『春のシンガポール旅行』 第2目①

春のシンガポール旅行、二日目に入ります。
この日は朝から遠出をしたいと思います。シンガポールのアトラクションといえば、動物園系が挙げられます。
「シンガポール動物園」に定番の「ナイトサファリ」、さらには新しくオープンした「リバーサファリ」と、同じ場所に三つの動物園が揃っています。なかなか絞りきれないままに、とりあえず現地に向かってみることにします。

MRTとバスを乗り継いで、動物園の入り口までやってきました。朝なのでナイトサファリは置いておいて、さてどちらにしましょうか?

IMG_2744.jpg

迷った挙句に、選んだのは『リバーサファリ』です。
2013年の4月にオープンしたばかりの最新の施設です。新しいコンセプトに期待してみたのですが、実はこれが大正解でした!

IMG_2753.jpg

世界中の8つの大河を再現したこのリバーサファリは、淡水生物専門の動物園として世界最大級の規模を誇ります。12ヘクタールの敷地には300種類、500匹の動物や魚類が飼育されているそうです。

こちらはアフリカのコンゴ川のコーナーですが、このような現地の雰囲気を再現したアトラクションで楽しませてくれます。

IMG_2759.jpg

まずは巨大なワニの登場です!
迫力があるといえばあるのですが、ご覧のとおり眠っているのか少しも動きません。作り物と言われるとそのように見えるかもしれません…

IMG_2761.jpg

こちらはアジアの大河、メコン川のコーナーです。
巨大な「メコンオオナマズ」が悠々と泳ぎ回っています。そしてここは水族館も兼ねていますので、嬉しいことに常に屋根があり、熱帯の太陽を浴びることがありません。日差しが苦手な私にとっては何よりのプレゼントです。

IMG_2763.jpg

リバーサファリと名乗るからには、ただの水族館ではありません。
それぞれに河川の水槽を抜けた後の建物に入ると、レッサーパンダがお出迎えです。
動きが早くて苦労しましたが、突然立ち止まってカメラ目線をくれました。とても可愛いですね。

IMG_2768.jpg

そしてこの施設の主役の登場です。なんとジャイアントパンダです!!
暑さが苦手のパンダのためにクーラーがバッチリ効いた中で、黙々と笹を食べています。

IMG_2781_20150509144312e4d.jpg

この子の名前は、『カイカイ』というようです。
2007年生まれの男の子で、頭の天辺が尖っている「オニオンヘッド」が特徴です。食事の後のうたた寝が、なによりも大好きなのだそうです。

IMG_2785.jpg

再びカイカイに目をやると、だらしない姿勢のままで一心不乱にお食事を続けています。
頭に目をやると、確かに尖ったオニオンヘッドです。オジサンくさい男の子ですが、なんとも言えない可愛らしさです。

IMG_2775.jpg

とうとう満腹になったのか、意外にスピーディーな動きでカイカイが移動を始めました。
どこに行くのかと思って見ていると、特製のベットに向かったようです。

ところが、ベットに上るやいなや眠り込んでしましました。後ろ足の一本がまだ上がりきっていないところですが、お昼寝好きのカイカイはもうすっかり夢の中でした。これには思わず皆さん大笑いされていました!

IMG_2784_201505091441418d2.jpg

これだけ可愛らしいパンダちゃんだけに、すっかり商売道具に活用されています。
パンダ園の先にあるレストランでは、パンダカプチーノにパンダ饅頭と大活躍のようです。

IMG_2788.jpg

ここリバーサファリは、このように本物の川沿いに作られています。
このように実際にリバークルーズが楽しめる船も用意されています。

IMG_2790_20150509144125d44.jpg

そしてお次はメインのアトラクション、「アマゾンリバー・クエスト・ボート・ライド」です。
自動運転のボートで人工の川をくだり、アマゾン川流域に住む動物たちの生態を見るアトラクションです。

それでは、出発します!

IMG_2798.jpg

遊園地の急流すべりのような雰囲気で、ボートは走り始めます。我が家は最前列の席になりました。
川沿いにはいろんな動物が暮らしています。そんな中でも一番の存在感を放っていたのは、こちらのヒョウです。文字通りヒョウ柄の毛並みがとても美しかったです。

IMG_2797.jpg

ボートを降りた後は、放し飼いの「リスザルの森」が待っています。可愛らしいリスサルたちが目の前に現れます。動きが早いのでカメラに収めることはできませんでした。

最後は再び水族館に入り、マナティーを眺めます。水面にあるエサの野菜をパクパクと食べている様子には、なんとも癒されました。

IMG_2802.jpg

リバーサファリで世界の魚や動物を間近に見学することができました。シンガポールの観光への力の入れ方は素晴らしいなと感心しながら、遅めのランチにむかいます!!

関連記事

テーマ : シンガポール
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは〜^^

シンガポールの観光開発はホントすごいですね。
リバーサファリ?新しい施設なのですね^^小さい国土に意外と色々作ることが出来るんだな〜と思いました。
ところで昼間だと猛獣系はのんびりしてるんですかね?
昔、ナイトサファリに行った時に出番待ちであろう壁の向こうの猛獣の雄叫びと鶏の悲鳴が同時に聞こえて怖いと思ったことを思い出しました^^;

ずっと行っていませんが、近頃行く人が多いシンガポール、私もちょっと行ってみたいんですけど・・・なかなか機会が巡ってきません^^;

Re: No title

EkaterinaYoghurt 様

こんばんは。
小さな国土をしっかりと観光開発して一大観光国になってますね~!
見どころ満載なので、乗り継ぎで通過するだけなんて、もったいないですね。
リバーサファリは猛獣は少ないのですが、気持ちよさそうに寛いでいましたよ。ナイトサファリは迫力ありそうですね。興味があるので、次回はナイトサファリを訪問したいと思います。

No title

ここの動物園を見るためだけでもシンガポールに行ってみたい~。
水族館と動物園、さらにはボートアトラクションまであってとても楽しそう。
写真で見ても広くて綺麗な感じが伝わってきます。
パンダもいるんですね!
だらしない感じ、人間だったらがっかりですが、パンダだと可愛いです(笑)
以前ナイトサファリには行ったのですが、わくわく感はあったものの、近くで動物が見られなかったのが残念でした。こちらの動物園に行かれて正解ですね(^^)

Re: No title

ポケ 様

こんにちは。シンガポールは通過点のようなイメージがありましたが、滞在してみると実に面白いです。
このリバーサファリも観光客が楽しめるように、いろんな仕組みが考えられています。
なんといってもパンダが可愛らしいですよ。涼しい豪華な広い部屋でのびのびと暮らしている姿は、いつまで眺めていても飽きないです。
ポケさんはナイトサファリに行かれたんですね。大人気のようですので、次回は行ってみたいと思っています!

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード