『春の台湾縦断の旅』 第4日目②~第5日目(最終日)

春の台湾縦断の旅、四日目の後半です。
中正記念堂の見学を終えたころはもう夕方で、雨が降り始めました。
台北の見どころは一通り回っているので、残りの時間はグルメ探求に充てたいと思います。

まずは念願の「胡椒餅」です!
選んだお店は台北駅の近くの『福州世祖胡椒餅』です。
前回の訪問で士林夜市の屋台で頂いて、とても気に入っていたお店です。

IMG_5666_20160626151101ac9.jpg

お店というよりは小さな屋台のような感じで、目の前でどんどんと作ってくれます。山盛りの野菜とお肉を混ぜて皮に包むと、奥にある釜の内側にペタペタと貼りつけていきます。しばらくするとこんがりと焼きあがってきます。

アツアツの胡椒餅を火傷しないように気を付けて、かじります。小麦の香ばしい香りが広がります。それから、ジュワっと肉汁と餡が出てきました。美味しいくて、夢中で食べてしまいました。

IMG_5665_20160626151118472.jpg

ホテルに戻ったら、もうすっかり夜になっていました。
最後の夕食ですが、疲れも溜まっているのであまり遠出せずに済ませたいと思います。

初日に食べて美味しかった「黄記魯肉飯」を覗いてみたのですが、夜はすぐに閉まるようです。
そこで、少し歩くのですが、もう一つの魯肉飯の人気店を訪れることにしました。

IMG_5672_20160626151123521.jpg

こちらがその店、『丸林魯肉飯』です。すごく立派な店構えです。

時間が遅かったから品数は少なかったですが、カウンターを指差しながら野菜料理も選んでみました。魯肉飯も美味しくて、野菜料理は薄味でヘルシーなお食事を頂くことができました。

IMG_5670_20160626151121e04.jpg

やはり量が少なめの魯肉飯なので、もう少しお腹には余裕があります。

いつの間にか『雙城夜市』に足が向かってしまいました。初日は眺めるだけでしたが、今夜こそチャレンジしてみたいと思います。

IMG_5669_201606261511209f1.jpg

品定めしながら歩いていると、テキパキと餃子や麺類を作っている屋台に出会いました。
目の前のテーブルで食べている皆さんの表情も笑顔なので、期待ができそうです。

IMG_5674_20160626151124306.jpg

水餃子をテイクアウトしました!
お供には「18天台灣生啤酒」を選びました。賞味期限がなんと、たったの18日という台湾ビールの生ビールです。

ツルンとした餃子は、野菜たっぷりで箸が進みます。ビールもプレミア感があって、ビール、餃子、ビール、餃子の繰り返しであっという間に完食です。

IMG_5675_20160626151102daf.jpg

朝になりました。いよいよ帰国日ですが、早起きしてチェックアウト前にお出かけします。
最後にお参りをしたいと思い、有名なパワースポットの『行天宮』に向かいました。

IMG_5683_201606261512068ef.jpg

信心深い台湾の方達だけあって、朝から参拝客で賑わっています。
ここ行天宮は関羽が祀られている商売の神様です。ちゃんとお給料がもらえて、もう一度台湾に来ることができるようにとお願いしました。

IMG_5679_20160626151205e2f.jpg

もちろんこの辺りに来たのは、お参りのためだけではありません。
最後の朝食に選んだお店は、『喜多士豆漿蛋餅』です。

IMG_5689.jpg

最終日にして、ようやく旅の目的のひとつ鹹豆漿を食べることができます!
ザーサイや油條や小エビ等が入っている、このトロンとかたまりかけたような温かい豆乳が日本にも上陸すれば良いのにと、秘かに願っています。

鹹豆漿の他にも、もち米の台湾風おにぎりや、蛋餅を頂きました。
人気店のようで、近隣の方や出社途中の方々がひっきりなしに訪れて持ち帰りをされていました。

IMG_5688_20160626151207be8.jpg

チェックアウトを済ませて、いよいよ桃園空港へ向かいます。
ホテルの目の前のバス停から空港行のバスに乗れるので、とても便利でした。

IMG_5697_20160626151211f71.jpg

さっき朝ごはんを済ませたばかりですが、フードコートを覗いているとお腹が空いてきました。
名残惜しさもあって、台湾でもう一食頂いてから帰ることにしました。

日本にも進出している『春水堂』というお店で、麺を頂きました。
この麺がツルツルモチモチでしっかりとした腰があります。台湾にしては珍しくしっかりとした味付けで、麺と具を混ぜて頂くと、ピリ辛風味で美味しいです。
台湾は最後まで食で楽しませてくれますね!


IMG_5693_20160626151209974.jpg

我が家にとっての二度目の台湾は、新幹線での縦断やグルメ散策ととても充実した旅になりました。
ますます台湾が気に入ってしまいました。

まだまだ行きたい場所も見つかってきたので、数年に一度のペースでコツコツ再訪して、少しずつ極めていきたいと思います!!


テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

『春の台湾縦断の旅』 第4日目(台北編)①

久しぶりに台湾旅行の記事に戻ります。春の台湾旅行の四日目です。
今日は高雄を後にして、再び台北に戻ります。

朝一番に新幹線に乗り込みます。お目当ての駅弁はまだ売っていません。そこで、セブンイレブンの肉まんを買ってみました。
さすがに台湾なのかセブンなのかは分かりませんが、これが結構おいしいです。

IMG_5629.jpg

新幹線とバスを乗り継いで、再び今宵の宿のサンルートホテルに戻ってきました。
決して豪華ではありませんが、便利な立地と日本語が通じるので、とても気に入っています。

IMG_5631.jpg

ホテルに荷物を預けたら、さっそく市内観光にお出かけです。今日のランチのテーマは、ずばり「小籠包の食べ比べ」です!

まずは前回の旅の時から行ってみたかったお店、『小上海』です。
ホテルの前からバスに乗り、うまい具合に乗り換えなしでお店のすぐ側まで来ることができました。

IMG_5637.jpg

店頭で人数を告げると、「ちょっと待って」と言われて、テーブルの用意が整ったら通されました。地元の方に交じって日本からのお客さんもちらほらいらっしゃいます。

日本語のメニューを受け取って早速注文します。セルフのお茶と、小菜コーナーのきゅうりのたたきを持ってきてつまんでいると、、春雨スープに湯葉やお揚げさんが入っている油豆腐細粉が出てきました。薄味で美味しくてスルスルと箸が進みます。

IMG_5632.jpg

しばらくすると、小籠包が出てきました。少し厚めの皮をちょっとかじると、ホタテ風味のスープがジュワっと出てきました。
アツアツのスープをすすりながら、生姜やタレを絡めてパクパクと食べ進みます。

IMG_5634.jpg

ついついお腹いっぱいまで食べてしまいそうになりますが、グッと我慢です。そして近くにある二軒目のお店に向かいます。

すぐ近くに新店舗がオープンした、こちらも人気店の『蘇杭點心店』(民生支店)です。

IMG_5640.jpg

こちらは今どきの新しくてお洒落なお店という感じです。
こちらも日本語のメニューが用意されていました。大好物の酸辣湯を頼んでみました。
辛味と酸味と旨みが混じったとろみのあるスープです。体が中からポカポカと暖まってきました。

IMG_5638_20160619141336c79.jpg

こちらでも小籠包を頼んでみます。
薄めの皮で、お肉のスープが染み出ています。小上海と甲乙つけがたい美味しさです。

IMG_5639.jpg

美味しい小籠包を満喫しお腹一杯ではありますが、やはりデザートは別腹です。
これまた近くにあるパイナップルケーキの名店、『微熱山丘』に向かいます。

この辺りは松山空港の近くなのですが、お値段の都合で桃園空港を利用する我が家には、これまで縁のなかったエリアです。このお店には、帰国便の出発待ちで立ち寄る日本の方も多いそうです。

IMG_5642.jpg

このお店の最大のウリは、お洒落なカフェ風の店内での試食です!
このようにお茶と一緒に高級パイナップルケーキが丸ごとひとつ試食できます。寛げる空間で、旅の緊張や疲れを癒してくれます。

もちろん職場へのお土産に、たっぷりと購入しました。ところがこのお店のパイナップルケーキは重たく、持ち歩きが結構大変です。帰国直前に購入される方が多い理由が分かったような気がします。

IMG_5641.jpg

すっかり膨らんだお腹を抱えて観光に出発です。
バスを乗り継いてやってきたのは『迪化街』で、乾物、高級食材、漢方薬等の老舗がずらりと並ぶ、台北で最も古い問屋街です。

軒先に並ぶいろんなものを眺めて歩くと、いつまでも飽きることがありませんでした。

IMG_5645.jpg

その後は、やっぱり台湾らしい場所にも行っておこうということで、「自由廣場」を再訪しました。
相変わらず広々としていて、気持ちがいい場所です。

IMG_5650.jpg

広場の奥にあるのは、もちろん『中正紀念堂』です。
蒋介石の享年と同じ数の89段の石段を登って、内部に入ってみます。

IMG_5656_201606191418479dd.jpg

記念堂の内部では、折よく衛兵交代の儀式が行われていました。
前回も見学したのですが、相変わらずキビキビとした動きで、見ている側の気持ちもピリッと引き締まります。

IMG_5658.jpg

この後は、旅の最後の夜になります。
まだまだ台湾グルメを食べたりないので、しっかりと食べて飲んで楽しんでから帰りたいと思います。

~つづく~

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

『春の台湾縦断の旅』 第3日目(高雄・台南編)②

春の台湾縦断旅行の三日目の後半です。
古都台南でランチを終え、午後の観光を続けます。
台南市街の観光地は比較的コンパクトなので、徒歩でも十分に回ることができます。

こちらは日本統治時代の高級料亭「鴬料理」です。現在は公園として開放されています。
内部の見学も可能で、中に入ると日本の演歌が流れています。思わず口ずさんでしまいました。

IMG_5580.jpg

周辺には歴史ある寺院が点在しています。
こちらは「天壇」です。天壇というと北京にある世界遺産が有名ですが、ここ台南のものも1854年に建てられたそうで、かなりの歴史がありそうです。

道教の最高位の神様である「玉皇大帝」をまつっており、額にある「一」の文字は、台湾で一番美しい一の字なのだそうです。

IMG_5583.jpg

この日の台南では盛大なお祭りが行われていました。
テレビで見たことのある盛大な爆竹や昼間なのに花火が連発されています。

地元の人たちによる出し物が各寺院をめぐるようで、吹奏楽や仮装行列等が次々と通り過ぎていきます。この娘さんたちは、地元の高校生だと思いますが、可愛らしい踊りを披露して見物客の人気を博していました。

IMG_5587.jpg

バスを降りて、結構歩いてきました。ようやく台南観光の中心地、『赤嵌楼』に到着です。
台南最古の歴史建造物で、1653年に台湾を占領していたオランダ人よって建てられました。建造当時は「プロビデンシャ城」とよばれていたそうです。

IMG_5590.jpg

ここでも鄭成功が登場です。鄭成功はもともと明の軍人でしたが、明の滅亡により台湾に渡り、当時台湾を占拠していたオランダ人を追放しました。この像は、その時の様子を再現したものです。

その後は名称を「承天府」と改められ、台湾全島の最高行政機関となったそうです。
オランダ様式、中国様式、さらには日本様式も混在する見応えのある史跡でした。

IMG_5589_2016050815301591c.jpg

市の中心部は一通り見終わったので、バスで少し移動します。熱帯だけに台南はかなり暑いです!
ふらふらになりかけていたところで、冷房の効いたバスに救われました。

元気を取り戻したところで、もうひとつの目玉スポットの『安平古堡』にやってきました。
そしてまたしても鄭成功です。碑文には「民族英雄」と刻まれており、ここ台南ではまさに欠かせない人物のようですね。

IMG_5601.jpg

安平古堡は台湾最古の城塞で、やはりオランダ人により17世紀に建造されました。
当時は「セーランジャ城」と呼ばれ、植民統治と貿易の拠点として使用されていました。

鄭成功がオランダ勢力を駆逐した後は、「安平城」と改名し鄭氏政権3代にわたって支配者の居城となり「王城」と呼ばれるようになりました。要塞だけに、当時はこのように大砲も備えられていたそうです。

IMG_5604.jpg

展望塔が設けられていたので、登ってみました。
それほど高いわけではありませんが、台南の町並みを360度見渡すことができました。台北や高雄と違い、やはり台南の風景ははややレトロな感じがします。

IMG_5608.jpg

ほんの一か所だけですが、オランダによる築城当時の城壁が残されていました。

IMG_5613.jpg

さて、かなり充実した台南観光を終えて、そろそろ宿のある高雄に戻りたいと思います。
再び高鐵のシャトルバスを拾い、台南駅から高雄駅へと新幹線で帰ってきました。

  

日中はあれほど暑かった台南と高雄ですが、日が暮れると急に気温が下がってきました。調子に乗って短パンTシャツの主人は今度は寒がり始めました。ホテルに服を取りに戻るのも面倒なので、我慢してもらい夕食に向かいます。

ここは地下鉄「美麗島駅」です。世界最大のステンドグラスアートと言われているようで、駅とは思えない美しさです。今夜のディナーはこの駅の近くのお店です。

IMG_5618_201605081530424ff.jpg

ここが今夜のお店、『鄧師傅』です。
そうです、昨日のランチに太平洋SOGOのデパ地下で頂いたお店と同じです。すっかり気に入ってしまったので、今夜は本店の味を堪能したいと思います。

IMG_5623.jpg

ショーケースには美味しそうなお惣菜が並んでいます。持ち帰りのお客さんも多くて、出来立てのお惣菜が運ばれてきてはカラになっていきます。

我が家も指差しで、セロリの炒め物、スナップエンドウの炒め物、名物の肉団子、鶏料理を選んでみました。どれも出来たてで、とても美味しいです。主人はご飯のおかわりまでしていました。

IMG_5621.jpg

高雄から台南への日帰りトリップは大成功でした。心配していた高鐵の台南駅から市街地への移動も、シャトルバスの利用でうまくいきました。
明日は高雄に別れを告げて、再び台北に戻って観光を続けます!

~つづく~

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

『春の台湾縦断の旅』 第3日目(高雄・台南編)①

春の台湾縦断旅行の三日目です。今日は高鐵パスを使い、台南まで足を延ばしてみます。
その前に、まずは朝食です。早起きをして早速お出かけします。

今朝のお店は「興隆居」というお店で、お店の前には長蛇の列ができている、ちょっとした有名店です。こちらが名物の肉まんです。肉汁たっぷりの薄味の餡が美味しい包にくるまれていて朝食にぴったりの肉まんでした。

IMG_5535.jpg

一度ホテルに戻って、改めて出発です。
高雄と台南は隣町なので、新幹線(高鐵)を使わなくても、結構簡単に移動ができます。
調べてみると、むしろ新幹線を使う方が不便なようです。それでも、せっかくパスがあるので、あえて高鐵で向かうことにしました。

高鐵の「高雄駅(左営駅)」は、高雄市の北方に位置しています。
近くに有名観光スポットがあるそうなので、新幹線に乗る前に立ち寄ってみることにします。

IMG_5556.jpg

ということで、左営駅からさらに路線バスに乗ってやってきました。『蓮池潭』です。
旅行パンフレットではお馴染みの、「龍虎塔」が池の中に聳えたっています。

IMG_5544.jpg

ここはパワースポットで、左手の龍の口から中に入り右手の虎の口から出てくることで、災いを追い払って福を呼ぶことができるのだそうです。

さっそく中にはいってみます。塔は上に上がることもでき、このようないかにも中国(台湾)的な眺めを楽しむことができます。

IMG_5549.jpg

龍虎塔から道を渡ったところにもパワースポットがありました。
医学の神様をまつっているという「慈済宮」です。相変わらず台湾のお寺はとっても派手です。

IMG_5553.jpg

訪れる前は、子供だましのスポットかとも思っていた蓮池潭ですが、実際に体験してみると、なかなか楽しい場所で、とても気に入りました。すっかり満足したところで、いよいよ台南に向かいます。

新幹線を使うと、高雄から台南まではわずか10分足らずです。自由席に座って一息つくと、もう到着のアナウンスが聞こえてきます。

IMG_5616.jpg

こちらが「台南駅」の様子です。新しくて大きい駅ですが、人はあまりいないようです。

というのも、この高鐵の駅から台南の中心部は結構離れています。ここから台鉄に乗り換えて20分ほどなのですが、本数がかなり少なめで随分と待たなければなりせん。

IMG_5615_201605062231205f3.jpg

発車まで時間があるので、駅の周りを散策しているとバスが並んでいます。
よく見てみると、高鐵が出している台南市内行きのシャトルバスです。しかも料金は無料、これは使わない手はありません!

IMG_5562.jpg

バスは座席も広く快適です。それでもやはり距離はあるようで、中心部まで1時間近く掛かったようです。
車窓から眺めると、台湾の英雄「鄭成功」の騎馬像が見えてきました。

IMG_5561.jpg

バスを降りて、まず最初に『孔子廟』に立ち寄ります。
ここは台湾最古の孔子廟で、台湾で最初の学校でもあります。確かになんとなくアカデミックな雰囲気が漂っています。

IMG_5567.jpg

この近辺には、歴史的建造物がたくさん残されています。
このレンガ造りのお洒落な建物は、日本統治時代に日本の建築家によって建てられた元・台南州庁で、現在は『国立台湾文学館』として使用されています。

IMG_5572.jpg

さて、お待ちかねのランチの時間です。
台南に来たからには、やっぱり台南名物を食したいと思います。

台南名物「担仔麺」の老舗、『度小月』にやってきました!

IMG_5578.jpg

お店はこじんまりとしていて、日本からの観光客の方が多く、お店の方も片言の日本語で案内してくれますので安心です。早速、名物の担仔麺に味付き卵トッピングと、魯肉飯を注文しました。

担仔麺は、小ぶりな可愛らしい風貌で現れます。まずはスープから頂くと、海老の出汁がきいていて美味しいです。ただ、とても小ぶりでしたので、主人は一瞬で完食してしまい味わう間も無かったようです。他のテーブルを見ていても男性陣はそんな感じでした。私としては、熱帯気候の台南なので、少量づつを小分けに食べるスタイルが気に入りました。

IMG_5576.jpg

台湾の「古都」台南は独特の雰囲気を持った魅力的な街です。
高雄からの日帰り旅ですが、この後も時間の許す限り、史跡巡りを楽しみたいと思います。

~つづく~

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

『春の台湾縦断の旅』 第2日目(高雄編)②

春の台湾縦断旅行の二日目の後半です。
ホテルで休憩した後は、『旗津半島』を目指します。
すっかり熱帯リゾート気分の主人は、早くも短パンとTシャツに着替えています。

MRT「西子湾駅」から人の流れに沿って10分ほど歩くと、フェリー乗り場に辿りつきます。

IMG_5477_20160410104144382.jpg

ここ鼓山フェリーターミナルから対岸の旗津までは、約5分の小さな船旅です。
ご覧のようにバイクや自転車で乗り込む人が多いようです。徒歩で乗り込む人も多く、行列ができています。料金も15ドルと格安です。

IMG_5478.jpg

フェリーが出航しました。距離は短いですが、クルーズ気分は十分満喫できます。
湾越しに、先ほど訪れた「高雄85ビル」が眺められます。やはり高雄ではひときわ高い建物です。

IMG_5485.jpg

早くも対岸のフェリーターミナルが近づいてきました。
レンガ造りのレトロな建物です。さあ、いよいよ上陸します。

IMG_5490.jpg

旗津半島内の見どころは、割とコンパクトにまとまっているため徒歩でも十分楽しめます。
灯台に向けて坂道を登っていくと、見晴らしのいい場所に出ました。

もともとは対岸と地続きだったのを、船を通すために切り離されて島になったそうです。
ちょうど向こう岸には、観光スポットの「英国領事館官邸跡」があります。

IMG_5496_201604101041505a0.jpg

灯台まで登ったものの、なぜか閉まっており、写真も写せる場所がありませんでした。
そこから少し下ったところに、堅固な「旗後砲台」(砲台跡)が残されています。

IMG_5510.jpg

清朝時代の1875年に建造された砲台は、砲台というより巨大な要塞のようです。
砲台という性質上、かなり見晴らしの良い場所に設けられてますので、平和になった現在では絶好のビュースポットとなっています。

IMG_5503.jpg

砲台は西側の外洋に面して作られているので、夕日スポットとしても有名なようです。
今は雨季とはいえ、なんとか太陽は出ています。日没にはまだ時間がありますが、なんだかモネの「印象・日の出」のような写真が撮れたと、主人が自画自賛です(??)。

IMG_5507_20160410104212383.jpg

砲台から見下ろすと、砂浜が広がっています。
日没までもう少し時間がありそうなので、あちらに下りて眺めてみることにします。

IMG_5506_20160410104211d38.jpg

上から眺めたよりも実際は距離がありましたが、ようやく砂浜までやってきました。
いつの間にかお日様は雲に隠れてしまったようですが、日暮れ時の静かな雰囲気をゆったりと楽しむことができました。

IMG_5512_20160410104214bf0.jpg

ビーチからフェリーターミナルまでは、道の両側にびっしりと海産物を扱うお店が並んでいます。
屋台もたくさん出ており、まるでお祭りのような賑わいです。

この後は、再びフェリーに乗って夕食に向かいます。

IMG_5517.jpg

一体ここは、秋葉原か!?

実はここは、MRT「塩埕埔駅」の構内の「前進吧!高捷少女」という地下鉄のキャラの実物大のパネルです。
ある意味これも日本文化なのでしょうが、なかなかのインパクトでした。

IMG_5519_20160410104245aad.jpg

「萌える」塩埕埔駅からしばらく歩いたところが、今宵のディナーのお店です。
前回の台北旅行で食べた牛肉麺に大感動した主人の希望で、高雄の牛肉麺の名店、『港園牛肉麺館』です。

IMG_5523.jpg

メニューはシンプルでした。牛肉麺の他には、豚足が乗っているものが人気のようです。多くの方が、写真奥の汁なしを注文されています。麺が平たい腰のあるうどんのようで、ツルツルモチモチしていて、味が絡んでいてとても美味しいです。このお味を的確に表現することができないのが心苦しいですが、とにかくとても美味しいです。お勧めは人気の汁なしです!

IMG_5521_20160410104247da8.jpg

お店を出て少し歩くと、涼しげな川に出ました。見ると、またまたくまモン高雄熊が登場です。
しばらく見ていると、夜なのに何人もの人が記念撮影をしています。この熊ちゃん、やはりなかなかの人気者のようです。


IMG_5526_201604101042487de.jpg

こちらの川は、その名も「愛河」で、夜はきれいにライトアップされるそうです。
地図を見てみると、MRTの駅まで戻るよりも川沿いに歩いた方がホテルが近そうです。
夜景もきれいなので、のんびりと涼みながらホテルに向かいました。

IMG_5528_201604101042505fc.jpg

一旦ホテルに戻りましたが、まだまだ体力は残っています。それならば、ということで夜市見物に出かけました。
幸いなことに高雄一の夜市、『六合夜市』が徒歩圏なので、散歩がてらに行ってみました。

港町なので、新鮮な海鮮屋台が人気のようです。ピチピチ跳ねているエビを串刺しにして焼いているのが、どんどん売れていました。中国大陸からの観光客の方が多いようで大変な賑わいでした。

IMG_5534_20160410104251895.jpg

台湾縦断の旅の二日目は、かなり充実した一日になりました。
明日は高鐵パスを活用して、隣町の古都「台南」を訪れます。

~つづく~

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード