『栃木~足利』ドライブ その2

美味しい昼食でお腹が一杯になったので、そろそろ足利観光をスタートします。

足利といえば『足利学校』が思いつきます。
道沿いにも足利学校への道案内版があちこちに見かけられます。駐車場に車を停めて、学校へ向かいます。

入口で入場料を支払うと、まずはビデオで学校の成り立ちを勉強してから見学を開始する仕組みになっています。
紹介によると、「日本最古の学校」なのだそうです。確認が難しそうですが、なんだか凄そうです。

IMG_4772.jpg

その名の通りの「学校」と書かれた門をくぐると、正面に中国風の建物、『孔子廟』がありました。
お庭には月桂樹が植えてあります。中には、あの東郷平八郎元帥の手植えのものもありました。

IMG_4777.jpg

この趣のある藁葺き屋根の建物が学校の校舎です。
季節柄、多くのお雛様が飾ってあり、静かな時間が流れていました。
ここでなら、気が散ることもなく学問に集中できそうですね。

IMG_4785.jpg

建物に上がってお庭を眺めてみました。
お庭には陽がさしていますが、風邪はとても冷たく北関東の底冷えがします。

IMG_4781.jpg

裏に回ってみると、蝋梅がモノトーンの風景の中に色を添えていました。
こんなに寒い中でも春は近づいてきているんですね。

IMG_4784.jpg

足利学校を後にして、近くにある寺を訪ねます。
こちらは『鑁阿寺』(ばんなじ)といい、尊氏をはじめとする「足利氏宅跡」です。

IMG_4794.jpg

説明書きの立て札を読んでいると、犬の散歩中の方がこのお寺の歴史を詳しく教えてくださいました。
正面の本堂の瓦屋根がツートンカラーになっていますが、真ん中の部分には修復時に痛みの少ないものを再利用したとのことです。
その部分はなんと「室町時代」のままだそうです。何気ない会話から歴史の重みを感じました。

IMG_4789.jpg

駐車場の近くの観光案内所に立ち寄ってみると、戦国時代風の鎧兜が飾ってありました。
実はこれは、NHKの大河ドラマ『太平記』で、尊氏役の真田広之さんが着用したものなのだそうです。

IMG_4795.jpg

車で少し進むと、のどかな風景の中を流れる渡良瀬川に差し掛かります。
渡良瀬川の名前は、森高千里さんの歌で覚えたものです。

IMG_4806.jpg

川沿いに『渡良瀬橋』の歌碑がありました。
その左にある横断歩道のボタンのようなものを押すと、森高千里さんの歌がフルコーラスで流れます。

IMG_4799.jpg

こちらが、歌のタイトルになった「渡良瀬橋」です。歌詞そのままの夕陽がきれいでした。
この近くには、歌詞に出てくる「八雲神社」「床屋の角の公衆電話」等もそのまま残っています。
本当に静かで、はじめて訪れたのに懐かしい感じのする街でした。

IMG_4802.jpg

帰る前に佐野インターのそばにある『佐野プレミアム・アウトレット』に立ち寄りました。
短時間でグルッとひと回りしましたが、とても賑わっていました。

IMG_4807.jpg

通り過ぎることの多かった栃木・足利ですが、訪れてみると見どころのある静かな街でした。
また花の咲く季節に訪れてみたいなと思います。


『足利学校』のHP
『渡良瀬橋歌碑』のHP

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード