『ロンドン・パリ旅行』 第2日目②

ロンドン旅行の2日目の続きです。
ロンドン塔の見学をじっくりと行った後は、テムズ川沿いのウォーキングを開始します。

まずはロンドンの顔、『タワーブリッジ』を歩いて渡ります。
こうして間近に見ると、橋というよりはまるでお城のように見えます。

IMG_0095.jpg

ちょうどタワーの下まで差し掛かったところで、一緒に歩いていた皆さんが立ち止まりました。
しばらくすると、なんと橋が上がり始めました!期せずして特等席で観ることができます。

IMG_0098.jpg

この日のテムズ川では、ヨットレースのイベントが行われていました。橋の上にはひと目見ようという人々が溢れています。
こんなにたくさんの各国のヨットがタワーブリッジの下に集合しています。

IMG_0100.jpg

橋を渡り終わって、テムズ川の対岸にやってきました。角度を変えて、改めてタワーブリッジを眺めます。
橋の手前には、大会に参加している派手なカラーのヨットが並んでいます。

このマストが高いので、さきほどは橋を上げなければ通過できなかったようです。

IMG_0114.jpg

そしてこちらが対岸から見たロンドン塔です。テムズ川越しに眺めるこの角度が、一番美しく見えるようです。
ここからは、テムズ川の右岸を上流に向けて歩いていきます。

IMG_0115.jpg

こちらのちょっと変わった楕円形の建物は、『シティ・ホール』です。
その名の通り、ロンドン市庁舎です。ロンドンでは1990年代からミレニアム事業として再開発が盛んに行われましたが、この市庁舎もその一環です。

対岸のロンドン塔とは対照的ですが、新旧が不思議に調和しているのがロンドンの魅力ですね。

IMG_0116.jpg

そのまま進むと、軍艦が係留されていました。『HMSベルファスト号』という軍艦です。
HMSというのは「女王陛下の船」という意味のようです。さすがにイギリスですね。

この船は第二次世界大戦で活躍した巡洋艦で、現在はミュージアムになっているようです。

IMG_0120.jpg

しばらく歩くと、次の橋が見えてきました。何の変哲も無い普通の橋のようですが、これが『ロンドン橋』です。
あのLondon Bridge Is Falling Down~の歌で有名なロンドン橋です。

あれっ!? どうやら私は、これまで長い間タワーブリッジのことをロンドン橋だと思い込んでいたようです・・・

IMG_0121.jpg

そろそろ食事場所を探そうと思い、普通の道に出てきたところ、不思議な乗り物を発見しました。
後姿しか写せなかったので分かりづらいですが、これはどうやら自転車の一種のようです。

テーブルの下にペダルが付いており、皆さんで漕ぎながら進んでいます。なんと、ビール片手に盛り上がっています。
これは飲酒運転では?と思いましたが、ハンドルを手にしていたのはスタッフのようです。それにしてもお客さんに漕いでもらえるとは、なんともエコで儲かる商売ですね。

IMG_0122_2013092315462258a.jpg

こちらのシックな建物の、窓に「」の文字が分かりますか?
実はこちらはマクドナルドです。いつもの派手な看板やサインがなぜか出ていません。

ここで、サクッと昼食を済ませることにしました。日本でいうところの100円マック、「£1マック」もありましたが、ポンドだと随分と割高になりますね。

IMG_0124.jpg

この天に聳える建物はロンドンの新名所、『ザ・シャード』です。
高さ310m、87階建ての最新の超高層ビルです。これだけピカピカのビルですが、不思議と周りと調和しています。

IMG_0125.jpg

こちらは『サザーク大聖堂』です。
路地裏にひっそりと佇んでいる小さな大聖堂ですが、この建物はロンドン最古のゴシック建築だそうです。

IMG_0127.jpg

再び川沿いの散歩に戻ります。こちらは劇場の『グローブ座』です。
この劇場は1997年に再建されたものですが、16世紀の芝居小屋だったグローブ座を忠実に再現しています。

円形で中央部は平土間、屋根もなく、一部には椅子もない、という当時の姿で、シェイクスピアをはじめとする劇を観ることができます。時間があれば、本場の演劇を観てみたかったです。

IMG_0133.jpg

次の橋が見えてきました。今度は近未来的なデザインの『ミレニアムブリッジ』です。
その名の通り2000年に開通した歩道専用橋なのですが、ちょっと悲惨?な歴史を持っています。

オープン直後に歩行者が殺到し、橋に大きな横揺れが生じることが判明しました。そのためわずか2日で閉鎖され、2年近くを掛けて対策を施したうえで再度オープンすることになったそうです。

IMG_0137.jpg

ミレニアムブリッジを渡る前に、ちょっと美術館に寄り道したいと思います。
こちらは『テート・モダン』という名の、国立の近代美術館です。

重厚な建物ですが、かつての発電所の建物を美術館に転用してるとのことです。入場料は無料なので、少し覗いて見ることにしましょう。

IMG_0139.jpg

7階建ての巨大な建物なので、じっくりと観ようと思うと時間がいくらあっても足りなさそうです。
すでにお疲れ気味の我が家なので、ピンポイントで有名作品だけを見せてもらいます。

こちらは有名なモネの「睡蓮」です。写真が下手なのであまり美しく見えませんが、とても素晴らしい作品です。
モネの「睡蓮」は連作で、複数が存在するそうです。

IMG_0138.jpg

いよいよミレニアムブリッジで対岸に渡ります。橋の上で飛び跳ねてみましたが、さすがに橋が揺れるようなことはありませんでした。
正面には、あの『セントポール大聖堂』が近づいてきます。

ここは1981年にチャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚式が行われた場所です。華麗で美しかった姿は、今でもよく覚えています。今回は外観を遠目に眺めるだけにしましたが、どうやらこの日(日曜日)は無料で内部見学ができたようです。調査不足でした・・・

IMG_0146.jpg

ここまで来ると、さすがに足が重たくなってきました。
とりあえずの目的地である「ビッグベン」はまだ見えてきません。

それに涼しいはずの初秋のロンドンですが、すっかり真夏の気温になってきました。
ここまで来たら、もうひと踏んばり頑張って歩きたいと思います。


~つづく~

テーマ : ヨーロッパ旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード