『春の関西・三都巡りの旅』 第2日目①

GWの関西の旅の二日目のスタートは奈良です。
奈良には4年前の年末に訪れた以来ですので、少し足を延ばして前回行けなかった場所を回ってみたいと思います。

まずは斑鳩を目指します。JR奈良駅から電車で10分ちょっとで「法隆寺駅」にやってきました。
最近稼ぎがめっきり減ったとニュースになっていた「せんとくん」のお出迎えです。

IMG_0455_convert_20180520083351.jpg

法隆寺駅といっても、お寺の目の前にあるわけではありません。
結構距離があり、15分ほど歩いたところでようやく『法隆寺』に到着です。

IMG_0456_convert_20180520083428.jpg

と思ったのもつかの間、目の前には長ーい参道が現れました。これではあと5分以上は掛かりそうです。朝8時の観覧開始時間に合わせてやってきたので、まだ誰も歩いていないようです。

IMG_0457_convert_20180520083446.jpg

ようやくお寺の入り口の「南大門」までやってきました。ちらほらとお客さんの姿も見え始めました。さりげなく建っていますが、こちらの門も国宝です。

それでは入場料を払って、いよいよ入場します。
数年前に値上げがされて、1,500円になっていました。結構なお値段ですが、そうそう来られる場所ではないので、とにかくじっくりと見学したいと思います。

IMG_0458_convert_20180520083513.jpg

中に入ると、いきなり目の前に雄大な「五重塔」が現れました。
飛鳥時代に建てられた、高さ32.5mのわが国最古の五重塔で、もちろん国宝です。

IMG_0462_convert_20180520083628.jpg

お隣の建物が「金堂」です。内部の見学もできました。
釈迦三尊像をはじめとする、飛鳥時代の仏像がずらりと並んでいます。
(建物も仏像も、ほとんどが国宝なので、わざわざ書かないことにします)

IMG_0464_convert_20180520083707.jpg

これらの建物をぐるっと囲んでいる「回廊」です。
一見するとなんでもないように見えますが、この柱は真ん中の部分が少し膨らんでいます。

これは「エンタシスの柱」と呼ばれており、ギリシアのパルテノン神殿の柱にも用いられている様式です。
現代ならまだしも、千何百年もの昔に遠い異国の様式を取り入れていたとは、驚きです!

IMG_0461_convert_20180520083600.jpg

一番奥に建っているのは「大講堂」です。
このなかにも、立派な薬師三尊像が安置されていおり、とても厳かな空間でした。

IMG_0469_convert_20180520083724.jpg

振り返ると、これぞ法隆寺といった眺めが広がっています。
五重塔は、五層目の軸の部分が一層目の約半分になるように造られているので、実際よりも高さを感じます。
この二つの建物の間に「中門」があるのですが、現在は修復工事中で見ることができませんでした。

IMG_0478_convert_20180520083745.jpg

法隆寺は、大きく「西院伽藍」「東院伽藍」の東西の二つのエリアに分かれています。
最初の西側の見学を終えて、東に向かいます。

途中に寺宝を展示する博物館の「大宝蔵院」を見学しました。
撮影禁止なのが残念ですが、「百済観音像」や「玉虫厨子」といった、教科書でおなじみの日本を代表する文化財を間近に見ることができました。

上野の東京国立博物館には、「法隆寺宝物館」があり、数多くの法隆寺の宝物が展示されています。これまでは「こんなに東京に持ってきて大丈夫なの?」と思っていましたが、真のお宝はすべてこちらに残されていました…

IMG_0485_convert_20180520083801.jpg

宝物の見学を終えて、「東大門」にやってきました。
まだまだ見学は続きます。

IMG_0487_convert_20180520083820.jpg

ここ東院伽藍の中心に位置するのが「夢殿」です。なんとも素敵な名前の建物です。
この中には、聖徳太子の等身像と伝えられる「救世観音像」が収められているのですが、秘仏のため残念ながら御開帳されていませんでした。

IMG_0494_convert_20180520083840.jpg

ようやく法隆寺の見学が終了しました。これだけの文化財を維持していくためには、1,500円でも足りないかもしれないと感じました。

そのままお隣の『中宮寺』を見学します。
聖徳太子の母親である皇后の発願によって創建された尼寺なので、お出迎えの猫ちゃんにもどこか気品が感じられます。

IMG_0496_convert_20180520083858.jpg

中宮寺のご本尊は、これまた有名な国宝の「菩薩半跏像」です。
半跏の姿勢で左の足を垂れ、右の足を膝の上に置き、右手を曲げて、その指先きをほのかに頬に触れんばかりの優美なお姿で、その微笑みは「アルカイックスマイル」と呼ばれています。

IMG_0497_convert_20180520083938.jpg

とっても充実した斑鳩エリアの見学を終えた後は、奈良市内に戻ります。
昨夜のうちにバスの一日乗車券を買っておいたので、斑鳩からの直通バスを使ってみます。
一時間ほど掛かりますが、乗り換え不要なので意外に苦になりません。

車窓からは「郡山城」を眺めることができました。奈良にお城というのもイメージが合いませんが、あの大幸秀吉の弟・羽柴秀長の居城だった立派なお城です。

IMG_0500_convert_20180520084020.jpg

のんびりと車窓を眺めているうちに、心地よくウトウトしてあっという間に近鉄奈良駅まで戻ってきました。目が覚めると、急にお腹が空いてきたので、これからランチに向かいます。

~つづく~

『法隆寺』のHP
『中宮寺』のHP

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード