『熊本帰省の旅』 その③「グルメ編」

年明けの熊本帰省シリーズの最終回です。
今回はグルメ編と銘打って、旅のあいだに食べた美味しいものたちを一挙に紹介したいと思います。

まずは中華料理の『紅蘭亭』です。
たまたまお店の前を通ったら行列ができています。覗いてみると七草粥のふるまい中です!
ついつい我が家も並んでしまいます。

IMG_7268.jpg

こちらが頂いた七草粥です。
中華風のお出汁がきいていて、体が温まります。縁起物をいただけてとても嬉しいです。

IMG_7269.jpg

お次は紅蘭亭のすぐ側にある『峰寿司』です。
以前帰省した時に、主人の両親に連れてきてもらったお店です。

IMG_7274.jpg

寿司屋ではありますが、定食が充実しており、特にランチはお得です。
今回もやはり定食を選びます。こちらは私が選んだ煮魚定食です。

ボリューム満点の鯛のアラが、ほどよく煮つけられていて美味しいです。

IMG_7272.jpg

こちらは主人の刺身定食です。
お刺身だけでなく天ぷらや小鉢も添えられており、食べごたえ十分です。喜んでどんどん食べ進んでいました。

IMG_7270.jpg

そして今回の帰省で、どうしても行きたかったお店に行くことができました。
とんかつの名店、『勝烈亭』です!

震災の被害で閉店が続いていましたが、修理が無事に終わり、つい最近再オープンしたとのことでした。喜んでお店に飛び込んだので、外観の写真を撮り忘れてしまいました。
ということで、いきなり主人が注文した「ロースかつ膳」の写真です。

IMG_7280.jpg

こちらは私が注文した「ひれかつ膳」です。結局二人でシェアしていただきました。
さて、待ちに待った念願のとんかつのお味は・・・?
サクッとあがったお肉は、ジューシーで噛むほどに甘さを感じる美味しさで、再訪を誓いました。

IMG_7281.jpg

地元グルメは食べ物だけではありません。こちらはお酒です。
焼酎・白岳しろの「ロアッソ熊本応援ボトル」と47都道府県の一番搾りの「熊本づくり」です。

ロアッソボトルは中身は同じですが、熊本づくりはオリジナルです。
熊本らしい味かどうかはともかく、とても美味しいビールでした。

IMG_7284.jpg

そしてこちらは、今回家族一同でお食事会を開いたお店です。
熊本の老舗ホテル、ホテルキャッスル内にある四川料理の『桃花源』です。同じく熊本出身の私の友人のお勧めのお店です。

家族団らんだったので、これまた写真を撮り忘れてしまいました。コース料理をいただいたのですが、牡蠣と銀杏といった季節の素材や、定番のフカヒレも使われていて、とても美味しかったです。

IMG_7292.jpg

今度は熊本市役所の最上階の展望ロビーにあるレストラン、『ダイニングカフェ彩』です。
お城の様子を見に来た時に、発見したお店です。好展望が楽しめるのですが、お客さんはほとんどいません。

IMG_7364.jpg

私はお魚の西京焼きを選びました。
野菜のかき揚げが添えられている家庭料理のようで、美味しく頂きました。

IMG_7362.jpg

こちらは主人です。やはりお肉を選んだようです。
私も少し頂きましたが、ビーフがホロホロで、なかなかの味わいでした。

地震の影響が大きいのでしょうが、景色も料理もお手軽に楽しめるお店なので、繁盛してほしいところです。

IMG_7360.jpg

さて、最後はスイーツ系ということで、主人の大好物の『蜂楽饅頭』です。
もちろんお店で出来たてをいただきましたが、10個まとめ買いして東京まで持ち帰りました。

冷凍すればある程度長持ちするそうなので、しばらくの間は東京でも郷土の味を楽しむことができました。最後のひとつを食べる時には、とても名残惜しそうにしていました…

IMG_7370.jpg

まとまりのない記事になってしまいましたが、以上で今回のグルメレポートは終了です。
やっぱり熊本には美味しいものがたくさんありました。

グルメ通の皆さんも、是非熊本を訪れて頂いて、熊本の味を味わってみてくださいませ。
我が家も、早くも次に行く店の相談を始めています!


『勝烈亭』のHP
『桃花源』のHP

テーマ : うまいもの
ジャンル : 旅行

『熊本帰省の旅』 その②「ゆるキャラ編」

年明けの熊本帰省の旅の続きです。今回は地元のゆるキャラ編です。
さて、最初に登場するのは前回の最後に紹介した『ひごまる』です!

このひごまるは、平成19年の熊本城築城400年祭を期に現代へやってきた妖精です。
性格はとても温厚で、怒ったのは、お城が焼かれた西南戦争のとき一度だけなのだそうです。

そして、ひごまるはお隣のありさお姉さんと一緒に「ひごまる隊」を結成しています。
ありさお姉さんは歌がとても上手で、城彩苑おもてなしステージで毎日2回のショーを二人でこなしています。

IMG_7312.jpg

ライブ歌唱とダンスによる「ひごまる音頭」は、熊本らしさ全開で最高ですよ!!

ちなみにひごまるの左の頭(屋根)の部分には、震災でケガをしたために「リバテープ」を貼っています。(熊本では絆創膏を地元企業の名前にちなんでリバテープと呼ぶそうです。決してバンドエイドではありません)

しかも会社の配慮で、実際のひごまるの皮膚に合わせて本物の巨大リバテープを作ってくれたのだそうです。いいお話ですね。

IMG_7314.jpg

そしてなんと、ひごまるは熊本市から「熊本城復興本部長」に任命されています。
任命式の様子を動画で見たのですが、市長さんから「くまモン!」とからかわれて戸惑っていました…

それにしても、これはとっても重要な任務なので頑張って復興を目指してほしいと思います。

IMG_7319.jpg

ゆるキャラと呼ぶわけには行きませんが、熊本城にはもうひとつ強力なメンバーが控えています。
「熊本城おもてなし武将隊」です。

加藤清正公や細川忠興公をはじめとした10名からなるメンバーですが、この日は成人式に参加するメンバーが多かったので(出席なのか応援なのかわかりませんでしたが)、留守番のお二人だけのステージでした。

IMG_7321.jpg

いよいよ真打の登場です。今やスーパースターになった『くまモン』です。
初日にたまたま「くまモンスクエア」を覗いたところ、ちょうどくまモンの入場時間でした。

しばらく入り待ちをしていると、悠々と現れました!

IMG_7265.jpg

他のお客さん方にもじっくりとご挨拶を済ませてから、ステージのある会場に入っていきました。
私ももちろんツーショット写真を撮ってもらいました。

IMG_7266.jpg

翌日改めてステージを見に行きました。週末は入場制限が掛かることが多いので30分前には入場しました。

いよいよくまモンの登場です。なんと来場者は累計130万人に到達したそうです。これはスゴイ!

IMG_7288.jpg

ステージでは相変わらずのやんちゃキャラと、キレッキレの動きを披露してくれました。
台湾をはじめとした海外からのお客さんも多かったのですが、皆さん大喜びです。

IMG_7289.jpg

くまモンスクエアの入口には、震災の最中に有名な漫画家の方達が応援イラストを描いてくれたものが展示されてました。
当時はインターネットで見て感動したものでした。本当にありがとうございました。

IMG_7285.jpg

最後は番外編、加藤神社にいた「清正くん」です。
モデルは説明するまでもありませんが、傷ついたお城を見て心で泣いていても笑顔は絶やしません。

IMG_7343.jpg

熊本ゆるキャラ軍団?が復興に向かって、明るく逞しく歩んでいる姿には胸をうたれました。
復興の道のりは、まだまだ先が長いですが、力を合わせて進んで行きたいですね。

さて、次回は最終回。今回の旅で味わった美味しいものを紹介したいと思います!!

~つづく~

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

『熊本帰省の旅』 その①「熊本城編」

年末の山口帰省に続き、年明けの連休で主人の故郷、熊本に帰省しました。
主人の実家に行ったり、家族で食事をしたりと大忙しでしたが、合い間に少し観光も楽しみました。

そこで今回からテーマごとにいくつかの記事を書きたいと思います。
第1回はやはりこちら、『熊本城』編です。熊本城の今を見ていきたいと思います。

まずは熊本城の全景です。市役所の14階の展望ロビーから眺めます。
手前に「本丸御殿」、奥に天守閣が並んでいます。本丸御殿には大きな被害はなさそうですが、閉鎖されたままです。手前の石垣が崩れたところも手つかずですが、とりえあえず白いシートで応急処置がされています。

IMG_7366.jpg

こちらは「奇跡の一本石垣」で有名になった「飯田丸五階櫓」です。
倒壊を防ぐために、巨大なクレーンで建物自体を支えています。この作業シーンはニュースで見ましたが、実際に見るとかなり巨大な設備です。

IMG_7365.jpg

それでは実際に歩いて、いろんな角度からお城を眺めてみます。
お城の入口には加藤清正公の銅像が建てられています。心なしか、清正公も少し寂しそうに見えます。

IMG_7308.jpg

二の丸広場にやってきました。正面からの眺めです。
本来なら一番勇壮な姿が見られる場所ですが、状況は変わっていないようです。

IMG_7331.jpg

正面の入口の様子です。
当然閉鎖されているのですが、前方を拡大してみると、こちらもほぼ手つかずのようです。

IMG_7326.jpg

こちらは「戌亥櫓」です。ご覧のとおり、実はもうひとつの「奇跡の一本石垣」となっています。
奥の石垣は完全に崩壊していますが、辛うじて残った隅石が櫓をしっかりと支えています。

IMG_7333.jpg

城内への立ち入りはまだできませんが、城郭に沿って時計回りで進んで行きます。
先ほどの完全に壊れた石垣の向こう側にある「加藤神社」にやってきました。
こちらの神社は早い段階で立ち入りが可能になっています。

IMG_7341.jpg

加藤神社はその名の通り、加藤清正公をお祀りしています。
もちろんこちらでは、「熊本の復興と家族の健康」をお祈りしました。

IMG_7346.jpg

この神社は城内の一角にあるため、間近に天守閣を眺めることができる絶好のスポットです。
サントリーBOSSのCMで、タモリさんやくまモンがお城を見上げている場所は、まさにここです。

IMG_7345.jpg

やはりこの熊本城は天下の名城だけあって、地震にやられっぱなしではありません。
この「宇土櫓」は約400年前の築城当時の建物ですが、ご覧のとおり、ほぼ無傷で建ち続けています。

堂々たる姿は、まさに熊本の誇りです!!

IMG_7336.jpg

不屈の建物はまだまだあります。この高い石垣の上にある「平櫓」も無事です。
この「落ちない櫓」が、受験生にとっての名所になっても不思議ではありませんね。

IMG_7351.jpg

少しずつ、復興に向けての息吹を感じる場所もありました。
こちらには、崩れた石垣に順に番号を振って並べてあります。気が遠くなるような作業ですが、一つ一つ戻していってほしいと思います。

IMG_7350.jpg

こちらには、大きなクレーンが入って石垣の撤去作業が行われています。
僅かずつではありますが、確実に復興の道を歩み始めたようで、うれしくなります。

IMG_7353.jpg

「熊本大神宮」にやってきました。
前回の帰省時には、上から落ちてきた櫓と石とで社殿が押しつぶされた状態でした。
どうやら社殿は撤去されたようです。

IMG_7354.jpg

最後に熊本城の復興のシンボル、『ひごまる』の登場です。
地震で傷つきながらも、一生懸命復興のために頑張っています。

詳しい様子は、次回の「ゆるキャラ」編で紹介したいと思います!

IMG_7315.jpg

震災から約10ヶ月が過ぎました。なんとなく世の中では、過ぎ去った昔のことと思われ始めているような気がします。
熊本城の復興については、まだまだこれからといったところですが、逆に傷ついたお城の姿が震災を風化させないのかもしれません。これが新しい熊本城の「使命」でしょうか。

そんな熊本城の復興に向けて、我が家も「復興城主」として、ささやかながら支援をさせていただきました。これから何年かかるか分かりませんが、帰省する度に少しずつ復興を遂げていく姿を眺めるのが楽しみです!!


~つづく~


『復興城主』のHP ☜熊本好き、お城好きの皆さま、ご支援をお願いいたします!!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

『がまだせ、熊本!』 へ帰省しました

熊本地震から約2か月が過ぎようとしていますが、ようやく帰省することができました。
主人の家族やテレビや新聞でしか知らなかった現地の事など心配事はたくさんありますが、とにかく自分たちの目で見て来たいと思います。

なるべくならお金は現地で使おうということで、今回もジェットスターを利用しました。
ところが、これが裏目に出てしまいました…

IMG_5948.jpg

成田から2時間で熊本に着くはずの便ですが、機材トラブルとやらでなんと2時間半も遅れての出発となりました。とにかく安いので仕方無いのかもしれませんが、2回目にして「これぞLCC」といった洗礼を受けてしまいました。

飛行機が熊本の上空に差し掛かり地上を眺めると、たくさんのブルーシートが目に入ります。
とにもかくにも熊本に到着です。バスで市街地まで出てきました。

IMG_5952.jpg

アーケード商店街のひとつ、上通りを歩きます。この辺りはほぼダメージは感じません。そしていろんな復興祈願の旗が掲げられています。

熊本らしくて?面白いのが、この旗です。普通ならば統一スローガンを掲示するところを、ひとつずつ内容が違っています。ひとつ奥の旗には、市長さんへのねぎらいも書かれていました。

IMG_5949.jpg

もともとは主人の両親とのランチを考えていたのですが、すっかり遅くなってしまったので明日に延期です。そこで遅めのランチに選んだのは、『こむらさき』です!

メニューを見るまでもなく、王様ラーメンを注文しました。初めて来店した時から、この王様ラーメンというネーミングが気に入り、いつも頼んでしまいます。安定の美味しさで、熊本に帰ってきたなと思わせてくれました。

IMG_5950.jpg

実家に向かう前に、まずは熊本城の被害状況を確かめておきたいと思います。
まずはお城の入り口にあたる「馬具櫓」です。

やはり建物の下の石垣が大きく崩れており、足元には大きな石が転がっています。左手にある「熊本城」と書かれた石柱は、地震の力で回転してしまっています。

IMG_5956.jpg

熊本城を代表する景観のひとつ、重要文化財の「長塀」です。
坪井川沿いに建つ長さ242mの美しい塀ですが、大部分が倒れてしまっています。

IMG_5959.jpg

一番悲惨だったのはこちらです。
重要文化財の「東十間櫓」が石垣ごと崩れて、直下にある「熊本大神宮」を押しつぶしています。
これには言葉もありません…

IMG_5961.jpg

ここで天守閣を見上げてみます。
鉄筋コンクリート造(再建)なので原型はとどめていますが、窓は割れ瓦はほとんど落ちています。大天守の方はしゃちほこもなくなってしまっています。
熊本のシンボルの変わり果てた姿です。

IMG_5967.jpg

その後は実家に向かい、両親と再会しました。細かいことは書きませんが、とにかく無事で本当に良かったです。

こちらは夜の熊本城です。しばらく前からライトアップが再開されました。
傷ついた姿ですが、熊本の復興を見守ってほしいですね。

IMG_5972.jpg

翌朝になりました。この日は主人の家族とランチにお出かけしますが、その前の空き時間で、引き続き熊本城を見てみます。

すっかり有名になってしまった「飯田丸五階櫓」です。テレビで見た通り、崩れ落ちそうな建物を角の石垣一本で支えています。

IMG_6008.jpg

少し歩いて「二の丸広場」にやってきました。2007年のお正月に「築城400年記念祭」のカウントダウンに参加した時の場所で、お城の絶景が眺められる場所です。

ここでも大規模に石垣が崩れています。そんな中でも築城当時から残る「第三の天守」こと「宇土櫓」は健在です。これは大きな希望ですね。

IMG_6047.jpg

とはいえ、お隣の「戌亥櫓」の両脇の石垣も大きく崩れています。
空堀の部分はグラウンドになっており、主人も子供のころに野球を楽しんだことがあるそうです。

IMG_6049.jpg

楽しいランチを終えた後、東京に戻るまでにまだ時間があるので、もう少し散策を続けます。
熊本の老舗百貨店の「鶴屋」も、いよいよ全館で営業を再開したそうで、多くの人で賑わっています。

IMG_6003.jpg

そして、今回のもう一つの目的の場所へやってきました。
『くまモンスクエア』にあるくまモン営業部長室への表敬訪問です。
入口ではくまモン像のお出迎えがあります。

IMG_5977.jpg

早速、部長室へはいってみます。執務中ではありませんでしたので自由に閲覧できます。
くまモン部長の椅子に座ってみたりして、満喫です。

IMG_5993.jpg

くまモンがステージに立つ時間が近づいてくると、くまモンに一目会おうという方がどんどん集まってきます。

子供たちに加えて海外からの方も多くて、皆さんとても楽しみにされているようです。120名で入場制限がかかるため、外からの見学の方も多くいらっしゃいます。

IMG_5981.jpg

くまモンがステージに登場です!!
会場が一気に沸き立ち、笑い声に包まれていきます。我が家にとっても、初の「生」くまモンです。

愛くるしいながらも力強いくまモンが、機敏な動きで楽しませてくれます。
「くまもとが大好きで良かった~」なんて歌を、口ずさみながら盛り上がっていきます。

IMG_5985.jpg

ステージ終了後に、くまモンは会場と外から見学されてた一人一人全員と触れあい、元気を分け合ってから去っていきました。
熊本にお見舞いに帰省した我が家ですが、熊本から元気をもらって帰路につくことになりました。
長い復興に向けて、一緒に進んで行きたいと思います。

みんなで一緒に、「がまだせ、熊本!!」
(熊本弁で頑張れという意味です)

テーマ : 熊本のこと
ジャンル : 地域情報

熊本に弾丸帰省し『青ガエル』に乗りました

久しぶりに熊本に弾丸帰省をしてきました。
いつの間にか成田~熊本間にLCCのジェットスターが運行を始めていたので、利用してみることにしました。

成田~熊本間は一日二便が運行されています。LCCに乗るためにスカイライナーを利用するのも、なんとなく気が引けるので銀座からのバスを利用し成田空港へ向かいます。バスは乗り心地も良く便利でしたのでリピーターになりそうです。

こちらはLCC専用の「第3ターミナル」です。体育館のようで空間だけが用意されているような印象です。一応、フードコートとちょっとした手土産を買うようなお土産屋さんはありましたが利用者は少ない感じでした。また、お手洗いが少ないように思いましたので、利用される方はお気をつけくださいね。

IMG_5218_20160206141447478.jpg

いよいよジェットスターに乗り込みます。歩いて飛行機に向かうのも新鮮です。

IMG_5224.jpg

機内はさすがに狭いです。私はともかく、隣の主人はかなり窮屈そうです。
この日は快晴で、眼下には見事な富士山が眺められました!

IMG_5225.jpg

若干心配していたのですが、まったく無事に熊本に到着しました。熊本空港からはバスで市内に向かいます。

ここはバスターミナルの「交通センター」です。周辺の再開発が行われるようで、以前あったデパートやホテル等が解体工事に入っています。

IMG_5232.jpg

今回は帰省なので主人の実家や親戚との食事会等があり、観光の時間はあまりありません。

たまたまニュースを見ていると、熊本電鉄の『青ガエル』が近々ラストランを迎えるようです。
せっかくなので、ちょっと見に行ってみたいと思います。

IMG_5240_20160206141514f73.jpg

青ガエルが運行されているのは、「上熊本駅」~「北熊本駅」の区間なので、街中から行くには乗り換えが必要になります。

ところが、最初に乗った電車もなかなか素敵でした。

IMG_5235.jpg

そのままズバリの『くまもん電車』です。
まるでくまもんが乗客になったかのような演出で、とても可愛らしいです。

IMG_5236.jpg

そしてお目当ての青ガエルです。
以前帰省した時にはケロロ軍曹のペイントでしたが、今回はラストラン仕様になっています。

ちなみに隣に少し写っているのが後継車両のようですが、なんとオレンジラインの銀座線です!

IMG_5239.jpg

後ろ姿も写しておきましょう。
ラストランが近いためか、この日はこれまでになくお客さんが多いようです。

IMG_5258.jpg

途中にはレトロなトンネルもありました。青ガエルとの相性もバッチリですね。
これからは、ここを見慣れた銀座線の車両が走るかと思うと、これまた新鮮ですね。

IMG_5256_20160206141517759.jpg

車内の様子です。冬場にしか乗ったことが無いので気づきませんでしたが、この車両にはエアコンはありません。
夏場はこの扇風機だけが頼りだったようです。

IMG_5241_201602061415165bf.jpg

1957年にデビューしたこの青ガエルも、いよいよ2月14日にラストランを迎えます。
不採算路線の廃止とかではなく、老朽化による引退との事です。長い間お疲れさまでした。

鉄道ファンの方、お近くの方は、最後にぜひ乗ってみてください!!

IMG_5257_20160206141518b7f.jpg

慌ただしい中でも、熊本名物はしっかりと頂きました。「紅蘭亭」の太平燕(タイピーエン)です。
豚骨風味のスープに、野菜や海鮮、そして春雨がたっぷりと入っています。

IMG_5264.jpg

早くも東京に戻る時間になってしまいました。
ここ熊本空港で最後のお楽しみがありました。カードラウンジでは、こちらの球磨焼酎が無料で頂けます!
(決して飲み放題ではありません、あくまでも「試飲」です…)

IMG_5270.jpg

美味しい球磨焼酎ですっかりほろ酔いとなり、再びジェットスターに乗って帰ってきました。
慌ただしい熊本でしたが、両親と可愛い猫ちゃんと楽しく過ごせて満喫することがっできました。やっぱり故郷は良いものです!!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード