『ロンドン・パリ旅行』 第5日目②

ロンドン・パリ旅行の5日目、ランチを終えてシテ島の観光を再開します。
まず最初に訪れたのは、『サントシャペル教会』です。

先ほど訪れたコンシェルジェリーと一連の建物で、かつての王宮である「シテ宮」の跡となります。
完成したのは1248年で、「聖王ルイ」と呼ばれたルイ9世が聖遺物を収めるために建設した教会です。こちらも世界遺産に登録されています。もちろんミュージアム・パスで入場します。

IMG_0511_20131223173227692.jpg

この教会の最大の特徴は、壁一面のステンドグラスです。柱以外は石の壁ではなく、すべてステンドグラスなので、構造上も難しい建物のようです。
旧約聖書や新約聖書を中心に、100を超える場面が描かれているそうです。

IMG_0509_201312231732599e7.jpg

今日は天気がいいので、ステンドグラスが特に美しく見えます。
一枚ずつ眺めていると、一日では足りなくなるかもしれませんね。

IMG_0508.jpg

こちらは教会の隣の建物、『パレ・ドゥ・ジャスティス』(パリの裁判所)です。
教会と牢獄と裁判所がひとまとめになっており、それが元々は王宮だったとは、日本ではとても考えられませんね。(さらに今では世界遺産になっています)

IMG_0512.jpg

いよいよシテ島観光のハイライト、『ノートルダム大聖堂』にやってきました。

ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指しており、今年2013年で850周年を迎えています。さらに年間1,400万人が訪れる一大観光地でもあります。

IMG_0515_20131223173303d7b.jpg

長い行列の後ろに並んで入場します。教会なので入場自体は無料です。
内部には広大な空間が広がっています。天井がものすごく高く、祭壇は遥か彼方に望まれます。

こちらには、もともと先ほどのサントシャペル教会に収められていた聖遺物、「キリストの茨の冠」等が保存されており、現在でも週に一度公開されているそうです。

IMG_0525.jpg

ここノートルダム大聖堂は、このステンドグラスの「バラ窓」でも有名です。
直径13mもある巨大なバラの形のステンドグラスですが、その一枚一枚にも精巧な細工が施されており、幻想的です。

IMG_0520_20131223173229cf0.jpg

荘厳な大聖堂内部の見学を終えて、側面に出てきました。これから塔に登りたいと思います。
塔への入場は人数制限があるようで、結構な人数が並んでいます。こちらもミュージアム・パスが使えるので我が家も並んで待つことにします、

IMG_0526_20131223173304078.jpg

ようやく我が家の順番がやってきました。長いらせん階段を登っていくと、途中の回廊にでました。
ここには魔除けの怪獣「シメール」が何匹も鎮座しています。

シメール達と一緒に、パリの街並みを見渡します。手前の広場の青い箱は、850周年記念の特設舞台です。

IMG_0537_20131223173323f92.jpg

鐘楼の上から眺めた、尖塔とセーヌ川の眺めです。
この回廊の辺りが、ディズニー映画「ノートルダムの鐘」(ノートルダム・ド・パリ)の舞台です。

鐘撞き男のカジモドが、今にも現れてきそうな雰囲気です。

IMG_0541.jpg

ようやく最上部に出てきました。9月とは思えない暑さのパリですが、ここでは心地いい風が吹いています。
改めてパリの街並みを眺めていると、ようやく位置関係がつかめてきました。

DSC_0144.jpg

じっくりと眺めを楽しんだ後は、地上に戻ってきました。のどが渇いたので、自動販売機を探しましたがどこにもありません。近くにあった「SUBWAY」で500mlのミネラルウオーターを購入したら、なんと€3もしました!

冷たい水で一息入れて、セーヌ川越しに大聖堂を眺めます。どこから見ても美しい建物です。

IMG_0548_20131223173326409.jpg

塔の上部をよーく見ると、いますいます。
皆さん一汗かいた後に、思い思いに絶景を楽しまれているようです。

IMG_0547.jpg

じっくりと時間を掛けたノートルダム見学を終えて、そろそろ駅に向かいます。
途中で、パリ版のレンタサイクルを見つけました。

パリ市営のレンタサイクルで「velib'」(ヴェリブ)というそうです。
主人の目が一瞬輝いたようにも見えましたが、軽くスルーして先に進みました。

IMG_0549.jpg

天気が良すぎることもあり、とにかく今日は暑いです。こちらの温度計を見たところ、夕方だというのに33℃もあります!!
9月のパリは涼しいので上着が必要、と聞いていたのですが、半袖でも暑いです。これではバテるはずですね。

IMG_0553_201312231733304d8.jpg

ヨーロッパの日は長いので、まだまだ沈みそうにありません。
次は日差しを避ける意味で、室内の「ルーブル美術館」に向かいたいと思います。


~つづく~
関連記事

テーマ : ヨーロッパ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード