『真夏のタイ旅行』 第5日目①

真夏のタイ旅行もいよいよ五日目、明日は帰国日なので終日遊べるのは今日が最後です。
今日は郊外に出て、世界遺産のアユタヤを見学するつもりです。

交通の便が良くないので、オプショナルツアーにするかどうか迷ったのですが、タクシーを一日チャーターすることにしました。ホテルにお願いして朝一番で手配してもらいました。
ジョーさんというご機嫌な運転手さんに挨拶をして、出発します。

IMG_3973.jpg

アユタヤはバンコクの北方約80kmに位置しており、車で一時間ちょっとの距離です。ところがジョーさんの運転がアグレッシブで、時速140kmで突っ走ったので、あっという間に最初の目的に到着しました。

まず訪れたのは、アユタヤの少し手前にある『バンパイン宮殿』です。
1637年にアユタヤの王様によって建てられ、現在の王朝が再建した宮殿です。現在では王様の夏の離宮として使われています。

IMG_3983.jpg

広大な敷地内には世界各国の様式の建物が建ち並んでおり、建築スタイルの宝庫となっています。
上の写真のカラフルな塔はポルトガル様式で、登って眺望を楽しむことができます。トロピカルフラワーの向こうに見える建物は中国様式です。

IMG_3992.jpg

広々とした庭園では、芝生や木々のお手入れも完璧です。
見事な象さんのファミリーがアレンジされており、なんだか癒されます。

IMG_4000.jpg

今度はギリシャ様式の建築です。こちらは国王が避暑に訪れられた際に謁見の間として使われる重要な建物で、内部の玉座の様子も見学することができます。

ちなみに女性は長ズボンをはいていても、巻きスカートを借りて足のシルエットをすべて隠さなければ入場できません。

IMG_4008.jpg

いよいよ世界遺産の町『アユタヤ』の寺院群の見学を始めます。

アユタヤの陽射しと湿度が容赦なく体力を奪っていくので、効率的に回らなくてはなりません。
最初のお寺は「ワット・チャイモンコン」です。入場するとすぐに、黄色い衣をまとった涅槃仏がお出迎えです。

IMG_4009_20151115154911706.jpg

圧巻なのは高さ72mの仏塔です。この塔はアユタヤの王が像に乗って、ビルマの王子に一騎打ちで勝利したことを記念して、1592年に建てられたそうです。

IMG_4018.jpg

このお寺の仏像は、みな鮮やかな黄色の衣をまとっています。
はるばるタイまでやってきて、高倉健さんの「幸福の黄色いハンカチ」を思い出しました…

IMG_4021.jpg

アユタヤは1350年から約400年にわたり、アユタヤ王朝の首都として繁栄しました。しかりビルマ軍の侵攻が重なり、1767年にその幕を降ろします。そのため、アユタヤの寺院には当時の破壊の後が生々しく残されています。

こちらの「ワット・マハタート」では、廃墟となった現在でもその様子が伺われます。

IMG_4033.jpg

アユタヤの中でも重要な寺院であり、かつては黄金に輝いていたこのお寺も、現在では破壊しつくされた姿になっています。

IMG_4030.jpg

こちらはアユタヤのシンボル、巨大な菩提樹の根に抱かれた仏さまの頭です。
ビルマ軍に切り落とされた仏像の頭が、長い年月を経てこのような神秘的なお姿になっています。

現代のバンコクでもテロで血が流れているので、なんとか平和に戻って欲しいものです。

IMG_4041_20151115155012b76.jpg

そしてこちらは「ワット・プラシーサンペット」、アユタヤの王室の守護寺院です。バンコクのワット・プラケオに相当するお寺で、王宮跡に隣接しています。

三基の大きな仏塔は、美しい姿をとどめています。

IMG_4047_20151115154936aba.jpg

それ以外の部分では、こちらの寺院もやはり徹底して破壊されています。
このように頭部を切断された仏像が、数多く残されています。

IMG_4050.jpg

仏塔以外の部分は、ほとんど廃墟となっています。
アユタヤもビルマも同じ仏教国同士のはずですが、お寺や仏像も破壊してしまったのですね。

IMG_4052_201511151549396c8.jpg

近くにタイ最大の大仏様があるということなので、見に行きたいと思います。
三角屋根の大仏殿が近づいてきました。

IMG_4060.jpg

いよいよ大仏様とご対面です!
高さはなんと17mもあるそうです。やさしい表情を眺めていると、なんだかホッとします。

IMG_4061_20151115155014d02.jpg

再びタクシーに乗り込みバンコク方面に向かいます。この近くにエレファントセンターがあり、象さんに乗れるようです。目の前に象さんが現れたので、慌ててシャッターを切りましたが、シッポの先と後足しか写りませんでした。残念…

IMG_4064.jpg

タイの歴史に触れる、世界遺産アユタヤの旅はとても印象深いものとなりました。前々から行きたがっていた主人もとても満足しているようです。

この後は、バンコクに戻って遅めのランチを楽しみます。
タクシーのジョーさんには、制限速度内で送って欲しいのですが、やはり時速140kmで突っ走っています。心の中でブレーキを踏みながらバンコクに戻ります。

~つづく~
関連記事

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

No title

アユタヤ!日影が少ないので観光をしてると
身体が弱ってきますよね~(笑)
時速140km!飛ばしますねえ~~(笑)

僕は鉄道で行きましたが、効率良く巡るなら
タクシーのチャーターがいいですよね!

chempakaでした!

Re: No title

Chempaka 様

こんばんは。
今、写真を見るだけでもアユタヤの暑さがよみがえってきます。
本当に暑かったです。
Chempakaさんは、鉄道で行かれたんですね。風情があって良さそうですね。
我が家も鉄道を考えていたのですが、時間があまりないのでタクシーにしました。
なかなか味わえないカーチェイスのようなドライブを体験しました!
プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード