東京ドームの『野球体育博物館』に行きました

お出かけしたついでに、東京ドームにある『野球体育博物館』に行ってきました。

前々から一度行ってみたいと思っていたのですが、ドームで試合がある日には混んでいるし、ギリギリにならないと到着できなかったりで結局行けずじまいでした。いよいよ念願の見学です。

今日の東京ドームは野球ではなく「イーグルス」の日本公演が開催されているようです。周辺には多くの人が溢れていますが、みなさん野球ファンではなさそうです。

それでは内部に潜入します!!

IMG_3493.jpg

受付で入場料400円(携帯画面で100円割引になります)を支払い、階段を下りたところが展示室です。
さっそく、WBCの2つの優勝カップが揃ってお出迎えです。
思えば第1回、第2回とも日本の優勝でしたね。あの感動が蘇ってきます。

IMG_3468.jpg

展示室には、各球団ごとのユニフォームやグローブ、バットやスパイクが展示されています。それ以外に伝説の名選手達のユニフォームも飾られています。
こちらは、言わずとしれた「世界のホームラン王」、王貞治選手のユニフォームとバットです。

IMG_3474.jpg

こちらは、ホームラン世界記録を達成した756号のホームランボールです。
子供の頃にテレビで見ていた記憶がありましたが、それが昭和52年なのでもう33年も前の出来事だったのですね・・・

IMG_3475.jpg

こちらには、WBCメンバー全員のサイン入りのユニフォームが展示されていました。
これは2連覇の立役者、ICHIRO選手のユニフォームです。
韓国との決勝戦、延長10回に放ったヒットが忘れられません!!

IMG_3480.jpg

こちらは、あの野茂英雄投手の近鉄時代のグローブです。
この後メジャーに挑戦して、トルネード投法からの「伝家の宝刀」フォークボールで大リーガーから三振の山を築いた姿は本当に格好良かったですね。

IMG_3487.jpg

そしてこちらが、『野球殿堂』です。
よくニュースで「殿堂入り」という言葉を耳にしますが、それがこちらのことでした。往年の名選手達のレリーフがずらりと並んでいる姿は壮観です。

IMG_3481.jpg

我らが広島カープの選手を探したのですが、なかなか見つかりません。しばらくて、ようやく見つけることができました。
「ミスター赤ヘル」こと、山本浩二選手です。素敵な笑顔です。

IMG_3483.jpg

他にもカープからは「鉄人」、衣笠祥雄選手も選ばれていました。
そして意外な人物も殿堂入りしていました!?

IMG_3484.jpg

なんと俳人、正岡子規です。
子規が野球好きだったのは「坂の上の雲」でも描かれていますが、「新世紀特別表彰」ということで2002年に殿堂入りしたそうです。きっと本人も大喜びしていることでしょう。

他にも館内では、懐かしい試合の様子やオールスターゲーム等の映像が流れており、なかなか楽しむことができました。


博物館を後にして、次はお隣の『文京シビックセンター』にやってきました。
ここは文京区役所なのですが、このビルの25Fが無料の展望ラウンジになっているのです。
眼下には今までいた東京ドームと、「小石川後楽園」を見下ろすことができます。

IMG_3466.jpg

反対側に回り込むと『東京スカイツリー』が現れました!!
高さもいよいよ600mを突破したそうです。最終の634mまでもうすぐですね。

IMG_3465.jpg

展望ラウンジを後にして、神田川沿いにお茶の水方面に少し歩いてみました。
すると、見事に咲いた『河津桜』を見つけました。

IMG_3495.jpg

意外な場所で河津桜を見ることができて、なんだかラッキーです。
我が家が応援する広島カープも、今年こそこの桜のように咲き誇ってほしいものです。

今年も懲りずに応援します!!


『野球体育博物館のHP』

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード