峡のクルーズを楽しむ予定です!!

~つづく~

『ホテル浦島』のHP

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード