いわき周辺ドライブ旅行 その①

三連休に、福島県いわき市に日帰り旅行に出かけました。

駅でたまたま見かけたパンフレットに『GO FUKUSHIMA!福島県応援パック』という商品を見つけました。
JRのびゅうツアーに、東京都が助成金を出すという仕組みのようです。この中からいわき市への日帰りレンタカー付きのツアーを選びました。(残念ながら助成金は、我が家の申し込み直前に定員を超過してしまいました)

朝7時の上野駅です。ここから常磐線の特急「スーパーひたち」に乗って、一気にいわき市に向かいます。
常磐線の特急に乗るのは今回が初めてです。なんだかワクワクします。

IMG_5326.jpg

2時間ちょっとでいわき駅に到着しました。ここで駅レンタカーに乗り換えます。親切な係りの方から車を受け取ります。こちらが今回の旅の相棒、日産NOTE号です。コンパクトで運転のしやすそうな車です。
さあ、ドライブに出発です。

IMG_5334.jpg

今日は海岸沿いのドライブを楽しむつもりです。いわき駅からしばらく走って、太平洋岸に出てきました。
ところが、ここですっかり言葉を失ってしまいました・・・
海岸沿いの集落に出たところ、家の土台だけが残っていて家はほとんど残っていません。昨年の津波に襲われた場所です。

近くの学校の校舎は残っていましたが、グラウンドにはうず高く瓦礫が詰まれたままの状態です。
テレビでこれまで何度も見てきた光景ですが、実際に見ると全然違います。
さすがに写真を撮る気にはなれませんでした。一日も早い復興をお祈りしたいと思います。


しばらく走って、本日最初の目的地『塩屋崎灯台』にやってきました。

IMG_5327.jpg

ここには美空ひばりさんの「みだれ髪」の歌碑があります。近くに立つとセンサーで感知して歌が流れます。

実はここを知ったのは、我が家の最近のお気に入りの番組、NHKの『にっぽん縦断 こころ旅』で紹介されたからです。
火野正平さんが、視聴者からのお便りに書かれた「こころの風景」を自転車で訪れるという番組なのですが、先日の放送はここでした。

売店の方の話では、ここにも津波は来たそうですが、この歌碑は無事だったようです。
この日はもやが掛かっており、奥の灯台はほとんど見ることができません。

IMG_5330.jpg

再び車を進めます。いろんなところに「がんばっぺ、いわき」の文字が目に付きます。

こちらは、三崎公園にある『いわきマリンタワー』です。
地上60mからの眺めに期待したのですが、相変わらずもやが濃いので登るのはあきらめました。

IMG_5333.jpg

次は「小名浜漁港」にやってきました。ここもやはり津波に襲われました。
当時は船が打ち上げられたりしていたようですが、今ではカツオの水揚げ等で徐々に活動をはじめているようです。
港には多くの船が停泊しており、眺めているとうれしくなりました。

そして、近くでひときわ元気な『いわき ら・ら・ミュウ』に到着です。
ここはいわき市の観光物産センターです。みやげ物屋さんや食堂が充実しています。

IMG_5336.jpg

お腹が空いたので、回転寿司の「魚々楽寿し」で食事をとる事にしました。
漁業が本格的に復活できていないので、地元産の魚を食べることはできませんでしたが、いわき市の魚である「めひかり」をはじめとした美味しいお寿司を楽しむことができました。

向こうに見えるガラス張りの建物は、水族館『アクアマリンふくしま』です。
ここも大きな被害を受けたようですが、今では元気に営業再開しています。今回は時間がないのでパスしますが、一度見てみたい場所です。

IMG_5335.jpg

さて、食事の後は少し遠出をして、県境を越えて茨城県まで走ります。

そして、北茨城市にある『五浦六角堂』にやってきました。
実は、ここは我が家がどうしても来てみたかった場所なのです。

IMG_5337.jpg

というのも、昨年の春にドライブに来るつもりで計画を立てていたのですが、その矢先にあの東日本大震災が発生しました。そして、この六角堂も津波に飲まれて消滅したと知りました。

ところが先日、再建工事が終了したというニュースを見ました。そして本日念願の訪問となりました。

IMG_5340.jpg

目の前には静かできれいな海が広がっています。
ほんとうに穏やかな海にしか見えません。

IMG_5343.jpg

そしてここは、明治の日本美術院の主催者であり、思想家である岡倉天心が晩年に移り住み、海を眺めながら思索に耽っていたという場所です。
こちらが母屋にあたるのですが、この建物の縁側の高さまで津波が襲ってきたそうです。

IMG_5345.jpg

比較的どこも空いている今回の旅ですが、ここ六角堂はさすがに賑わっています。
北茨城市もいわき市と同様に、大きな被害を受けたそうですが、この六角堂の復活が復興のシンボルになってほしいと思いました。

~つづく~


『五浦六角堂』(茨城大学五浦美術文化研究所)のHP

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード