『年末の奈良旅行』 第1日目①

年末の帰省にあわせて2泊3日の奈良旅行に出かけました。
私にとっては、奈良に行くのは修学旅行以来なので、うん十年?振りになります。
主人も学生時代以来とのことなので、我が家にとってはほぼ初訪問のようなものです。

年末の混み合う新幹線を京都で降り、JR奈良線に乗り換えて「奈良駅」に到着しました。
駅では、私が大好きな『せんとくん』がお出迎えです!

IMG_0003.jpg

チェックインまで時間があるので、駅の近くのホテルに荷物を預けて、まずは町の概要を確認します。
ちょうどホテルのレンタサイクルがあったので、借りて少し走ってみることにしました。

10分ほどで、奈良を代表する景観に出会えました。『猿沢池』から見た「興福寺五重塔」です。
池越しに眺める五重塔の眺めが素晴らしいです。

IMG_0008_20140202181914a5c.jpg

このまま奈良公園エリアに入ってしまうと、自転車を停める場所がなさそうですし、正直なところホテルのレンタサイクルもかなり年季が入っていたので、あまり深入りしないことにしました。

まずは近場の散策のみ、ということで『ならまち』を訪れてみました。
「ならまち」はかつての平城京の外京にあたるエリアで、昔ながらの町並みが残されています。
これらの町家を活かした飲食店や土産物屋さんで賑わっています。たった二人だけですが、舞妓さんもいるそうです。

IMG_0005.jpg

一回りして奈良の町の概要を掴んだところで、駅前にもどってきました。自転車を返却してまずはランチにします。
駅ビルに「nara in the box」というカフェがあったので入ってみました。
(せんとくんに呼びこまれました)

IMG_0012_20140202181915b11.jpg

ここは「奈良県アンテナショップ」で、観光案内所とショップとカフェを兼ねているようです。
こちらは、私が頼んだ「季節のランチセット」です。地産池消が売り物だけあって、安心できそうなへルーシーなランチです。

おかずが少量に見えますが、この器の底が深くてボリュームがあります。小鉢の三輪素麺がとってもおいしかったです。このプレートの他に、デザートとコーヒーが付いていました。

IMG_0010.jpg

こちらは主人の「ヤマトポークのカツのせ黒米カレー 」です。古代米にカレーとカツなんて贅沢な組み合わせです。肉食な主人がパクパクと食べ、あっという間に完食しました。

古代米って、噛むほどに味が出て美味しいです。栄養も豊富そうなので、我が家でも取り入れようかしらなんて思いました。

IMG_0009.jpg

腹ごしらえを済ませたところで、本格的に観光を開始します。初日の午後は奈良公園エリアをじっくりと見てみたいと思います。奈良公園はかなり広大で、観光には相当な体力を要するようです。そのため、奈良駅からはバスを利用しました。

最初に『東大寺』を訪れます。いきなり大きな「南大門」がお出迎えです。
鎌倉時代に再建された、高さ約25mで日本最大の山門です。もちろん国宝です。

IMG_0013.jpg

大仏殿に向かう前に、『東大寺ミュージアム』を見学します。
オープンして2年半ほどの新しいミュージアムで、東大寺の国宝・重文級の仏像が数多く展示されています。
これまであまり真剣に見たことがなかったのですが、千年以上の歴史を持つ仏像は美術品としても超一級品です。

IMG_0014_2014020218174783e.jpg

そして奈良といえば、やはり鹿です。神様のお使いだけあって、公園中を我がもの顔で歩いています。
最初にバスから見たときは、「鹿せんべいをあげなきゃ!」と盛り上がりましたが、あまりに多すぎてその気がなくなりました…

IMG_0015.jpg

いよいよ『大仏殿』に向かいます。こちらは江戸時代に再建された建物です。とにかく大きい!
創建時よりもひとまわり小さくなったそうですが、それでも世界最大級の木造建築物です。

大仏殿はもちろん国宝なのですが、手前にある「金銅八角灯篭」も国宝です。しかも大仏殿建立以来、約1250年にわたりここで風雪に耐えてきたそうです。すごいの一言ですね。

IMG_0022.jpg

いよいよ大仏様とご対面です。
聖武天皇の発願で752年に完成した、高さ約15mの巨大な仏像です。
久しぶりに見ましたが、やっぱり大きいです。そして雄大さだけでなく、とても美しいですね。

IMG_0033_20140202181919592.jpg

こちらは、大仏様の背後に控える「多聞天立像」です。高さは約5mもあるのですが、さすがに小さく見えてしまいます。

そして、この近くの柱で「柱くぐり」を体験することができます。
直径1m以上の大きな柱に、高さ30cm、幅37cmの穴が開いており、くぐり抜けることができると御利益があるそうです。
体の大きな外国人もなんとか成功していたので、私も挑戦し無事にくぐり抜けることができました!(最近メタボ気味の主人は、あっさりと断念しました)

IMG_0032_20140202181918c5f.jpg

大仏殿の見学の後も、まだまだ広大な東大寺の見学を続けます。
こちらは『戒壇堂』です。754年に聖武天皇が鑑真和上から戒を授かった場所にお堂が建てられています。

IMG_0038_2014020218183009e.jpg

これは東大寺の大鐘です。重さはなんと26.3トンもあるそうです。鐘楼も鐘も国宝です。
奈良時代からずっと現役で使われており、除夜の鐘では、一般の参加者も撞くことができるというから驚きです。

IMG_0042_2014020218193384a.jpg

最後にやってきたのは、奥の高台にある『二月堂』です。こちらも国宝です。(結局、ほとんどの建物が国宝でした)
旧暦二月に、国家安泰等を祈願する法要である「お水取り(修二会)」が行われることから、この名で呼ばれているそうです。

IMG_0056.jpg

二月堂の上からの眺めです。大仏殿をはじめとした東大寺の様子が望まれる絶景です。
これといった現代の建物が見えないので、平城京の昔から変わらぬ古都の町並みを眺めることができました。

IMG_0049_201402021818328fa.jpg

これでようやく東大寺の見学が終了です。東大寺だけでも半日かかるほどの充実ぶりでした。
この後は、若草山麓を経由して春日大社方面に歩みを進めたいと思います。


~つづく~

『東大寺』(3Dバーチャル拝観)のHP
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード