冬の会津旅行

ふと思い立って会津若松までドライブ旅行に行きました。

我が家の車は一応4駆なのですが、タイヤがノーマルなので雪道が心配です。

昔に買ったチェーンがあるにはあるのですが、数えるほどしか付けたことがありません。

でも、会津若松は「ソースカツどん」が名物らしく、どうしても行きたくなりました。

それで、向かった先は「牛乳屋食堂」です。


なにやら牛乳屋さんが食堂をやっているらしく、ソースカツどんと会津ラーメンが両方楽しめるお店なのです。

私たちも、もちろん両方を注文しました。とっても美味でした!!

食事を終えて、まず向かったのは「塔のへつり」です。

変わった名前ですが、国指定天然記念物でもある結構有名な観光地です。






雪深くて、写真ではよく分かりませんね。

次に、大内宿に向かいました。

これまでの道のりは完璧に除雪がされていたのですが、この大内宿への道は結構凍結しており、ノーマルタイヤでは、かなり危険な道でした。(結局、チェーンは使いませんでしたが)

大内宿は、江戸時代の宿場の面影を今もそのままに残しています。街道は会津西街道または南山通りと呼ばれ、会津若松と日光今市を結ぶ重要な道とのことでした。

ここにはお土産物屋さんがたくさんありました。

おそば屋さんもあり、何やらお箸の代わりに「ねぎ一本」で食べるようです。

私たちは満腹だったので食べませんでしたが、結構人気のようでした。

次に向かったのは、あの『白虎隊』で有名な、飯盛山です。

燃えるお城を眺める白虎隊士の像も、すっかり雪に埋もれていました。






また、「さざえ堂」という変わった建物にも入りました。






内部がさざえのような螺旋階段になっており、登りと下りで引き返すことなく、一方通行のまま上下できる構造だそうです。(意味分かりますか?)


この日の宿は、東山温泉です。

値段に誘惑され、ある温泉ホテルがやっている格安の別館(大学のサークル向け?)を選んでしまいました。

結果は、うーん、もう二度とここには泊まりません。。。

夕食後にホテルの能舞台で、「東山芸妓による舞踊ショー」なるものが開催されるので見に行きました。
これが意外に面白かった。

中でも一番盛り上がったのが、堀内孝雄の「愛しき日々」(ご存知、年末時代劇「白虎隊」の主題歌)にあわせての舞でした。曲のイントロがかかった瞬間に館内がどよめいていました。
やっぱり会津=白虎隊(=堀内孝雄?)のようです。

翌朝は、鶴ヶ城を訪れました。

白くてきれいなお城ですが、思っていたよりもずっと小さく、「こんな小さな城で、よく篭城したものだなぁ」としみじみ思いました。






あまりの寒さに、お堀も完全に凍っていました。






その後は、新撰組の近藤勇のお墓があるというので、山の中腹まで、膝の高さまで積もった雪を掻き分けてお参りしてきました。

最後に、蔵の町「喜多方」に立ち寄って、喜多方ラーメンをお土産に買って帰りました。
これがとっても美味しかったので、その後通信販売でも購入しちゃいました。

1泊2日の短い旅でしたが、冬の会津を満喫できました!!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード