『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第2日目②

悠久のエジプト・ナイル川紀行、旅の二日目の途中です。
王家の谷の見学の後、アラバスター店での休憩を終えて、次の目的地に向かいます。

『ハトシェプスト女王葬祭殿』です。
入場チェックを終え、またトラムに乗って進んでいくと、壮大な建造物が姿を現します。

s-IMG_3253.jpg

3つの段違いのテラスを2つの傾斜路で結び、背後にそびえる断崖絶壁までが一体化した神殿建築の最高峰です。

夫のトトメス2世が早くに亡くなったため、幼少でトトメス3世がファラオの地位につきました。義理の母であるハトシェプストは摂政となり、やがて女王として即位して、共同統治を行ったそうです。

s-IMG_32881.jpg

以前から写真等で見たことがあり、一度生で見てみたいと思っていた場所です。
ホルス神が飾られた階段を登って、内部を見学してみたいと思います。

s-IMG_3257.jpg

テラスの柱には、ハトシェプスト女王の立像がズラリと並んでいます。
異例の女王となったため、彼女は公的な場では男装し、あごに付け髭を付けていたと言われています。

相当な苦労があったことでしょう・・・

s-IMG_3269.jpg

最上段まで上がってきました。内部に入れるようです。
さっそく入ってみます。

s-IMG_3279.jpg

葬祭殿の中でも最も神聖な、「至聖所」の内部です。
壁画には、まだ一部色が残っています。そして、天井には星空が描かれています。

s-IMG_3272.jpg

さらに一番奥です。特に何も置かれていませんが、なんとなく厳かな空気は感じます。
ちなみにこの建物は葬祭殿であって、お墓ではありません。

お墓は、先ほど訪れた王家の谷にあり、女王のミイラはカイロ博物館に置かれています。
(こちらは後日訪れます)

s-IMG_3274.jpg

あらためて下段も含めた内部の装飾を見てみましょう。
これはオシリス神に供物を捧げているハトシェプスト女王のレリーフです。

ところが、女王がいるべき部分がきれいさっぱり削り取られています。これは彼女の死後に、義理の息子トトメス3世によって行われたそうです。

s-IMG_3266.jpg

これ以外にも多くの装飾を見ることができます。
右上のレリーフは、南北エジプトそれぞれの象徴である「蓮」と「パピルス」を中央で結びあっています。これは南北エジプトを統一したことを表しているそうです。

左下のアヌビス神との対面でも、やはり女王は削り取られています。

IMG_3261-COLLAGE (1)

脇の方には、「ハトホル女神」を祀った神殿も残されています。
愛と幸運の女神、とのことなので、しっかりとお参り?させていただきました。

s-IMG_32851.jpg

最後にテラスの上からの眺めです。改めてスケールの大きさを感じます。

奥のほうの色が違って見えている部分は、ナイル川沿いの緑です。
砂漠地帯のエジプトに、いかにナイル川の恵みがあるかを実感することができます。

s-IMG_3280.jpg

バスで少し移動し、『メムノンの巨像』に立ち寄りました。
広大な平野に、高さ約20mの巨像が2体残されています。

アメンホテプ3世というファラオの像なのですが、ギリシャ神話の英雄の名前で呼ばれるようになっています。

s-IMG_32951.jpg

これにて、エジプト到着の初日の観光は終了です。
いよいよ今夜から4泊を過ごすクルーズ船にチェックインです!

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード