『真夏のタイ旅行』 第4日目①

真夏のタイ旅行の四日目です。今日は朝からバンコクを観光します。
まずはラウンジで朝食です。お腹を空かせていたこともあり、写真も撮らずに食べてしまいました。
私はおかゆ、主人はエッグベネディクトと、相変わらず趣味の違いが出ています。

本日はバンコク観光の初日ということもあり、定番の「王宮と周辺の寺院」を散策したいと思います。王宮周辺は歴史的なエリアということもあり、鉄道が通っていません。そのため、チャオプラヤ川から船で向かうことにします。

まずは、ホテル最寄りの「サラディーン駅」からBTSに乗り、「サパータクシン駅」にやってきました。

IMG_3850.jpg

この駅で降り、チャオプラヤリバーボートに乗り換えます。
ふと目をやると、なんとなく見覚えのある橋があります。後で調べてみると、ここが第2の爆発事件のまさに現場でした!

この日は事件からまだ一週間ほどしか経っていません。人的被害が無かった場所とはいえ、橋の上でくつろいでいる人がいるのには驚きました。さすがにタイの方は、どこか泰然としていますね。。。

IMG_3851_20151018133753361.jpg

こちらの「サートン」船着き場からチャオプラヤ・エクスプレスボートに乗り込みます。
ボートを使いチャオプラヤ川を北上すると、渋滞もなくほぼダイレクトに王宮周辺のお寺向かうことができます。

勢いよくボートが出発しました。川の両岸には高級ホテルが並んでおり、直接船でアクセスできるようです。

IMG_3856.jpg

しばらく進むと、最初の目的地の『ワット・アルン』(暁の寺)が見えてきました。
タイの硬貨に描かれ、三島由紀夫の小説にも登場するバンコク観光のランドマークのひとつですが、困ったことに補修工事が行われています。

ワット・アルンにはエクスプレスボートからは直接アクセスはできません。「ター・ティアン」桟橋でいったん船をおります。ここからは渡し船で対岸に向かいます。

IMG_3879_2015101813375602b.jpg

対岸に上陸しました。お寺の入り口には巨大なヤック(鬼)がしっかりと番をしています。
向こうに見える大仏塔には足場が組まれており、少し残念です。

IMG_3863_20151018133714f28.jpg

本堂の周囲には回廊がめぐらされており、仏像の他にも像や武将の像などがズラリと並んでいます。
工事中のためか観光客の姿もほとんどなく、ゆったりと落ち着いて参拝することができます。

IMG_3865.jpg

実は我が家は2007年にもバンコクを訪れたことがありました。その時の写真が出てきたので掲載します。
ご覧の通り、この仏塔には登ることができ、バンコクの絶景を眺めることができました。

P1010119.jpg

さらにもう一枚。
こちらの塔の魅力は、遠くから見た姿の美しさはもちろんですが、間近で見る装飾の美しさもあげられます。改修工事は長期にわたるようなので、これから訪れられる方は事前に情報チェックをおすすめします。

P1010123_201510181339044f2.jpg

再び渡し船に乗り込み、船着き場から5分ほど歩くと『ワット・ポー』に到着です。
このお寺は、巨大な黄金の涅槃仏で有名です。

お堂に入って眺めてみると、ほんとうに大きい!!

IMG_3882.jpg

なんと全長49m、高さ12mもあるそうです。ご覧のとおり、とにかく長大でゆったりとしたお姿です。
仏さまの横を歩きながら、こちらもゆっくりとお参りをします。

IMG_3885.jpg

この涅槃仏のもう一つの見どころは、足の裏です。長さ5m、幅1.5mの大きな足裏には、美しい螺鈿細工で宇宙観が表現されています。

ところが、実はこちらも補修工事中で見ることができませんでした。。。
(写真は同じく前回訪問時のものです)

P1010135.jpg

仏さまの背中側には、108つの壺が並んでいます。鉢に入ったコインを購入し、一枚ずつ壺に喜捨しながら進みます。すべて入れ終わった時には、煩悩が消えているそうです。

ちなみに途中から主人も一緒に入れましたが、それでもコインは余りました。結構余裕をもって配られているようです。

IMG_3887.jpg

こちらは歴代の国王をまつった仏塔です。現在のチャクリー王朝のラーマ1世から4世までの4人の王様を象徴しているそうで、とても美しい装飾に包まれています。

IMG_3895_201510181339008d5.jpg

ここワット・ポーは、マッサージの総本山としても有名です。
回廊の壁には、このように人体のツボやマッサージ方法を記載した壁画が並んでいます。実際にこちらで本場のタイマッサージを受けることもできるようです。

IMG_3893.jpg

さて、涅槃仏で有名なこのお寺ですが、実は立派な本堂が別にあります。
もちろんこちらにも参拝します。

IMG_3897.jpg

こちらがご本尊の仏像です。また、台座にはラーマ1世の遺骨が納められているそうです。
こちらで、旅の安全を祈願しました。(おかげさまで、危険?だったバンコクから無事に帰国することができました)

IMG_3898_20151018133717934.jpg

さすがにバンコクの夏は暑く、みるみるうちに体力を消耗していきます。
入場券をよく見ると、なんとミネラルウオーターの引換券が付いていました。

熱中症は世界共通の問題なのでしょうか…?
おかげて冷たい水でリフレッシュすることができました。

IMG_3900_201510181339023e4.jpg

久しぶりのバンコク市内の観光ですが、やはりパタヤとは違った歴史と伝統を感じました。
すでにかなり体力を消耗しいる気がしますが、この後はお隣の「王宮とエメラルド寺院」を目指します。

~つづく~

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード