『シドニー旅行』 第6日目(最終回)

早いものでシドニーの旅も本日が最終日になってしまいました。
残り一日、今日も思いっきり楽しみます!!

今日は珍しく徒歩で観光をスタートします。こちらはホテルの目の前にある『ハイドパーク』です。
噴水の奥に見えているのは初日に訪れた「セントメアリー大聖堂」です。

IMG_2581.jpg

まずは公園を抜けたところにある、『ハイドパークバラックス』にやってきました。
ここは1819年に囚人達によって建てられた収容宿舎で、歴史ある建造物です。現在は博物館になっています。

実はここは「オーストラリアの囚人遺跡群」(Australian Convict Sites)のひとつとして、世界遺産に今年登録されたばかりのホヤホヤなのです。

IMG_2584.jpg

内部には、当時の様子を再現したハンモックがたくさん吊られています。
囚人とはいえ、これで毎日寝ると腰が痛くなりそうですね・・・

IMG_2585.jpg

次は、少し歩いて『ニューサウスウェールズ州立美術館』にやってきました。
嬉しいことに入場無料です。こちらで、アボリジニアル・アートを堪能しました。

IMG_2587.jpg

さらに歩いて、シドニー湾に突き出した岬の先端にある『ミセス・マッコーリーズポイント』に到着です。
ここからはオペラハウスハーバーブリッジを一枚の写真に収めることが出来るため、シドニー随一の撮影スポットとなっています。

それでは、我が家も一枚!

IMG_2598.jpg

こちらはミセス・マッコーリーズ・チェアです。
かつての総督の妻エリザベス・マッコーリーお気に入りの場所で、彼女のために岩を削って造られたベンチなのだそうです。

もちろん私も座ってセレブ気分を味わいました。

IMG_2600.jpg

この岬一帯は、『ロイヤル・ボタニックガーデン』(王立植物園)という広大な公園になっています。

1816年に造営されたオーストラリア最古の植物園で、オーストラリアをはじめ世界各地から集められた4000種を超す植物が植えられています。まさにシドニー市民の憩いの場ですね。

IMG_2607.jpg

気持ちのいいお散歩の後は、再びクルーズとランチを楽しみたいと思います。
いつものサーキュラキーから船に乗って、今回は『ワトソンズベイ』にやってきました。

今回の船はこれまでのものとは種類が違います。先端のくぼんでいる部分がオープンエアの座席になっており、何にも遮られることなく景色を楽しむことができます。

IMG_2619.jpg

それでは上陸です。遠くシドニー湾越しにシティのビル群を眺めることが出来ます。
ビーチでは地元の子供達が砂遊びに夢中になっています。

IMG_2621.jpg

まずは少し散歩してみます。ワトソンズベイはシドニー湾に南から突き出した半島の先端に近い部分です。
このあたりはシドニーハーバー国立公園となっており、フェリー乗り場から数分で外側に抜けることができます。

IMG_2625.jpg

外側のタスマン海の眺めです。向こうに見えるのは先日訪れたノースヘッドの断崖絶壁です。
方向音痴の私ですが、この頃になると頭の中にシドニーの地図が思い浮かぶようになって来ました。
(と言っても、今日が最終日なんです・・・)

IMG_2622.jpg

ふと足元を見ると、真っ白なオウムがいました。
日本とは雰囲気が違い、いかにもオーストラリアの鳥といった感じです。しばし見とれてしまいました。

IMG_2645.jpg

とうとうお待ちかねのランチです!!
いろいろと調べて選んだ、『DOYLES ON THE BEACH』(ドイルズ・オン・ザ・ビーチ)というシーフードの名店です。

IMG_2655.jpg

さっそくお店のオリジナル白ワインを頂きます。
それでは、乾杯!!

IMG_2646.jpg

私達の席からの眺めです。その名の通りビーチに面しており、素晴らしい景色を堪能しながらお食事を楽しむことができます。

IMG_2647.jpg

そして、シドニーに来たからにはこれを食さなければなりません。シドニー・ロックオイスターです。
「少しでいいのでは?」という主人を押しきり、1ダースを注文しました。

プリッとした身にたっぷりレモンを絞りいただきます。潮の香りと濃厚な旨みが広がります。美味しい!
新鮮な牡蠣とワインが進み大満足です。

IMG_2650.jpg

さらに、シーフードの盛り合わせを追加しました。スモークサーモンやボイルした海老やカニと、やはり名物のフィッシュ&チップスの組み合わせです。

このスモークサーモンが絶品です。主人がかなり気に入っていました。
海風にあたりながらシーフードを満喫しました!

IMG_2648.jpg

大満足の食事を終え、再びフェリーでシドニーに戻ります。オープンエアの先頭席をゲットしました。
クルーズの様子を動画でとってみました。低い雲が出てきたので、幻想的な雰囲気になりました。



シドニー上陸後は、ホテルに戻って休憩することにしました。くつろいでいる内にいつの間にか眠り込んでしまったようです・・・

ここで、事件が起きました!!

目を覚ましてみると、主人が真っ青な顔でお腹を押さえてうずくまっています。どうやら生牡蠣にあたってしまったようです。。。

シドニーの生牡蠣は新鮮なので、あたることはまず無いと聞いていたのですが、もともと体質に合わないのか(これまで生で食べた記憶がないそうです)、たまたま悪いのに当たってしまったのか、結構な苦しみようです。

私の方は全く問題ないのですが、1ダースも頼んでしまったことが少し心苦しいです。
どうしようも無いので、持参した正露丸を飲んで安静にすることにしました。

しばらく休んだ後、何か食べたほうが治りが早いだろうということで、チャイナタウンまで行くことにしました。トボトボと歩いて、やっとの思いで辿り着いたお店でお粥を食べることにしました。
カメラも持たずに出かけたので、写真を撮れませんでしたが、これがとっても美味しかったです。主人も青い顔をして食べています。

こうして、シドニー最後の夜は更けていきました。主人は明日帰国することができるのでしょうか・・・?



翌朝になりました。

心配だった主人の調子は思ったより良さそうです。本当にこの人はタフなのか貧弱なのかさっぱり分かりません??
ということで、飛行機にも乗ることができ、無事に帰国することができました。

自然と都会が隣り合わせにあるシドニーを満喫できたいい旅でした。


「DOYLES」のHP(英語)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード