『クアラルンプール・マラッカ旅行』 第6日目(最終日)

旅の6日目、長かったクアラルンプールの旅も本日が最終日です。
目を覚ましてカーテンを開けると、KLの朝焼けがお出迎えです。

IMG_5787.jpg

ペトロナスツインタワーや、KLタワーが朝日を浴びて輝いています。
今まで、いろんな大自然の中での朝日を見ましたが、都会の朝焼けというのもなかなか趣があります。
少し寂しい気もしますが、最後の一日を楽しみたいと思います。

IMG_5790.jpg

いつも以上にお腹一杯朝食を食べた後には、最後に改めてマレーシアについて勉強しようということで『マレーシア国立博物館』に向かいます。
クアラルンプール中央駅から、道に迷いつつ15分ほど歩いて到着しました。

IMG_5797.jpg

毎週木曜日の10時から、日本人ボランティアによるガイドツアーが開催されているとのことで、さっそくお願いしました。日本人の女性の方が2人組で、とても親切に展示物を説明していただきました。

館内には、人類の誕生から植民地時代を経て近代国家マレーシアの誕生までの歴史が、びっしりと展示されています。日本語で分かりやすく説明していただいたので、マレーシアへの理解を深めることができました。

こちらの壁画は、マレーシアの歴史を書き表したものの一部です。近代になって日本軍による占領の様子も描かれています。これまでヨーロッパの列強に植民地にされていたマレーシアですが、日本がイギリスを追い払ったことで「アジア人でも頑張れば列強と戦える」と、独立の意識を高める結果になったそうです。

IMG_5798.jpg

盛り沢山の展示物を見終わった頃には、もうお昼になっていました。さっそく昼食に向かいます。
再びブキッビンタンのLOT10のフードコートにやってきました。

最後にもう一度食べたいと思ったのは、初日に食べた「プラウンミー」です。
やっぱり美味しい!!

IMG_5802.jpg

さらにこちらはマレーシア風の焼き鳥「サテー」です。
ずっと食べようと思っていましたが、ようやく最終日に食べることができます。

串に刺した鳥肉に、ピーナッツをベースにしたタレを付けて頂きます。
もっとピリ辛を想像していたのですが、意外にマイルドなお味でした。
これ以外にも、ラクサを一杯頂きました。

IMG_5800.jpg

さて、食後にはホテルに戻ってきました。実はフロントで交渉してチェックアウト時間を15時に延長してもらうことができました。おかげで、ランチの後でお部屋でゆっくりと荷造りをすることができました。

帰国フライトは夜なので、もう少し遊ぶことにします。チェックアウトを終え荷物をフロントに預けて再出発です。

IMG_5803.jpg

最後の行き先に選んだのは、KLCC内にある『ペトロサインズ』です。
ここは国営石油会社のペトロナスが運営する科学博物館です。12RMを支払い入場します。

IMG_5812.jpg

館内には石油の掘削をはじめとしたハイテクな展示物が充実しており、楽しみながら科学を学ぶことができます。
このような巨大な恐竜の模型やF1マレーシアGPのシミュレーター等もあり、かなり楽しむことができました。

IMG_5811.jpg

再びホテルに戻ってきました。うれしいことに出発までの間はラウンジも使わせてくれるそうです。
最後にKLの街を眺めながら、ビールで乾杯します!

近代的なKLですが、真下を見るとこのような昔ながらの路地も残されています。
この日は、独立記念日の前夜祭で国中が盛り上がっているそうで、ラウンジのスタッフも民族衣装でもてなしてくれました。6日間毎日やってきていたので、スタッフともすっかり顔なじみになっており、「これから東京に帰る」というと名残を惜しんで皆で記念撮影をしてくれました。

IMG_5805.jpg

いよいよ出発です。ホテルからタクシーに乗り空港にやってきました。
空港内を散歩していたら『KLIA・ジャングル・ボードウォーク』を発見しました。
どうやら空港内にジャングルを再現してあるようです。

IMG_5819.jpg

こじんまりとしたジャングルですが、本物の熱帯雨林の植物が植えられています。
このような滝もあり、ジャングル気分は十分味わえます。

先日、KLタワーの麓の熱帯雨林ウォークを断念した後だけに、うれしいお土産になりました。

IMG_5820.jpg

ちょっと小腹が空いたので、「OLDTOWN」という地元のコーヒーショップで最後に軽くお食事です。
ペナンラクサと、名物?のホワイトコーヒーを注文しました。
ラクサはピリ辛で美味しかったのですが、ホワイトコーヒーは砂糖たっぷりでとっても甘かったです。

IMG_5817.jpg

のんびりと楽しんだマレーシアは、穏やかでどこか懐かしく感じるような国で、海外でセカンドライフを過ごす日本人に選ばれることが納得できる、暮らしやすそうな国でした。
目覚しいくらい発展中のパワーを分けてもらい、とても楽しい休暇を過ごすことができました。

また訪れることができるように毎日を健康に頑張って過ごさなくては、と改めて感じながら帰国の途につきました。

関連記事

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

No title

奇麗な朝やけで、高層ビルも神々しく見えますね~。
いろいろ混ざり合ったマレーシアだからこそ、そう見えるのかしら。
東京の高層ビルの朝焼けとは神秘さが違う気がします。

ピーナツたれの焼き鳥美味しそうですね。
住むなら料理が美味しいところが一番ですね。
日本人に選ばれるというのもわかりますね。
私もアメリカでアジアンフードの店ばかり行っています。

No title

国立博物館、僕も随分と迷いながら
歩いて到着しました(苦笑)

展示物は効果的に蝋人形?を使って
当時の様子をわかりやすく説明して
あって楽しめました。特にマレーシア
独立の軌跡をムービーで紹介してましたが
とっても印象に残ってます。

確かにKLはリタイア後の移住地として
最適だと思います。

chempakaでした!

Re: No title

ポケ 様

こんばんは。
朝焼けを見る機会は少ないですが、どこのものとも違って見えますよね。
ポケさんがおっしゃるように、いろいろ混ざり合ってるからなのかもしれませんね。

マレーシアは食事に困ることがないのがいいですよ~。
アメリカも和食、タイ料理、ベトナム料理とアジアンフードが充実していますものね。
メキシカンも行かれたりなさいますか?

Re: No title

Chempaka 様

こんばんは。
国立博物館は、駅から行くのはかなり難しいですよね。
自動車専用道路のような道を横切ったりしなくてはならなくて、まさかこの道じゃないだろうと思いながら進みました。
博物館はゆっくりとマレーシアを学べてよかったです。旅行者からはあまり人気がないようだったのが不思議なものです。
KLも発展が目覚しいので、リタイヤする頃には高嶺の花となっているような気がします。今のうちに再訪しておきたいです!

No title

何だかお腹が空いて来ました^^
どれも美味しそうです。
マレーシア料理って基本的に中華って感じですか?
日本人の口に合いそうですね~。
空港にジャングルというのは時間潰しには良いかも・・・

Re: No title

サラーム 様

こんばんは。
マレーシアは人口の25%が中華系ということもあり、中華料理も多くて美味しかったですよ。マレーと中華が交ざったニョニャ料理もあり、多民族国家を感じさせてくれます。
どこに行っても、お米を食べると安心できるので、アジア料理が世界に広まってくれるのはありがたいです。
サラームさんが行かれたトルコも、お米を食べられるので良いですよね!

No title

朝焼けに浮かぶペトロナスツインタワー、
この景色を見ると、元気になりそうですね(笑)!!

プラウンミー、
炒めたもやしと海老のテカリ感が、
とってもおいしそうですね~♪

行ったことのないKL、楽しませて頂きました♪
ありがとうございました~。

Re: No title

キュウ親 様

こんばんは。
朝焼けを見る機会は少ないですが、なんとも良いものですよね。
発展中の力強さを感じるような朝焼けでした。
KLは違和感なく溶け込める街でした。いろんなものが混じりあってるから、何でも受け入れてくれるのかもしれません。
今、思い出しても再訪したいなぁと思えます!
プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード