『夏の沖縄旅行』 第二日目③(最終回)

どこかにマイルでの夏の沖縄の旅も、いよいよ最終回です。
美ら海水族館周辺の観光を終えて、旅もラストスパートに入ります。

先ほどまでいたシーサイドから、一気に坂道を登っていきます。
そして、次なる世界遺産に到着しました。

『今帰仁城』(なきじんグスク)です。

s-IMG_3165.jpg

沖縄に点在するグスクの中でも、1、2を争う立派さです。
日本100名城にも選出されており、テレビ番組の「お城総選挙」でその存在を知りました。

昨日の首里城もそうでしたが、石垣の描く曲線美が魅力です。

s-IMG_3185.jpg

門をくぐり、石畳の上り坂を進んでいきます。
と、ここで遂に豪雨に遭遇です。よりによって建物が一切ない中で容赦ない雨が降り注ぎます。

大きな木の下で傘をさして、ひたすら縮こまっていました。幸い短時間で雨雲は流れていきました。
ようやく展望の良い場所に出ました。手前の茶色い部分は一気にできた水たまりです。

s-IMG_3168.jpg

山側を見下ろすと、まるでジャングルのような森の中に、石垣が眺められます。
つくづく南の島にやってきた、と思わせてくれる風景です。

s-IMG_3170.jpg

お城でいうところの本丸にあたる場所にやってきました。
特に建物はなく、このような祠のようなものがあるだけです。

大雨のせいか他に訪れる人もおらず、またまた貸し切り状態で世界遺産を堪能します。

s-IMG_3176.jpg

本丸の奥から下に降りることができました。
高い石垣の向こう側に、うっすらと海を眺めることができました。

s-IMG_3177.jpg

最後にもう一度、高台に戻って海を眺めてみました。
このグスクは標高100mにあるので、雨が上がると絶景が眺められます。

s-IMG_3183.jpg

そろそろ、今回の旅の最後の観光地に出発します。
島々の向こう側に、小さく見えている橋に向かいます。

s-IMG_3186.jpg

やってきました、沖縄本島でも屈指の絶景スポット、『古宇利大橋』です。
テレビや雑誌でよく見かけた通りの素晴らしい景色です。

雨はなんとか止みましたが、曇っているのが少し残念です・・・

s-IMG_3187.jpg

いざ、渡ってみましょう!
海の上の一本道をゆっくりと進みます。

うれしいことに、またまた貸切状態です。

s-IMG_3197.jpg

古宇利島に上陸しました。
今渡ってきたばかりの、長さ1,960mの橋が見えています。ちなみに通行は無料です。

s-IMG_3200.jpg

車だと一周10分程の小さな島ですが、島の奥に人気急上昇中のスポットがあります。
「ティーヌ浜」という名のビーチです。

この岩、何に見えますか??

s-IMG_3208.jpg

答は、ハートです!
その名も「ハートロック」と呼ばれているそうです。

嵐が出演するJALのCMに登場して有名になったようです。我が家も今回JALにお世話になっているので、これはいいかもしれません。

s-IMG_3202.jpg

いよいよ帰る時間になりました。
高速道路で一気に那覇空港まで戻ります。沖縄は運転が荒っぽいのかと思っていたら、皆さん制限速度を守って安全運転でした。

小学生の頃以来の再訪の沖縄で、おぼろげな記憶と重なる部分や、お城の石垣という新しい感動もありました。暑さが大苦手なのに、沖縄移住も良いかなぁなんて思ってしまうくらい良い旅でした。

昔、訪れた石垣島や竹富島にも再訪したいと思います!!


『今帰仁城跡』のHP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

『夏の沖縄旅行』 第二日目②

どこかにマイルでの夏の沖縄の旅、二日目の続きです。
いよいよ沖縄観光のハイライト、『美ら海水族館』にやってきました。

この旅に出る前までは、もっと那覇市内の街中にあるものとばかり思っていましたが、実際は市内から2時間ほど離れた場所にありました。
ここは、1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」の会場跡地です。

s-IMG_3137.jpg

入場口の前からは、きれいなビーチが一望できます。海の向こうにみえるのは「伊江島」です。
途中のコンビニで前売券を買っておいたので、若干お安く入場することができます。

さあ、入場してみましょう。

s-IMG_3138.jpg

入場すると、まずはサンゴの海がお出迎えしてくれます。
いきなり面白い形のお魚がやってきました。

「ヘラヤガラ」という名前です。英語名は「トランペットフィッシュ」とのことで、妙に納得です。

s-IMG_3139.jpg

もちろんカラフルな熱帯魚たちもたくさんいます。
みんな、ぬったりと我が物顔で泳いでいます。

s-IMG_3140.jpg

こちらはクラゲの水槽です。
癒されるということでブームのようですが、ボーっと眺めていると、たしかに妙に落ち着きますね。

s-IMG_3143.jpg

いよいよ主役が登場です!
巨大な水槽の中を、これまた巨大なジンベエザメがゆったりと泳いでいます。

手前のお客さんたちと比べると、その大きさが際立っています。

s-IMG_3146.jpg

しばらくすると、もう一匹のジンベエザメも現れました。
でも、よくみると鼻先にいる一匹の魚が堂々と先導しています。

コバンザメというのはよく見かけますが、先導魚?というのは初めて見ました。
(巨大なコバンザメなのかもしれません…?)

s-IMG_3147.jpg

ここ「アクアルーム」からは、回遊する魚を見上げることができます。
タイミングよく、日本初展示の真っ黒なエイ「ブラックマンタ」が飛び去って行きました。

普通のマンタはお腹は白いのですが、このようにお腹も真っ黒な個体は世界的にも例が少ないのだそうです。

s-IMG_3151.jpg

館内の見学の後は、外部の施設に向かいます。
こちらは「オキちゃん劇場」、イルカショーが開催されています。

ダイナミックなイルカの動きを堪能することができました。
しかもこの劇場と、マナティー館、ウミガメ館の見学は、なんと無料です!

s-IMG_3157.jpg

充実した水族館を堪能した後は、少しご近所を巡ってみたいと思います。
水族館から車で数分の、ここは『備瀬のフクギ並木』です。

s-IMG_3159.jpg

この集落には、防風林として約2万本ものフクギが植えられいます。
昔ながらの沖縄風の屋敷も並んでいて、いい雰囲気の並木道です。

s-IMG_3161.jpg

フクギは漢字では「福木」と書くそうです。
歩いていると、幸せを呼ぶパワースポット「夫婦福木」が現れました。

またまた夫婦円満をお願いしておきました。

s-IMG_3162.jpg

沖縄をすっかり満喫していますが、だんだん残り時間が少なくなってきました・・・
この後は、もう一つの世界遺産を目指して、旅のラストスパートです!

~つづく~

『美ら海水族館』のHP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

『夏の沖縄旅行』 第二日目①

どこかにマイルでの夏の沖縄旅行の二日目です。
今朝はなんとか雨は止んでいるようです。朝食もそこそこに、さっそくドライブを開始します。

今日は北部を巡る予定です。しばらく走ったところで、最初の休憩を取ります。
「道の駅かでな」に立ち寄りました。

s-IMG_3101.jpg

この道の駅の屋上からは、米軍の嘉手納基地が一望できます。
飛行機が見えますが、さすがに週末の飛行は限られているようです。

館内の学習展示室には、嘉手納町と基地の歴史が分かりやすく展示されています。

s-IMG_3099.jpg

そして、少し早めのランチを頂きたいと思います。
立ち寄ったのは恩納村にある、その名も『シーサイドドライブイン』です。

まるでルート66沿いにでもあるかのような、アメリカンな雰囲気のドライブインです。

s-IMG_3120.jpg

NHKの「72時間」というドキュメンタリー番組に取り上げられていたので、その時から気になっていたお店です。1967年に創業した、沖縄で最初のドライブインなのだそうです。

店内もアメリカン&沖縄の雰囲気満載で、ジュークボックスや古いバイク、そして熱帯魚が飾られています。

IMG_3104-COLLAGE_20190825092112d97.jpg

店内はすでに混みあっていますが、運よく窓際の席に案内されました。
名前の通り、ガラスの向こうにはビーチが広がっています。しばらく眺めていると、海水浴を楽しむ人たちもいて、楽しそうでした。

s-IMG_3103.jpg

あまりお腹は空いていないので、軽めにチーズバーガー、お店の名が付くシーサイドサンド、72時間で大人気だったスープを頼みました。

パンが軽くサックッとしていて美味いです。沖縄風のスープも昨日と同じ豚骨風味で、なんだか癖になるお味です。

IMG_3106-COLLAGE.jpg

お店の外にはテイクアウトコーナーが設けられています。24時間営業で、夜中でもひっきりなしにお客さんがやってくるようです。

ドライブやバイク旅の立ち寄りスポットしては、最高ですね。

s-IMG_3117.jpg

そろそろ本日最初の絶景スポットにまいりましょう。
同じ恩納村にある『万座毛』です。

ゾウさんの鼻の形に似た、断崖絶壁が特徴的です。

s-IMG_3123.jpg

「万座毛」の名前の由来は、「万人を座らせることができる野原」という意味なのだそうです。
雨は降っていませんが、台風の影響で波は激しいです。

s-IMG_3130.jpg

琉球石灰岩の切り立った崖と、きれいな海のコントラストが素敵です。
沖縄らしさ満点の、素晴らしいスポットです。

s-IMG_3129.jpg

広い芝生の台地を半周すると、湾の向こう側に突き出たホテルが見えてきました。
万座ビーチとANAインターコンチネンタルホテルです。

1984年に、薬師丸ひろ子さん主演の映画「メインテーマ」のロケ地にもなった場所です。

s-IMG_3133.jpg

右手に目をやると、夫婦岩が見えました。「トベラ岩」というそうです。
残念ながら映画の野村宏伸さんではありませんが、主人と仲良くできるようにお願いしてきました。

s-IMG_3132.jpg

駐車場に向かう道端に、まるでパイナップルのような果実を見つけました。
ところが、これは「アダン」というタコノキ科タコノキ属の常緑小高木の実です。

たくさんあったのですが、食用にはあまり適していないそうで、ちょっと残念です。

s-IMG_3122.jpg

ここまで沖縄らしさ満点で、気分は最高です!
この後はさらに北上し、沖縄観光の定番「美ら海水族館」を訪れます。

~つづく~

『シーサイドドライブイン』のHP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

『夏の沖縄旅行』 第一日目②

どこかにマイルでの夏の沖縄の旅、一日目の続きです。
本島南部のドライブを終えた後は、那覇市内に戻ります。
これから、世界遺産の『首里城』を見学します。

まず最初に現れるのは、あの「守礼門」です。
最近(もともと?)めっきり見かけなくなった、二千円札に描かれている門です。

s-IMG_3074.jpg

守礼門を過ぎてしばらく進むと、「園比屋武御嶽石門」(そのひゃんうたきいしもん)があります。
門の形をしていますが、実際は国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所なのだそうです。国の重要文化財に指定されています。

s-IMG_3052.jpg

ここから正殿までは、いくつかの門を通って登っていきます。
次は「歓会門」です。中国皇帝の使者「冊封使」を歓迎するという意味でこの名が付けられたそうです。

沖縄独特の曲線の石垣が目を引きます。

s-IMG_3053.jpg

門の中に入ると、少し下ったところにきれいな湧水がありました。
約500年間使用されている「龍樋」から、澄み切った水が流れてきます。
王宮の飲料水として使われてきた、由緒ある水です。

s-IMG_3055.jpg

まだまだ門が続きます。こちらは「漏刻門」です。
漏刻とは水時計のことで、門の上の櫓に水槽を設置し、水が漏れる量で時間を計ったといわれています。

s-IMG_3056.jpg

いよいよ城内の有料エリアに入ります。
「正殿」とその前に広がる「御庭」です。

まさに沖縄のシンボルとも言える立派な御殿です。なぜか正面の御庭の中央の道とは正対していない建てられ方になっています。

s-IMG_3060.jpg

正殿の正面には、龍が立ち上がったかのような「大龍柱」が建てられています。

s-IMG_3063.jpg

いわゆる唐破風の上には、正面を向いた大きな龍の棟飾が設けられています。
また、日本のお城では鯱が乗っている部分にも、やはり龍が飾られています。

これら以外にも至るところに龍が飾られており、独特の琉球様式を観ることができます。

s-IMG_3061.jpg

それでは内部の見学を開始します。
建物の奥には、このような庭園が造られています。雰囲気は日本庭園のようですが、植わっている植物を見ると、やっぱり南国ですね。

s-IMG_3064.jpg

いよいよ中心部に進んできました。
このひと際豪華な空間は、「御差床」(うさすか)という名前で、琉球国王の玉座です。

後ろに架かる三つの扁額は、清の最盛期の皇帝、康熙帝、雍正帝、乾隆帝からそれぞれ贈られたもの(複製)なのだそうです。

s-IMG_3065.jpg

最後に、あらためて高台から周辺を眺めてみます。
通用門である「久慶門」とその両脇のきれいな石垣のアーチが印象的です。

そろそろ首里城を後にしたいと思います。

s-IMG_3073.jpg

次に訪れたのは、すぐ近くにある世界遺産です。
琉球王朝の王族が眠る陵墓、『玉陵』です。

s-IMG_3080.jpg

2018年に沖縄の建造物としては初めて国宝にも選ばれています。
首里城から徒歩数分で、世界遺産&国宝にもかかわらず、訪れる人は少ないようです。

我が家も貸し切り状態で、じっくりと見学させていただきました。

s-IMG_3078.jpg

ここからは雰囲気を変えて、王道の観光を続けます。
沖縄に来たからには、やっぱり「国際通り」に行ってみましょう。

観光客で賑わう(写真がありませんが)国際通りから、少しレトロな感じのする「市場本通り」に入ってみました。
台風シーズンにはうれしいアーケード内には、地元の食料品を売るお店がずらりと並んでいます。

s-IMG_3081.jpg

しばらく進むと、「第一牧志公設市場」が現れました。テレビの旅行番組でよく取り上げられるので、秘かにチェックしていた市場です。

ところが、なんと閉鎖されています!?

実は市場の整備が終わる2022年までは、近くの仮設市場で営業しているそうです。
もちろん立ち寄って、カラフルな地元産のお魚などを見学させてもらいました。

s-IMG_3082.jpg

さて、いよいよお待ちかねのディナーの時間です。
事前にリサーチしていた主人が、「沖縄らしいお店に行くよ!」と張り切っています。

そして、やってきたのがこちらのお店、『ジャッキーステーキハウス』です。
沖縄料理の店かと思っていたら、まさかのステーキ!?でも確かに沖縄らしいかもしれません。

s-IMG_3083.jpg

入店すると、地元の人気店らしくズラリとサインが飾られています。
沖縄のスター、具志堅用高さんやBIGIN、さらには何かと話題の今井絵理子さん等が目につきます。

そして入店前からなんとなく気になっていたのですが、実は私はこのお店は初めてではありません!
子供の頃に家族旅行で沖縄に来たことがあったのですが、その時ステーキを食べに来たお店でした。

s-IMG_3091.jpg

まずはサラダとスープがでてきました。
このスープが独特で豚骨スープにホワイトソースで濃度をつけたようなお味です。胡椒をかけていただきます。

s-IMG_3084.jpg

こちらはお店の看板メニュー、テンダーロインステーキのLサイズ、もちろん主人の注文です。
グラム数は忘れてしまいましたが、メニューに書いてあるよりも大きいアメリカンサイズです。テーブルに置いてあるソースや調味料で好みの味を付けながらパクパクと食べ進みます。

s-IMG_3086.jpg

そして私は、なんとタコスを注文しました。
チェダーチーズたっぷりのこのタコスが絶品でした。シャキシャキ野菜と、たっぷりお肉が挟まれていて、小さなボトルに入ったピリ辛サルサソースをかけていただきます。このタコスを食べるためだけに、沖縄を再訪したいくらいです。主人も気に入ったようで美味しい美味しいと大喜びで食べていました。

s-IMG_3088.jpg

この後は、ホテルにチェックインしてオリオンビールと泡盛で乾杯しました!
台風に見舞われた沖縄の初日ですが、なんとか天候が回復してくれました。
明日は朝から遠出のドライブの予定です。

~つづく~

『首里城』のHP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

『夏の沖縄旅行』 第一日目①

またまた、「どこかにマイル」で旅をしました。
そして今回の行き先は、とうとう出ました、沖縄です!!

これまでは候補にすら出てこなかった沖縄ですが、ついに引き当てることができました。
これは本当にラッキーです。

旅の時期は、関東地方で雨が続いていた7月です。沖縄は梅雨明けしていたので油断していたのですが、なんと例年よりも早く台風が襲来するとの予報です。

お約束の「着陸できない場合は、羽田に引き返すかもしれません」とのアナウンスを聞きながら、運を天に任せて飛行機に乗り込みます。
そして、なんとか無事に那覇空港に到着しました。

ロビーにはミニ水族館があり、カラフルな熱帯魚が泳いでいます。気分は一気に南国です!

s-IMG_3002.jpg

さっそく空港からレンタカーに乗り込みます。ここで一気に大雨が降り始めました。
やはりラッキーなだけではないようです。。。

まずは空港から南に向かい、最初にやってきたのは『ひめゆりの塔』です。
沖縄に来たからには、やはり戦争の歴史は避けて通ることはできません。

s-IMG_3003.jpg

こちらは『平和祈念公園』です。
昭和20年に上陸した米軍との間に激戦が行われたこの地は、公園として整備されています。

慰霊祭の時には、ここに「平和の火」が灯されます。

s-IMG_3006.jpg

公園から海を眺めると、素晴らしい見晴らしです。
雨は止んでいますが、台風の影響で風と波が高く、とても険しい海になっています。

ここ沖縄を、平和な時代に旅できることに感謝しました。

s-IMG_3005.jpg

さて、ここからは陽気に旅を続けましょう。まずは腹ごしらえです。
いろいろと探していると、島に美味しいてんぷらを売っているお店があることを知りました。

奥武島にある「中本鮮魚てんぷら店」です。

s-IMG_3009.jpg

島といっても、橋で繋がっているのでアクセスは簡単です。
車を停めると、猫ちゃん達がのんびりと寛いでいます。

s-IMG_3010.jpg

このお店では、とれたて鮮魚を目の前でてんぷらにしてくれます。お値段もお手頃です。
さかな、いか、いも、もずく、やさい、紅イモコロッケを一気に頂きました。
(なんと、写真を撮る前に食べてしまいました…!)

店先では、可愛らしい看板猫ちゃんがおねだりに余念がありません…

s-IMG_3014.jpg

沖縄本島南部をドライブしながら、琉球の歴史と文化に触れていきたいと思います。
島内各地に点在する「グスク」のひとつ、『玉城城跡』に行ってみましょう。

緑に覆われた山の上に、立派な石垣が広がっています。

s-IMG_3015.jpg

標高180mの天然の要塞に築かれた城跡です。ようやく城門にたどり着きました。
夏至の日の出の際には、この門の穴から城内に朝日が差し込むのだそうです。

s-IMG_3016.jpg

城門をくぐると、眼下には海が広がっています。
遮るものがないので、海からは突風が吹きつけてきます。

s-IMG_3017.jpg

そして、近くには沖縄南部でも指折りの絶景ロードがありました。
『ニライカナイ橋』と言われる、海に向かって大きくカーブを描く全長660m、高さ80mの橋です。

あまりの眺めの良さに、一度降りた後にもう一度戻って、走り直したほどです。

s-IMG_3022.jpg

次は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されている、『斎場御嶽』を訪れます。

なかなか覚えられませんが、「せーふぁーうたき」と読みます。

s-IMG_3026.jpg

琉球王国の創生神「アマミキヨ」が作ったといわれる琉球王国最高の聖地です。
マンガで傘になっていそうな大きな葉っぱがニョキニョキ生えている、まさに南国のジャングルのような中を進みます。

s-IMG_3029.jpg

巨大な覆いかぶさるような岩の下に、壺が置かれています。
上にできた鍾乳石から滴り落ちる水滴が「聖なる水」として湛えられています。

s-IMG_3032.jpg

参拝路の一番奥には、巨岩に囲まれた三角形の空間がありました。
「三庫理」(サングーイ)と呼ばれる神域です。陽の光が神秘的ですね。

s-IMG_3034.jpg

三庫理の木々の隙間から海を眺めると、かすかに島影が見えます。「久高島」です。
アマミキヨが天から舞い降りてきて、ここから国づくりを始めたという聖なる島です。

s-IMG_3035.jpg

遠くから眺めてばかりなので、次は海に向かうことにしましょう。

いったん車に戻って、岬の先端部分までやってきました。
海に大きく突き出したここは、『知念岬』です。

s-IMG_3047.jpg

岬からは太平洋が一望できます。
曇ってはいますが、エメラルドグリーンの海はやはり沖縄、最高に気持ちがいいです!

s-IMG_3045.jpg

気の早い台風の影響で、到着すら危ぶまれた今回の旅ですが、雨もそれほど降らずになんとか楽しめています。
この後は那覇市内に戻り、世界遺産の首里城と沖縄グルメをしっかりと満喫したいと思います!

~つづく~

『南城市』の観光HP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード