『イタリア 3都市巡りの旅』 第6日目(最終日)

イタリア3都市巡りの旅、六日目です。いよいよ帰国の日となりました。
16:25発の便でミラノを発つので、残り半日をエンジョイします。

朝食を終えてチェックアウトし、フロントに荷物を預けて出発です。
この日も地下鉄で移動開始です。ホテルに近いミラノ中央駅は街の中心から少しはずれた所にあるのですが、地下鉄網が充実しているのでまったく問題ありません。

s-IMG_1628.jpg

今回の旅で芸術を少し学んだ我が家としては、ここミラノでも美術館を訪れてみることにします。
イタリア有数の大都市だけあって、この街にも立派な美術館があります。

それがこちらの『ブレラ絵画館』です。

s-IMG_1605.jpg

あのマリア・テレジアが1776年に美術学校を開校し、絵画の収集を始めたのが起源です。
中庭に入ると、古代ローマの英雄のような像が現れます。
台座の「N」の紋章が気になって調べてみると、なんとあのナポレオンです!?

(もちろん会ったことはありませんが)これまでに見たナポレオンの中で一番かっこよく造られています。ナポレオン時代に、彼の文化政策でコレクションが飛躍的に増加したのだそうです。
今も昔も、スポンサーの力は絶大なのですね…

s-IMG_1593.jpg

入場してみましょう。
イタリア有数の美術館のはずですが、いまひとつ(日本人に)知名度が低いこともあり、内部はかなり空いています。

ヨーロッパの美術館はどこも大混雑というのが定番ですが、これはじっくり見学ができそうです。

s-IMG_1597.jpg

展示品は500点を超えるそうですが、いくつか紹介したいと思います。
これはマンテーニャの「死せるキリスト」です。あまりにもリアルな描写で驚きました。

s-IMG_1596.jpg

こちらはあのラファエロの「聖母の結婚」、なんと21歳の時の作品なのだそうです。
すごい完成度ですね。

s-IMG_1599.jpg

絵画見学の後は、街歩きを楽しみます。
この辺りは古くからのお屋敷街だそうで、上品な街並みが広がっています。

雰囲気の良い教会です。特にガイドブックに記載はなかったのですが、「サン・ジュゼッペ教会」という名前です。

s-IMG_1606.jpg

さらに歩いていると、あの「スカラ座」にたどり着きました。
1778年に開場した、由緒ある世界三大歌劇場のひとつです。

前々から本場でオペラを見てみたいと思っていますが、なかなか機会に恵まれません。

s-IMG_1607.jpg

スカラ座の向かいの広場には、大きな像が建てられています。近づいてみると、見覚えのある姿です。それもそのはず、あのレオナルド・ダヴィンチです。

大物らしく、弟子の皆さんにしっかりとガードされて立っています。

s-IMG_1609.jpg

歩いているうちに、またまたガレリアに出てきました。
やはりミラノの中心はこのドゥオモ周辺なので、ついつい足が向いてしまいます。

といっても高級ブランド店は眺めるだけです。かつてのジャパンマネーの力は見る影もありません…

s-IMG_1612.jpg

ここまで来たので、昨日入り切れなかった「ドゥオモ博物館」を見学したいと思います。
意外に空いてそうでラッキーと思いながら入口に行くと、なんと休館日でした。。。

s-IMG_1621.jpg

フィレンツェでは営業日をしっかりと研究しておいたのですが、これは予習不足でした。
ご縁があれば、また来ることにしましょう。

せっかくなので、最後にもう一度ドゥオモに入場してみることにします。

s-IMG_1620.jpg

結果的に二日連続の見学となりましたが、やはり厳かで素晴らしい空間です。
何度でも訪れてみたくなる場所です。

s-IMG_1624.jpg

とうとう帰国の時間になりました。
ホテルで荷物を受け取り、ミラノ中央駅から空港行きのバスに乗ります。

空港行きバスには何種類かあるようですが、乗り場に行くと係の人が寄ってきて、いつのまにか乗せられていました。

s-IMG_1638.jpg

車窓からミラノの街並みを見ていると、面白い建物が目に入りました。
まさにエコすぎるビルです。

かなりの高さがあるようですが、上空から落ち葉や枝が落ちてきそうで心配になりました。

s-IMG_1637.jpg

「ミラノ・マルペンサ空港」に到着しました。イタリア最大の国際空港です。
ロビーには昔の飛行機が展示されています。ここから、再びドーハ経由での長旅の始まりです。

s-IMG_1639.jpg

ミラノからドーハへの便は、ガラガラでした。
最近の国際線は満席が多かったのですが、久しぶりに一列独占で横になって眠ることができました。

再びの「ハマド空港」です。なぜかジェラートがもう一度食べたいという主人の希望で、最後に頂くことにしました。
砂漠の国で食べたからか、ミラノで食べたものよりも美味しく感じました。

s-IMG_1642.jpg

これにて、今回のイタリアの旅は終了です。
多くの芸術に触れて忙しい旅になりました。いつか時間が取れる時がきたらゆっくり再訪したいと思います。

ブログを書きながら、若かりし頃にグッチやフェラガモやプラダ、加えてグルメをお目当てに訪れてたことを思い出しました!
旅の愉しみは変わっていきますが、やっぱり旅は最高です!!

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

『イタリア 3都市巡りの旅』 第5日目②

イタリア3都市巡りの旅、五日目のミラノ滞在の続きです。
ドゥオモ周辺の観光を終えて、いったんホテルに戻りチェックインします。

ミラノ中央駅から徒歩10分程度の場所にある『ドリア グランドホテル ミラノ』です。

s-IMG_1456.jpg

お部屋の様子です。
少々年季は入っていますが、室内は落ち着いた雰囲気でリラックスでそうです。

お向かいのスーパーで買い込んだビールを片手に、しばしの休息です。

s-IMG_1529.jpg

窓からのミラノの街並みです。
お部屋は確か9階だったと思いますが、ミラノには一部以外には高い建物が無いようで、遠くまで見渡すことができます。

ここミラノでも建物の屋根はやはり茶色で統一されており、一定の景観が維持されているようです。

s-IMG_1531.jpg

休養も十分となったところで、午後の部の観光に出発します。
地下鉄に乗り、世界遺産の『サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会』に到着しました。

s-IMG_1533.jpg

ルネサンス期のミラノを代表する教会建築で、ブラマンテによって建てられています。
まずは教会の内部を見学します。

派手さはありませんが、白を基調とした幾何学模様の内装が印象的です。

s-IMG_1535.jpg

続いて中庭に出てみました。
ちょうどクーポラが夕日に照らされて、なんとも言えない雰囲気を漂わせています。

そして、この教会に来たのには、もちろん目的があります。レオナルド・ダヴィンチの「最後の晩餐」を見るためです。

見学は完全予約制で、インターネットで日本からも予約することができます。ところが、ミラノ滞在の日程が決まった時点でチェックしたら、すでに空きはありませんでした。昔と比べて便利になった反面、競争も激しくなってしまったようです。

迷った挙句、出国前に現地在住の業者さんに手配をお願いすることにしました。おかげで無事にチケットを入手することができました。これで一安心です。

s-IMG_1539.jpg

いよいよ入場したいと思います。指定の時間に入場口に集合します。
定員制・時間制のためみんなでドアの前で待ちます。時間になるとドアが開いて入場可能となりました。

とうとう『最後の晩餐』とご対面です!!

s-IMG_1542.jpg

もともとはドメニコ修道院の食堂の壁に描かれた壁画です。そのためカビに蝕まれてきましたが、1999年の大修復を終えた現在では、再び美しい姿を見ることができます。

作品保護のため、室内は薄暗く、エアコンで気温・湿度が一定に保たれています。
はるばるとミラノまで来たので、なんとか生で鑑賞することができて本当に良かったです!

また、皆さんにあまり注目されていませんでしたが、反対側の壁にも立派な壁画が描かれています。

s-IMG_1546.jpg

とりあえずの目的は果たせたので、これからは地図を片手にミラノの街をぶらぶらしてみることにします。
なにやらイタリアのお城があるようなので、見に行ってみることにしました。

しばらく歩いていると、巨大な城壁が姿を現しました。

s-IMG_1551.jpg

見るからに難攻不落そうな城壁を眺めながら、ふと視線を落としました。
空堀?の底に、なんとも可愛らしい猫ちゃんの一家が遊んでいます。子猫ちゃん達は元気に育ってほしいものですね。

s-IMG_1550.jpg

あらためて紹介しましょう。こちらは『スフォルツェスコ城』です。

15世紀にミラノを支配したスフォルツェスコ家の宮廷で、16世紀以降は城塞として使用された建物です。
当時の改築メンバーには、あのダヴィンチも名を連ねていたそうです。

s-IMG_1557.jpg

城の正面の広場には、レトロな路面電車が走っています。
奥にはイタリア統一運動を推進したガリバルディの騎馬像が建てられています。

s-IMG_1563.jpg

歩いていると、御覧のような立派な石造りの建物がたくさん目に入ってきます。
どうやら普通の店舗や事務所として使われていそうです。こんな建物で働くことができたら、素敵でしょうね。

s-IMG_1567.jpg

なんとなく街の中心部を目指して、さらに進みます。
いつの間にか、見覚えのある場所に出ました。先ほど訪れたガレリアです。

s-IMG_1576.jpg

ということで、またまた雄牛のモザイク画です。
先ほどぐるりと回ったばかりですが、来たからにはもう一回!と幸運を祈らせてもらいました。

s-IMG_1568.jpg

さすがに歩き疲れてきたかな、と思った矢先に、ふと見るとチョコレートの滝が登場です。
どうやらジェラート屋さんのようです。これはエネルギー補給にもってこいです。

s-IMG_1574.jpg

店先の列に並び、見よう見まねで注文しました。
名前は忘れましたが、「チョコずくし」的なものです。

二人でシェアしましたが、ジェラートで満腹になるくらいのボリュームと甘さでした。

s-IMG_1571.jpg

元気を取り戻したところで、もうひと歩きしてみます。
広場に出ると、イタリア初代国王の「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」の騎馬像の雄姿です。

s-IMG_1583.jpg

そして、ここで振り向くと絶景と出会いました。黄金色に輝くドゥオモです!!
先ほどは白っぽかったドゥオモが、夕日を浴びて黄金色に変化しています。

まさにマジックアワーですね。

s-IMG_1577.jpg

見上げると、やはり黄金色の「マドンニーナ」の姿です。
マドンニーナの黄金の光が、ドゥオモ全体を包んでいるかのように感じられます。

s-IMG_1582.jpg

こうしてドゥオモを眺めているうちに日が暮れていきました。
そろそろホテルに戻りたいと思います。

旅の最後の夜ですが、お部屋でワインを頂きながら、のんびりと過ごすことにしました。
とうとう明日は帰国です。最後にもう少しだけミラノを楽しんでから空港に向かいたいと思います。

~つづく~

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

『イタリア 3都市巡りの旅』 第5日目①

イタリア3都市巡りの旅の五日目、第3の街ミラノへと向かう朝になりました。
朝一番でフィレンツェ駅に向かい、再び高速列車「フレッチャロッサ」に乗り込みます。

s-IMG_1449.jpg

快適な列車に揺られ、約2時間ほどで「ミラノ中央駅」に到着しました。
駅舎は重厚で巨大な建物です。この駅は、ローマのテルミニ駅に次いでイタリアで2番目に乗降客数が多いそうです。

いよいよ都会にやってきました。いろいろと気を引き締めていかなければなりません。

s-IMG_1455.jpg

実はここミラノへの滞在は、たったの一泊です。明日の夕方にはもう帰国便に乗らなければなりません。ホテルに荷物を預けると、さっそく観光に出発です。

まずはミラノのシンボル、『ミラノ大聖堂』(ドゥオモ)を見学したいと思います。
地下鉄のドゥオモ駅から地上に出ると、目の前にその姿が現れました!

s-IMG_1525.jpg

1386年の着工から、なんと500年もの時を経て完成した、世界屈指のゴシック建築です。
正面のブロンズの大扉には、聖母マリアの生涯が刻まれています。

チケットを購入し、厳重なセキュリティチェックを受けて、いよいよ入場します。

s-IMG_1476.jpg

奥行158m、横幅93mの建物の内部には、広大な空間が広がっています。
厳かな空間を奥まで進んでみます。

s-IMG_1458.jpg

内陣の主祭壇までやってきました。
豪華な円蓋や司教座、奥の壁にはパイプオルガンが設けられています。

s-IMG_1466.jpg

異彩を放つ彫刻が飾られています。
全身の皮膚を剥がされて殉教した「聖バルトロマイ」です。
肩にかけているのは布ではなく、自分の皮膚なのだそうです。

s-IMG_1468.jpg

ステンドグラスも素晴らしいです。
光の加減でカメラではあまりきれいに写せませんでしたが、実際には幻想的な光を堪能することができました。

一枚一枚をじっくりと眺め始めると、時間がいくらあっても足りなくなりそうです。

s-IMG_1470.jpg

ドゥオモの見学は内部だけではありません。実は屋上のテラスに登ることができるのです。
エレベーターと階段が選べるのですが、コスト削減で階段プランを選びました。

さあ、頑張って登りましょう!

s-IMG_1477.jpg

無事に上がってきました。フィレンツェの「ジョットの鐘楼」と比べると、それほど大変ではありませんでした。

それにしても、ものすごい数の尖塔です。全部で135本もあるそうです。塔の先端にはそれぞれ聖人の像が載せられています。

s-IMG_1479.jpg

折り返して最後の階段を上ると、屋上のテラスに出ました。
一部は補修中のようですが、広々としたテラスからミラノの街並みを一望することができます。

s-IMG_1484.jpg

ひときわ高い中央尖塔の上部には黄金のマリア像「マドンニーナ」が輝いています。
最高部の高さは109mもあり、ミラノ中から姿を拝むことができそうです。

s-IMG_1483.jpg

それでは、テラスからの眺望を楽しみましょう。
まずは正面の広場です。

s-IMG_1493.jpg

こちら側は、「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア」が見下ろされます。
遠くには、近代的な高層ビルも望まれます。あのあたりがビジネス街なのでしょう。

s-IMG_1488.jpg

反対側にも通路が続いているようなので、回り込んでみます。
途中で開いている窓があり、聖堂内部の様子を見ることができました。
こうして見ると、かなり高い位置にいることが分かります。

s-IMG_1505.jpg

こちらは面白い形の建物です。
まるでディズニーの「タワー・オブ・テラー」のような雰囲気です。入居する人たちが怖がったりしないのでしょうか…?

s-IMG_1490.jpg

地上に降りてきました。
次は、上から眺めた『ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア』に入ってみましょう。

s-IMG_1524.jpg

このガレリアは、ドゥオモ広場から広がる十字型のアーケードです。
イタリア初代国王の治世を記念して1867年に完成しました。

ガラスと鉄で造られた優美な円形の天井が特徴的な、ミラノのショッピングの中心地です。

s-IMG_1576.jpg

実は、ここにはちょっとした幸運スポットがあるのです。
それがこの「雄牛のモザイク画」です。ちょうどプラダの本店の前あたりの床に描かれています。

この雄牛の急所の部分に、かかとをのせて一回転すると幸運が舞い込んでくるのだそうです。
もちろん我が家もくるりと一周させてもらいました。

よく見ると、皆さんが回るのでその部分がくぼんでいます。牛さん、ごめんなさい!!

s-IMG_1513.jpg

この後は、ホテルにチェックインしてしばし休憩です。
長旅の疲れもなんのその、まだまだ観光は続きます!

~つづく~

『ミラノ大聖堂(ドゥオモ)』のHP

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

『イタリア 3都市巡りの旅』 第4日目③

イタリア3都市巡りの旅、フィレンツェ滞在の二日目の続き(3回目)です。
フィレンツェ滞在も今夜までなので、いよいよ観光のラストスパートに入ります。

フィレンツェカードを駆使して、気になる場所に入場していきたいと思います。
メディチ家つながりで、まずは気になったのはこちら。

『メディチ・リッカルディ宮』、巨万の富を得た一族の華麗なる邸宅です。
当初はメディチ家、後にリッカルディ家に譲られたため、こう呼ばれるようになりました。

s-IMG_1375.jpg

一歩足を踏み入れると、豪華な空間が広がっています。
壁画や天井画には随所にメディチ家の人間が描き込まれ、礼賛されています。

s-IMG_1379.jpg

ぶらぶらと歩いて、またまた『シニョリーア広場』にやってきました。
まずは数多くの彫刻が飾られている「ランツィのロッジア」でじっくりと彫刻を鑑賞してみたいと思います。

s-IMG_1387.jpg

もともとは広場での式典に使う屋外舞台だったものが、現在では彫刻が展示されています。
この彫刻はジャンボローニャ作の「サビニの女たちの略奪」。ローマ建国当時の伝説がテーマになっているそうです。

s-IMG_1388.jpg

こちらはなかなかショッキングなブロンズ像です。
チェッリーニ作の「ペルセウス」です。まさに切り落としたばかりのメデューサの首を掲げています。

s-IMG_1391.jpg

いよいよ『ヴェッキオ宮』に入場したいと思います。
入口の脇には、ダヴィデ像のレプリカが飾られています。もともとはオリジナルが雨ざらしで置かれていたそうです。

いくら大理石といってもこれでは傷んでしまいます。無事に美術館で保管されるようになってよかったと思います。

s-IMG_1393.jpg

執政官の館として1314年に完成し、現在でも市庁舎として使用されているフィレンツェの政治の中核の場所です。

見どころは、フィレンツェ共和国の会議場だった「五百人広間」です。
もちろんフィレンツェのプロモーション映画?の「インフェルノ」にも登場しましたね。

s-IMG_1400.jpg

この広間にも数多くの彫刻が飾られています。
ここにもミケランジェロがありました。「勝利」という作品です。

s-IMG_1403.jpg

あのダンテのデスマスクも展示されていました。
このような形で遺影を残すのは日本人の感覚では違和感がありますが、ヨーロッパでは割と普通の事だったようですね。

s-IMG_1411.jpg

こちらは「地図の間」です。名前通りに大きな地球儀の周りに当時の世界地図がびっしりと飾られています。
日本を探してみましたが、さすがに「これが日本?」といった感じのものでした。

s-IMG_1414.jpg

運よく館内ツアーの最中に遭遇しました。
映画にも登場した、「隠し扉」を開けてくれました。

s-IMG_1416.jpg

窓からはドゥオモの姿が眺められます。この後は、残った体力を振り絞って、塔に登りたいと思います。

ところが最上階は映画の撮影のためクローズです!
まさかこのような形で見学できないとは、さすがはフィレンツェです。「明日は入場できるよ」と言われたのですが、明日は朝から出発なのです…

s-IMG_1417.jpg

宮殿見学の後は、ウフィツィ美術館のテラスを眺めながらアルノ川に向かいます。

s-IMG_1418.jpg

夕日を浴びる『ポンテ・ヴェッキオ』にやってきました。
何度か遠くから眺めましたが、いよいよ橋を渡ってみたいと思います。

s-IMG_1431.jpg

アルノ川に架かるフィレンツェで最も古い橋で、1345年に再建されて現在に至っています。
ヴェッキオ宮やウフィツィ美術館と対岸のピッティ宮を結ぶ「ヴァザーリの回廊」が上部に設けられています。

橋の上には貴金属店が軒を連ねていますが、ちょっと我が家には手が出なさそうでした。

s-IMG_1429.jpg

日も傾いてきたので、そろそろホテルに戻りたいと思います。
途中にもきれいな教会がありました。入場はできませんでしたが、「サンタ・トリニタ教会」です。

s-IMG_1433.jpg

最後に少しだけドゥオモの姿が見れました。
名残は尽きませんが、これにてフィレンツェ観光は終了です。

s-IMG_1435.jpg

先日のヴェネチアでも思ったのですが、ここフィレンツェにものんびりと長期滞在してみたいと思います。
でも、そこは忙しい日本人です。短い休暇をなんとかやりくりするしかないですね。

明日は最後の滞在地、ミラノへ向かいます!!

~つづく~

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

『イタリア 3都市巡りの旅』 第4日目②

イタリア3都市巡りの旅、フィレンツェ滞在の二日目の続きです。
ドゥオモ内部の見学の後は一度外に出て、建物の反対側に回り込みます。

次は、ドゥオモの後陣の向かい側にある『ドゥオモ付属美術館』に入場します。

s-IMG_1319.jpg

付属美術館というだけあって、ドゥオモに関連する宝物や美術作品が数多く展示されています。
中でも必見は、このギベルティの「天国の門」です。

サン・ジョバンニ礼拝堂の東側の扉で、後に大聖堂のクーポラを造ることになるブルネレスキとの激しいコンペを制したギベルティが、25年以上もの歳月をかけて完成させたそうです。旧約聖書の物語がテーマになっています。

s-IMG_1321.jpg

こちらは豪華な「銀の祭壇」です。
制作だけでも、なんと100年以上掛かっているそうです。近年修復を終えて、目もくらむばかりの輝きを取り戻しました。

s-IMG_1328.jpg

美術作品も充実しています。
こちらはドナテッロの「マグダラのマリア」です。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」にも登場するマグダラのマリアですが、晩年の姿を表現している木彫りの彫刻です。
日頃見かける大理石の彫刻と異なり、すごい迫力を感じます。

s-IMG_1325.jpg

こちらはミケランジェロの晩年の未完の作品、「ピエタ」です。
素人の我が家にはすばらしい作品にしか見えないのですが、彼は途中で制作をやめてしまったのだそうです。

s-IMG_1329.jpg

美術館を満喫した後は、ドゥオモのお隣の『サン・ジョバンニ洗礼堂』を訪れます。

これまた長い行列に並びます。列が伸びすぎたのか、係員が来て我が家の少し前で列を折り返しさせられました。ところが、折り返したはずの列に後ろから来た人がどんどん並んでいきます。まじめに折り返した人たちは、なんと列からはじき出される格好となってしまいました。先ほどの係員に目をやると、「いい仕事をしたぜ」と言わんばかりに少し離れた場所で、同僚と談笑中です。

やっぱりここはイタリア、油断できません・・・

s-IMG_1332.jpg

それでもなんとか入り口にたどり着きました。気を取り直して入場しましょう。
教会の歴史は古く、起源は4~5世紀に遡るそうです。八角形が特徴的な現在の建物も、ドゥオモ関連の中では一番古いそうです。

s-IMG_1333.jpg

見上げると豪華な天井画が描かれています。
お隣のドゥオモとは異なり、ビザンチン様式のモザイク画です。

先日訪れた、ヴェネチアの「サン・マルコ大聖堂」の天井画に似た雰囲気です。

s-IMG_1335.jpg

さて、ここからは特にプランがあるわけではありません。フィレンツェカードを活用して、気の向くままに街を回ってきましょう。

まずはちょっと気になったこちらに入場してみます。
『メディチ家礼拝堂』です。

s-IMG_1347.jpg

巨万の富を背景にフィレンツェに君臨した華麗なる一族、メディチ家専用の礼拝堂です。
こちらは「君主の礼拝堂」と呼ばれています。天井が高く、やはり豪華な空間です。

s-IMG_1340.jpg

お隣の「新聖具室」は、なんとミケランジェロが部屋の設計から彫刻までの一連を担った部屋です。
メディチ家歴代の当主の霊廟は、もちろんミケランジェロの彫刻で飾られています。なんとも贅沢なお墓ですね。

s-IMG_1344.jpg

礼拝堂の後は、お隣にある『サン・ロレンツォ教会』を訪れます。
こちらもブルネレスキが設計を手掛けたのですが、彼が亡くなったためファサードは未完のままとなっています。
結果的に、より独特で印象的な姿になっているような気がします。

s-IMG_1350.jpg

内部の様子です。すごく奥行きを感じさせます。
実は先ほどのメディチ家礼拝堂とこの教会は同じ建物で、入場口が分けられているだけでした。

s-IMG_1352.jpg

ここには、ドナテッロによる豪華な説教壇が設けられています。
説教壇は一対になっており、それぞれ「受難」と「復活」を表しているそうです。
また、彼自身もこの教会に埋葬されています。

s-IMG_1355.jpg

ここで午前の部は終了です。いったんホテルに戻り簡単なランチと休憩をとりました。
冷たいビールで体も冷やして、午後の観光を再開します。

まずはホテルからほど近い、『サンタ・マリア・ノヴェッラ教会』です。
大理石がまるで寄木細工のようにちりばめられたファサードです。

s-IMG_1371.jpg

堂内では、二列の列柱の間隔が内部に向かうにしたがって狭められています。
そのため実際よりも奥行きを感じるようになっています。

s-IMG_1363.jpg

この教会も美術作品の宝庫です。
天井から吊るされているのはジョットの「十字架像」です。

先ほどの大聖堂の建築責任者のジョットですが、ルネサンス絵画の先駆者なのだそうです。とにかく才能が豊かな人だったのでしょう。

s-IMG_1370.jpg

このフレスコ画は、マザッチョ作の「聖三位一体」です。
マザッチョはジョットよりも少し後の、ルネサンス初期を代表する作家です。

彼によって最初に科学的な遠近法が取り入れられた絵画なのだそうです。たしかに先ほどのジョットの十字架像とは、ずいぶん異なる描き方です。

s-IMG_1362.jpg

それにしても、ここフィレンツェは街自体がまるで博物館か美術館のようです。
見どころはまだまだ尽きませんが、残りはあと半日です。そろそろラストスパートに入ります!

~つづく~

テーマ : イタリア旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード