『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第7日目② (最終回)

悠久のエジプト・ナイル川紀行、とうとう今回が最終回です。
ランチを終えた後は、一時間ちょっとのドライブで「ダハシュール」という町にやってきました。

砂漠の中に『屈折ピラミッド』が現れました。
クフ王より昔のスネフェル王が建造した初期のピラミッドです。

その名の通り、ピラミッドの角度が途中で屈折しています。この理由は、別のピラミッドが崩れたためとか、王が亡くなったため建造を急いだ、等の諸説があるそうです。

s-IMG_3973.jpg

屈折ピラミッドから目を凝らすと、別の崩れたピラミッドが見えます。
これは『黒のピラミッド』と呼ばれています。

今ではほとんど崩れてしまっていますが、黒っぽい色のためにこう呼ばれています。

s-IMG_3975.jpg

そして、お隣には形の整った別のピラミッドがあります。『赤のピラミッド』です。
同じスネフェル王によって造られたのですが、こちらは見慣れた形をしています。
正四角錘の形をした、最初の「真正ピラミッド」です。

意外に街中にある3大ピラミッドと違い、広大な砂漠の真ん中にあるので、こちらの方がピラミッドのイメージにピッタリな気がします。

s-IMG_3995.jpg

移動の途中には、ナツメヤシの林がありました。
周囲は砂漠ですが、水路の周りにだけ緑があります。木にはナツメヤシの実がびっしりと実っています。

s-IMG_4004.jpg

古王国時代の首都として栄えた「メンフィス」にやってきました。
ここでは『メンフィス博物館』という名の屋外展示施設があります。

この横たわる巨大な像は、やはりあの「ラムセス2世」です。高さ(長さ)は10mほどもあるそうです。

s-IMG_4008.jpg

ここにもスフィンクスがありました。この顔のモデルも諸説あるようです。
ガイドさんは「ハトシェプスト女王ではないかと思っている」とのことなので、我が家もそう思うことにします。

s-IMG_4015.jpg

またまた筋骨隆々とした立像が現れました。もちろん(?)ラムセス2世です。
それにしても、本当に自分の像を造るのが好きなファラオだったのですね。

s-IMG_4017.jpg

再びバスに乗り、「サッカラ」の町にやってきました。
こちらでは、ピラミッドの原型を見ることができます。

s-IMG_4041.jpg

それが、この『階段ピラミッド』です。
ジェセル王が建築家イムホテプに建造させたもので、当時の主流だった方形の「マスタバ」墓を何段も積み重ねて造られました。

s-IMG_4027.jpg

実はこの場所からは、エジプトの主なピラミッドがほとんど眺めることができるのだそうです。
遠くには3大ピラミッド、そして先ほどの屈折ピラミッドや赤のピラミッド、さらには名前は分かりませんが3つのピラミッドが見えています。

たった一日で、これだけの数のピラミッドを見ることができるなんて、本当に夢のようです。

s-IMG_4034.jpg

ツアーの予定にはなかったのですが、ガイドさんの計らいで「イデゥット王女」という方のお墓に入場しました。

s-IMG_20190919_155716.jpg

あまり大きな墓ではありませんが、色彩も残るレリーフを壁一面に見ることができました。
ナイル川の船や魚たちの姿も描かれています。

s-IMG_20190919_155510.jpg

休憩を兼ねて、カーペット店に立ち寄りました。この辺りはカーペットの産地で数多くの職人を育てる学校がいくつもあります。

質の良さそうなマットが安かったので買おうかと思いました。ところが、エジプトポンドだと思っていた値札が、実際は米ドルでした。
計算しなおしてビックリ!もしも買っていたら大変なことになるところでした…

s-IMG_4043.jpg

ついさっきランチを食べたばかりですが、帰国日のため早めの夕食です。
このローカルなレストランで頂きました。お腹が空いていないのであまり食べられなかったのですが、お味は美味しかったです。

面白かったのは、デザートのナツメヤシは目の前の木に登って取ったものがそのまま出てきます。試しに食べてみましたが、渋柿のような味がしました。

s-IMG_4047.jpg

ここまで観光スポット一辺倒だったので、お土産らしいお土産が買えていません。
すると、残った時間でショッピングセンターに立ち寄ってくれることになりました。

名前は分かりませんが、この新しいショッピングセンター内にある「カルフール」で、ローカル商品を購入することができました。店内はどこも大混雑で、エジプト人のパワーを感じることもできました。

s-IMG_4049.jpg

すべてのスケジュールを終えて、カイロ空港に戻ってきました。
来る前は、正直なところ治安面での不安があったのですが、無事に旅を続けることができました。

感謝を込めて、エジプトビールで乾杯です!!
改めて見ると、左の「サッカラ」のラベルには先ほどの階段ピラミッドが描かれています。どうりで何だか見覚えがあると思ったはずですね。

s-IMG_4050.jpg

こうして、我が家のエジプト・ナイル川紀行は無事に終了しました。
念願だったエジプトは、これまで旅した中で一番かも?と思えるほど素晴らしい場所でした。

エジプトブーム到来の予感がする今日この頃ですが、いつかまた我が家も再訪してみたいと思います。

شكرا يا مصر (ありがとう、エジプト)!!

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第7日目①

悠久のエジプト・ナイル川紀行もいよいよ最終日の朝になりました。
目覚めにカーテンを開けると、ピラミッドビューが広がっています。

ゆっくりと眺める暇もなく、朝食を取るとすぐに出発です。

s-IMG_3853.jpg

まずは、念願のピラミッドの見学です。
ホテルから5分も行くと、ピラミッドの間近に到着しました。

近くで見るピラミッドは、やはり巨大です!
それもそのはず、手前のクフ王の『大ピラミッド』は一片の長さが約230m、創建当時の高さが146mもの大きさです。

s-IMG_3878.jpg

さっそく、大ピラミッドに入場します。
真ん中あたりに見えているのが本来の入口ですが、右下にある盗掘口から入場します。
(内部は撮影禁止です)

s-IMG_3882.jpg

中に入りしばらく進むと、本来の通路に合流します。この通路がとても天井が低いのです。主人はほとんど四つん這いになって進んでいきます。途中で天井の高い「大回廊」に続き、最後の「王の間」に到着しました。
どんな豪華な世界が広がっているかと思いきや、何の装飾もない空間にポツンと石棺がひとつあるだけでした。。。

そして、登りも下りも同じルートを通り、特に交通整理もありません。
たまたま登ってきたのが日本人のツアーだったので、譲り合って無事に降りることができましたが、別の国の方だったら、ずっと降りることができないかもしれません。

入場の後はバスで少し離れた位置に移動します。ここからは、3大ピラミッド全体を眺めることができます。

s-IMG_3902.jpg

この辺りにはラクダさんがたくさんいて、乗ることもできます。
ツアーの何組かは体験されていましたが、お話を聞くと、揺れが激しく結構大変だったそうです。

我が家は写真を撮るだけにしました。
下手に飼い主の人を写すと、すぐにチップを要求されてしまうので要注意です。

s-IMG_3916.jpg

カフラー王のピラミッドです。
創建時の高さが144mとクフ王のものよりもわずかに低いのですが、高台に建てられているので、遠くから見ると大きく見えます。

このピラミッドの頂上部分には石灰岩の化粧石が残っています。当時は全体がこの石に覆われており、太陽の光を反射させていたのだそうです。さぞかし美しい光景だったことでしょう。

s-IMG_3925.jpg

お次は、カフラー王のピラミッドを背にした『スフィンクス』の正面にやってきました。
ちょうど、昨夜の「音と光のショー」の会場部分になります。

こちらをバックに、ツアーの皆さんで記念撮影を行いました。エジプト人のカメラマンが見せてくれたサンプルには、小泉元首相や、さかなクン(!?)が写っていました。

s-IMG_3945.jpg

スフィンクスの全景です。
長さ73.5m、高さ20mの一枚岩から削り出した像です。

s-IMG_3946.jpg

このお顔は、カフラー王がモデルとも、違うとも言われており、鼻が欠けた経緯についてもいろんな説があるそうです。

「ナポレオンが大砲で撃った」という話を聞いたことがあったのですが、実際にはナポレオン遠征より前から欠けていたようです。

s-IMG_3953.jpg

大ピラミッドの脇にある、『太陽の船博物館』を見学します。
ここには大ピラミッドと同じ、紀元前2500年頃に建造された巨大な木造船が展示されています。

s-IMG_20190919_092341.jpg

長さ42m、幅5.6mもの大きさで、材料は杉です。
これまでの遺跡は石造りのため耐久性がありますが、古代の木材がここまで完全に残っているのは驚きです。今すぐにでもナイル川に漕ぎだせそうに見えます。

s-IMG_20190919_091805.jpg

さらに驚くことに、なんと当時のロープも残されています。
そしてこの近くで、あの吉村作治先生の早稲田大学チームが「第2の太陽の船」を発見したのだそうです。

s-IMG_20190919_091505.jpg

ここでバスで移動して、クーラーが効いた涼しいレストランでランチを取りました。
お店の外で焼いていたこの炭火焼チキンがすごく美味しいです。塩だけの素朴な味付けですが噛むごとにお肉の旨味がジュワッとあふれてきました。

s-IMG_3969.jpg

外の焼き場では、チキンの他にエジプトのパン「アエーシ」も焼いています。
ご飯もあるのに、このアエーシは食べ放題。ついついたくさん食べてしまいました。

s-IMG_3970.jpg

お腹いっぱい食べた後は、郊外に移動します。
最後にエジプトのピラミッドの変遷を見学して、いよいよ帰国になります。

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第6日目

悠久のエジプト・ナイル川紀行も六日目に入ります。いよいよ残り二日になりました。
4泊を過ごした「クラウンジュエル号」を早朝にチェックアウトし、アスワン空港から飛行機でカイロ国際空港に戻ってきました。

入国時にはそのままルクソールへと乗り継いだので、カイロ空港は初めてです。
そして、ここから首都カイロの観光の始まりです。

s-IMG_3755.jpg

雑然とした街並みをバスは進み、高台に向かいます。
この丘の上にある「シタデル」(城塞)の中に、最初の訪問地があります。

s-IMG_3759.jpg

階段を登るとカイロ市内を一望するテラスに出ました。
さすがにこれまでの古代都市とは違い、カイロは大都市です。はるか彼方まで建物が立ち並んでいます。

そしてビルの向こう側に、うっすらとピラミッドの姿が見えました!

s-IMG_3767.jpg

そして、振り向くと『ムハンマド・アリー・モスク』の雄姿です。
人口の約9割がイスラム教徒であるエジプトを代表するモスクです。

「近代エジプトの父」と言われるムハンマド・アリーの命により、19世紀に建設されました。

s-IMG_3793.jpg

それでは入場口に向かいましょう。モスクの正面には美しい中庭が広がっています。
奥の方で工事中なのは時計台です。これは、先日訪れたルクソール神殿のオベリスクのお礼に、フランス政府から寄贈されたものだそうです。

それにしても、ずいぶん価値に差があるような気がします・・・

s-IMG_3770.jpg

モスク内部の様子です。豪華で広大な空間が広がっており、とても幻想的な雰囲気です。
これまで見てきた古代神殿とは全く違う、イスラム圏にやってきたんだと実感されます。

s-IMG_3779.jpg

天井も高く、美しい模様で埋め尽くされています。
音響も素晴らしく、実演してくれたガイドさんの声がきれいに響き渡りました。

s-IMG_3778.jpg

最後に、少し離れた位置から眺めてみます。
このモスクは、イスタンブールの「アヤ・ソフィア」をモデルにして造られたそうです。

複数の巨大ドームと2本の高い尖塔が、いかにもトルコ風といった感じです。

s-IMG_3805.jpg

この後は手短にランチを済ませ、次の目的地に向かいます。
ところが、カイロ市内は車だらけで大渋滞です。同行するツーリストポリスの方の配慮で、なんとパトカーに先導してもらいまいした!!

そして、無事に『エジプト考古学博物館』に到着しました。

s-IMG_20190918_134257.jpg

この博物館には、エジプトの考古学上の至宝が数多く展示されています。
このツアーでは3時間の見学時間が用意されていますが、一日(一週間?)でも見尽くせないほどです。

s-IMG_20190918_160125.jpg

この大きな顔の像は、「ハトシェプスト女王」です。
ルクソールの葬祭殿では多くの像が破壊されていましたが、きれいな姿を見ることができました。

s-IMG_20190918_142126.jpg

それ以外にも、素晴らしい展示品だらけです。
あの3大ピラミッドを建造したファラオ、クフ王・カフラー王・メンカウラー王の像やパピルス文書等が盛りだくさんです。

IMG_20190918_135700-COLLAGE[1]

そして2階には、あのツタンカーメン王関連の宝物がところ狭しと展示されています。
まずはツタンカーメン王の巨大な厨子です。

s-IMG_20190918_154516.jpg

お隣には、少し小さい第二の厨子です。
さらにこの中に第三、第四の厨子が入っていたそうです。そしてその中に石棺、さらに黄金の棺と続いていきます。

s-IMG_20190918_142917.jpg

有名な「黄金のマスク」や「黄金の棺」が展示されている特別室は、さすがに撮影禁止です。
それでも待ち時間も行列もなく、人類の至宝を間近に、じっくりと見学することができました。

こちらは、黄金のマスクと並び称せられる「黄金の玉座」です。(こちらは撮影可能)
背もたれには、ツタンカーメン王と王妃アンケセナーメンの仲睦まじい姿が浮き彫りにされています。

s-IMG_20190918_144735.jpg

これはツタンカーメンの「カノプス壺」、ミイラ作成の際に内臓を収めた容器です。

s-IMG_20190918_144557.jpg

さらに少年時代のツタンカーメンの像や、服の着せ替え用の自らマネキン、第二の玉座といった宝物も撮影可能です。
素晴らしい以外の言葉が思い浮かびません。

IMG_20190918_144503 (2)-COLLAGE[1]

まだまだお宝は続きます。
こちらはツタンカーメンの父、「アメンホテプ4世」「王妃ネフェルティティ」の姿です。

IMG_20190918_154800-COLLAGE[1]

そして写真は写せませんが、素晴らしかったのは「ミイラ室」です。
ここには、歴代ファラオのミイラがズラリと展示されています。あの大王「ラムセス2世」をはじめとして「ハトシェプスト女王」や彼女を憎んだ「トトメス3世」等が仲良く並んでいます。

あんなに立派な神殿や葬祭殿を造った方々が、博物館の片隅で展示されているというのは複雑な気持ちになりました。
死後何千年を経ても、エジプトの為に尽くされている、ということでしょうか・・・


名残は尽きませんが、見学を終えたころにはもう夕方になっています。
夕暮れのカイロの町を、次に目的地に向かいます。

s-IMG_3817.jpg

さあ、ここからは賑わうカイロの市場散策です。
エジプト最大の規模を誇る、『ハーン・ハリーリ・バザール』です。

ちなみに市場でありながら、世界遺産に選ばれています。

s-IMG_3821.jpg

巨大迷路のような、異国情緒満点のバザールです。
看板猫や、怪しい日本語を話す店員さんとの会話を楽しみながらウロウロします。

ここでもツーリストポリスの方は一緒に歩いてくれるので、女性だけの参加でも安心です。

IMG_3822-COLLAGE[1]

すっかり夜になりました。これからディナーです。
カイロから少し離れたギザの町のレストランに入場します。

s-IMG_3841.jpg

あまり期待していなかったのですが、ここの料理は美味しかったです。
このタジン料理が特に気に入りました。もちろんビールも頂きました。

s-IMG_3842.jpg

この日の観光はまだ終わりません。添乗員さん曰く、「通常は10日間のツアー分を詰め込みました」とのことです。クルーズ期間中は行き先は増やせないので、残り二日間はハードスケジュールとなりました。

これから、『音と光のショー』を見学します。

s-IMG_3846.jpg

スフィンクスや三大ピラミッドがライトアップされ、歴史物語が演出されます。
日本語のイヤホンガイドも付いているので、臨場感たっぷりでピラミッド等の歴史を学ぶことができます。

s-IMG_3847.jpg

すべての見学を終えて、ホテルにチェックインしたのは夜の10時半過ぎでした。
今夜は『ルメリディアン・ピラミッズ・ホテル&スパ』です。

s-IMG_3862.jpg

こちらがお部屋です。少し古いようですが、広さもきれいさも申し分ありません。
ただ残念なことに、この時間なので寝るだけになってしまいました。

s-IMG_3851.jpg

このホテルの最大の売りは、ピラミッドビューです。
カーテンを開けると、確かに目の前にピラミッドがそびえています。

この眺めを楽しみながら、ビールで乾杯しました!

s-IMG_3852.jpg

こうしてエジプト最後の晩は更けていきました。
明日も早朝出発で、いよいよピラミッドの見学に向かいます。

帰国は深夜便なので、明日も燃え尽きるまで観光しつくします!!

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第5日目②

悠久のエジプト・ナイル川紀行、五日目の続きです。
アスワンからはるかに離れた、ここアブシンベルの観光中です。

ラムセス2世の「アブ・シンベル大神殿」の見学の後は、すぐお隣の神殿を訪れます。
こちらは、『アブ・シンベル小神殿』になります。

小といっても、同じくらいの規模です。
こちらには、相変わらずのラムセス2世の像以外に、もう一人の像が建てられています。

s-IMG_3697.jpg

それは、王妃のネフェルタリです!
100人以上もいた!?というラムセス2世の妻の中で、最も愛されたと言われている王妃です。

先日訪れた、ルクソールの王妃の谷にあったお墓に埋葬されている人物です。
ここヌビアの地は彼女の故郷と言われており、ラムセス2世はこの地に彼女のための神殿を建造したのだそうです。

s-IMG_3705.jpg

中に入ってみます。
こちらの小神殿も、美しいレリーフがたくさん残されています。

s-IMG_20190917_124956.jpg

神殿内部にも、いたるところにネフェルタリの姿があります。
エジプトを象徴するロータス(蓮)の花を手にしています。

先日お墓参りをしたおかげで、シルエットだけで、彼女のことが分かるようになりました。

s-IMG_20190917_124843.jpg

色んなレリーフです。
ネフェルタリと大王ラムセス2世が至るところに刻まれています。

この頃になると古代エジプトへの理解が進み、いろんな模様の意味が分かるようになってきました。

IMG_20190917_125136-COLLAGE[1]

再び外に出てきました。二つの神殿の位置関係は、このような感じです。
とにかく、雄大の一言ですね。

s-IMG_3714.jpg

振り返ると、そこには広大なナスル湖が広がっています。
あのアスワン・ハイ・ダムによって造られた湖です。アスワンから300kmも離れたこの地でも、これだけ巨大な湖になっています。

古代エジプトの遺跡もすごいですが、現代のダムも日本では考えられないほどの規模を誇っています。

s-IMG_3716.jpg

湖畔に立ち、少し引いた位置から小神殿を眺めてみます。
6体の像のうち、4体がラムセス2世、2体がネフェルタリで、ファラオが王妃を挟む形で立っています。

s-IMG_3720_201911240919310b5.jpg

こちらは、大神殿です。
ラムセス2世の像の高さが約22mですが、それが小さく見えるくらいの規模です。

お隣はもうスーダン、思えば本当に遠くまでやってきました。

s-IMG_3721_20191124091933b0f.jpg

そろそろ集合時間が近付いてきました。バスに戻りたいと思います。
こちらは、遺跡の裏側です。

移設した神殿を守るために、コンクリート製のドームで覆うように造られているのだそうです。

s-IMG_3733.jpg

入場ゲートのところに移設前の姿を映した写真が飾られていました。
本当にナイル川の畔に神殿が築かれている様子が分かります。

s-IMG_3734.jpg

こちらは大神殿です。確かに左から2番目の大王の像は、崩れ落ちていますね。
そして、従前のこの位置から、なんと60mも高い場所に移動させたのだそうです!!

s-IMG_3735.jpg

見学を終えて、船が待つアスワンに向けて、再び3時間の砂漠ドライブです。
道中は、ほとんどずっとこの様な景色が広がっていました。

途中で、砂漠の中の蜃気楼を見ることができました。本当に湖が広がっているように見えます。
喉が渇いた砂漠の旅人には、オアシスに見えてしまうのも無理はありませんね。

s-IMG_3741.jpg

そして、クルーズ船での最後の夜です。
今夜は「ヌビアパーティ」が開催されました。ヌビア人の方に合わせてヌビア語?の早口を練習したり、ダンスをしたりと、なんとも不思議なイベントでした。

明日は早起きして飛行機でカイロに向かいます。
残り二日、いよいよ旅のラストスパートに入ります!!

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第5日目①

悠久のエジプト・ナイル川紀行も五日目に入ります。
そして、ナイル川クルーズとしては最終日です。

朝目を覚ますと船は停泊しています。ゴールのアスワンの町です。
今日は早朝のこの町を出発して、ロングドライブでの観光です。

s-IMG_3652.jpg

まずは市内の観光からです。近くの採石場の跡地にやってきました。
アスワンは花崗岩の産地で、古代のピラミッドや神殿の石材は、ここからナイル川の船で運んでいたのだそうです。

ここでは、『未完成のオベリスク』(切りかけのオベリスク)を見ることができます。

s-IMG_3654.jpg

あのハトシェプスト女王の命により作業が開始された巨大オベリスクですが、作業中にひびが生じたため中止されました。
完成していれば高さは約42mにもなったそうです。先日のカルナック神殿のものよりも10m以上も高いものです。

先端部分に立っている人達と比べると、大きさがよく分かりますね。

s-IMG_3662.jpg

次にやってきたのは、『アスワン・ハイ・ダム』です。
教科書でもお馴染みの、ナイル川に築かれたダムです。

s-IMG_3676.jpg

ナイル川の氾濫を防止するために、1970年にナセル大統領によって完成されました。当時は国際的にもいろいろと揉めた結果、当時のソ連の援助によって完成しました。

幅980m、高さ110mの巨大なダムで、水力発電も行われています。
軍事的にも重要な拠点のため、駐留する軍隊により厳重に守られています。

s-IMG_3677.jpg

このダムに堰き止められたことにより、上流部分にエジプト南部からスーダン北部にわたる長さ550km、面積5,250km²の巨大な人造湖「ナセル湖」が誕生しました。

s-IMG_3668.jpg

さあ、ここからスーダンとの国境近くの町まで往復600km弱のロングドライブに出発します。

御覧のように灼熱のサハラ砂漠の中の一本道をひたすら進みます。
まるで昔のカップヌードルのCMに出てきた、あの「パリ・ダカールラリー」に出場しているような感じです。

s-IMG_3742.jpg

バスの車内には、いつものツーリストポリスに加え、交代用のドライバー、さらにはメカニックの方まで乗り込んでいます。
メンバーまでパリダカ仕様のようです。「ちょっとオーバーかな?」と思っていると、前方に車が停まっています。

近づいて見ると、トラックの故障を直しています。
どうやら、本当に必要になるようです。。。

s-IMG_3678.jpg

約3時間のノンストップの長旅を終えて、ようやく本日の目的地に到着しました。
『アブ・シンベル大神殿』です!!

s-IMG_3683.jpg

アスワンから南に280km離れたこの地は、かつて「ヌビア」と呼ばれていました。
ここに、あのラムセス2世がエジプトと自らの威光を示すために巨大な神殿を築いています。

神殿の正面には4体の巨大なラムセス2世の像が築かれています。

s-IMG_3694.jpg

実はこの神殿は、先ほどのアスワン・ハイ・ダムの建築に伴い水没の危機に瀕しました。
ユネスコの協力を得て、遺跡を細かく切断して高台に移設して組み立てなおすという驚くべき方法で保存されています。

左から二番目の像の頭部が崩れ落ちていますが、このままの状態で復元したのだそうです。

s-IMG_3695.jpg

この神殿か広く知られるようになったのは19世紀に入ってからで、それまでは「幻神殿の伝説」として語り継がれるだけの存在でした。

1813年にスイス人の探検家により発見され、すべての砂が除去されて全貌を現したのは20世紀に入ってからです。

s-IMG_3690.jpg

まさに世紀の大発見です!

それにしても、よくこの「人類の宝」を水没から救ってくれたものです。それ自体も世紀の大プロジェクトですね。

s-IMG_3729_2019112409193480c.jpg

それでは入場してみます。やはりこの神殿の内部もスマホなら撮影OKになりました。

この神殿は、砂岩をくり抜いた岩窟神殿です。内部の列柱室にはオシリス神の姿をしたラムセス大王の像が、左右に4体ずつ建てられています。

s-IMG_20190917_122625.jpg

暗くて少しボケてしまいましたが、こちらは有名なレリーフです。
戦車に乗って戦場を駆け巡るラムセス2世の雄姿が描かれています。

やはり当時のファラオは肉体的にも強くなければ務まらなかったようです。

s-IMG_20190917_122732.jpg

壁面には、このような神々の姿がびっしりと刻まれています。
それでは、神殿の最も奥にある「至聖所」に向かいましょう。

s-IMG_20190917_123512.jpg

至聖所には4体の像が置かれています。
右から順に、ラー・ホルクアイ神、ラムセス2世、アメン神、ブタハ神の神様たちです。

年に2回、2月と10月には神殿の入口から太陽が差し込み、これらの像を照らす仕組みになっています。しかも一番左のブタハは闇の神でもあるため、光が当たらないようになっているそうです。(ライトで様子が再現されています)

s-IMG_20190917_123123.jpg

古代エジプト文明の高度さには、あらためて感嘆させられます。
この後は、すぐお隣にある「アブ・シンベル小神殿」を見学します。

こちらも素晴らしいですよ!

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード