記事一覧

『春のシンガポール旅行』 第1日目②

春のシンガポール旅行、一日目の続きです。
シンガポールリバーを渡った北側にある、「ヴィクトリアシアター&コンサートホール」にやってきました。
真っ白な壁が青空に映える、100年以上の歴史を持つ建物です。

IMG_2610.jpg

この地区は、1819年に英国東インド会社のトーマス・スタンフォード・ラッフルズ卿が欧米人として初めてシンガポールに上陸した地点でもあり、旧英国植民地政府の官庁所在地として長い間政治の中心地だったそうです。

この建物の前には、そのラッフルズ卿の銅像が建っているのですが、周辺が改修工事中のため、このような囚われの身になっていました。。。

IMG_2611.jpg

河口に向かって歩き、いよいよシンガポールのシンボルにやってきました。
『マーライオン』『マリーナ・ベイ・サンズ』のそろい踏みです!!

IMG_2631.jpg

「世界3大がっかりスポット」などと言われるマーライオンですが、シンガポールの摩天楼をバックに豪快に水を吐いています。間近に眺めていると、がっかりどころか興奮してしまいます。

周りにも世界中からの観光客の方が、カメラ片手に集まっています。
調べてみたところ、こちらにマーライオンが設置されたのは2002年だそうで、それ以前は場所も悪く、みすぼらしい状態だったようです。

IMG_2622_201504041534451cd.jpg

そして、最近シンガポールといえばこちら「マリーナ・ベイ・サンズ」(MBS)です。
テレビか何かで初めて目にした時には、特徴的なデザインに驚きましたが、今ではすっかり風景の一部になっているようです。

屋上のプールに植えられているヤシの木が小さく見えています。宿泊者しかプールには入れないようなので、今回は遠くから眺めるだけであきらめます。

IMG_2634.jpg

マーライオンの裏手に、こんなに可愛らしい「子マーライオン」がいました。
水も吐かず、周囲の池も乾いているようですが、とにかく可愛いです!
他の皆さんにはあまり注目されていなかったようですが、私としてはとても気に入りました。

IMG_2615.jpg

再びラフルズ・プレイス駅に向かって歩きます。こちらのきれいな建物は「フラトンホテル」です。
シンガポールには、このようなコロニアル様式のきれいな建物がたくさん残っており、とても風情があります。

浅田次郎さんの「シェヘラザード」という小説では、シンガポールが主要な舞台になっているのですが、とにかく美しい町だという風に描写されていました。
こうして実際に歩いてみると、それが実感されます。

IMG_2635.jpg

さて、MRTに乗り「ベイフロント駅」で降りるとMBSのショッピングモールに直結しています。
高級ブランドショップがずらりと並ぶ中に、このような運河?が設けれています。しばらく眺めていると、ゴンドラが運行されていました。気分はヴェネチアンですね。

IMG_2636.jpg

そのまま進むと、中央の池の部分で豪快に水が吹き上がっています。
これは涼しいな、と思ってよく見ると噴水ではなく上から水が落ちてくる「逆噴水」のようです。

IMG_2637.jpg

ちょっと気になったので、上に登ってみました。このような透明なドームに勢いよく水が放出されており、それが渦を巻きながら下に落ちる仕組みのようです。

いろんな水の流し方があるようで、変化に富んだ逆噴水が楽しめます。こんなところ一つとっても、なかなかシンガポールは先進的ですね。

IMG_2638.jpg

一通りウインドウショッピングを楽しんだ後は、ベイフロントに出てみました。
マリーナ・ベイ越しにマーライオンが眺められます。よく見ると子マーの後頭部もちょこんと見えています。

IMG_2640.jpg

いよいよMBSとご対面と思って振り向くと、意外にも屋根が邪魔して建物が見えません。
それにしても巨大な建物を造ったものです。さらに、大きさに負けないくらい人々で賑わっているので感心します。

IMG_2641.jpg

ショッピングモールの屋上に出られたので、そこから上を見上げてみると、ここではきれいに建物が見えます。

間近に見てみると、上部の船?の部分は少し弧を描いています。土台の3つのビルも少しずらして配置されているようです。ガラスの壁に青空が映えています。

IMG_2646_201504041535147c3.jpg

MBSのビルの中に反対側に抜ける空中通路がありました。建物の内部は両側にホテルの客室が配置された巨大な吹き抜け空間になっています。館内はクーラーが効いていますが、これだけのスペースを冷やすには、相当な電気代が掛かりそうですね。

IMG_2648_20150404153412e6b.jpg

この後は、MBSの反対側にある近未来型の不思議な植物園、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に向かいます。
シンガポールは、思っていた以上に見どころがありそうです!!

~つづく~

関連記事

コメント

No title

私がシンガポールに行ったのは2002年以前でしたが、
マーラインオンは世界三大がっかりと聞いていたのであまり期待せずに行ったら、
意外と大きくて良かったです(笑)
もう一つのベルギーの小便小僧の方は小さくてほんとがっかり、というかえ?これ?とびっくりでした(^^;)
シンガポールはこの十数年ですっかり景観が変わったのでしょうね。
いつか又行ってみたいです。

Re: No title

ポケ 様

こんばんは。シンガポールは素晴らしく発展していましたよ~。私も前回に訪れたのは、20年くらい前だと思いますが、あらゆるところが変わっていました。治安も衛生環境も人柄も良く、とても気楽に楽しめました。観光資源が少ないんなて言われてますが、見るものが多すぎて再訪しなくてはならないくらいでしたよ~。
マーライオンは当時から立派なような気がしていましたが、今回もしっかりと立派でした。我が家は子マーライオンが気に入りました。ポケさんも次に行かれる時は、子マーライオンに注目なさってくださいね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター