旅の思い出 『スペイン・ポルトガルの旅』 ポルトガル編②

スペイン・ポルトガルの旅も今回が最終回です。
当時はデジカメのカードを1枚しか持っていなかったので、旅の終わりが近づくにつれて節約モードになり写真が減ってきました。

さて、今日はいよいよユーラシア大陸の最西端『ロカ岬』を目指します。
リスボンから電車で、まずはカスカイスという町に向かいます。途中の車窓から昨日訪れたジェロニモス修道院やベレンの塔を眺めることが出来ました。カスカイスからはバスに乗り換えます。ところが、これが普通の路線バスだっだのには少し驚きました。

北緯38度47分、西経9度30分。
いよいよ最西端の地に到着です!!

P1010013.jpg

ここには、ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの詩を刻んだ石碑が立っています。
「ここに地終わり、海始まる」

P1010011.jpg

はるか極東の日本から、とうとう西の地の果てまでやってきました。
立ち上がる断崖絶壁と、白い波濤がとてもきれいです。

P1010014.jpg

こんなのところに、きれいな黄色い花が咲いています。
花の名前は分かりませんが、ともすれば殺風景となりがちな景色に彩を添えていました。

P1010021.jpg

心おきなく海を眺めた後は、併設されているカフェで一休みします。
コーヒーを飲む主人を尻目に、私はひとりビールで乾杯しました!!

休憩の後は、ロカ岬を後にして、世界遺産の町『シントラ』に向かいました。

こちらは、『王宮』です。
尖った角のような2本の煙突が特徴的な、ポルトガル国王の夏の離宮です。

P1010022.jpg

こちらは、『ペーナ宮殿』です。
山の頂上に、まるでおとぎ話に出てくるようなカラフルなお城です。

P1010023.jpg

飾り窓には悪魔?のような彫刻が施されていました。日本でいう魔除けのような意味があるのでしょうか?

P1010025.jpg

宮殿の中も見学しましたが、ややこじんまりとはしていますがとても上品な空間でした。

宮殿から見下ろしたところに『ムーアの城跡』が見えました。
まるで万里の長城のような城壁が、山の上に築かれていました。

P1010029.jpg

さて、そろそろ山を降りて駅に向かわなければなりません。ちょうど駅に向かう最終バスに乗ることになりそうです。隣には日本人の若い青年がひとりでバスを待っていました。ところが待ってもなかなかバスがやってきません。そうこうしているうちに、車に乗ったポルトガル人の女性から「駅まで乗っていかないか?」と声を掛けられました。

私達はバスのチケットを買っていたので、最終バスを待つことにしたのですが、その青年はひとりで乗っていきました。その数分後にはバスが来ましたので、すぐに駅に着くことができました。ところが、駅にはその青年はいませんでした。いったい、彼はどうなってしまったのでしょうか・・・?

シントラ駅からはリスボンまで直通で帰ってきました。ホテルに戻ってワインをゆっくりと楽しみました。

----------------------------------------------------------------------

翌日になりました。とうとうこの旅の最終日です。
最後の観光地、『エヴォラ』に向かいます。

旧市街は「エヴォラ歴史地区」の名で世界遺産に登録された歴史ある街です。ローマ帝国時代から栄え、ルネサンスの時代には、大学もおかれた学芸の都でもあります。

街の中心には、ローマ時代に建造された『ディアナ神殿』があります。
さすがに柱と梁くらいしか残っていませんが、ローマの『フォロ・ロマーノ』を思わせる美しさです。

P1010035.jpg

近くには、『エヴォラ大聖堂』がありました。
こちらも由緒正しい教会で、かつて伊東マンショらの『天正遣欧少年使節』が立ち寄ったこともあるそうです。

教会の中には、彼らが演奏したというパイプオルガンが残されているそうです。

P1010032.jpg

この他にもローマ時代の水道橋や美味しいランチも楽しんだのですが、いよいよメモリー不足で写真が残っていません。残念です。

そして、リスボンに戻り最後の観光を楽しみました。
「7つの丘の町」といわれるリスボン名物の『ケーブルカー』に乗りました!!

P1010040.jpg

これで、スペイン・ポルトガル旅行も終了です。両国ともに大航海時代の名残か、立派な建造物がありました。また、人々がその時代を誇らしく思っているのが素晴らしいことだと思いました。

今は、ユーロがずいぶん安くなっているので、今年の夏はまたまたヨーロッパ旅行もいいかな?と考えています。
どこに行けるかは分かりませんが、今から夏休みが楽しみです!!

テーマ : ポルトガル 
ジャンル : 旅行

旅の思い出 『スペイン・ポルトガルの旅』 ポルトガル編①

ワールドカップの熱闘、スペインVSポルトガルを見ているうちに思い出しました。
スペイン・ポルトガル旅行の続きを書かなければなりません。

マドリッドからの夜行列車は早朝にポルトガルのリスボン駅に到着しました。これならまる一日を観光に使えます。
お隣の国ではありますが、スペインと比べるとポルトガルはなんとなく落ち着いた雰囲気です。

まずは、本日から宿泊する『ホリデイ・イン リスボン コンチネンタル』に行って、荷物を預けることにします。
ところが嬉しいことに、まだ朝だというのにチェックインをさせてくれました。これには助かりました。

部屋も広くてきれいで、申し分ありません。しばらく休憩してからリスボン観光に出発です。
市内の路面電車やバスに乗り放題になるフリーパスを購入しました。まずはベレン地区を目指します。

路面電車に乗って到着しました。世界遺産の『ジェロニモス修道院』です。
マヌエル様式の最高傑作ともいわれ、大航海時代の富をつぎ込んで建築された修道院です。

P1000974.jpg

内部は荘厳な雰囲気です。2階から礼拝堂を見下ろすこの位置がもっとも見事だそうです。

P1000966.jpg

先ほどとは逆に礼拝堂から見上げてみました。天井が高く広々とした空間が広がっています。
こちらには、喜望峰を越えてインド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマと詩人ルイス・デ・カモンイスの棺が安置されているそうです。

P1000959.jpg

ステンドガラスから柔らかく差し込む日光がとてもきれいでした。

P1000960.jpg

中庭に出てみました。観光客の姿もほとんどなく、本当にゆったりと時間が流れています。

P1000969.jpg

私達も、しばし時間を忘れてたたずみました・・・

P1000962.jpg

さて、お次は歩いてテージョ川沿いに出てみます。
こちらには、ポルトガル旅行のパンフレット等でおなじみの『発見のモニュメント』がありました。

その名の通り、ポルトガル栄光の大航海時代の記念碑で、先頭のエンリケ航海王子をはじめとして、約30人の像が設置されています。先ほどのヴァスコ・ダ・ガマやカモンイスをはじめ、バルトロメウ・ディアスやフランシスコ・ザビエルといった歴史の授業で習った有名人がたくさんでした。

時代と国を超えてミーハー気分を味わいました。

P1000977.jpg

さらにテージョ川沿いを歩いて、次の世界遺産に到着しました。『ベレンの塔』です。
16世紀に建設された船の出入りを監視する目的の要塞です。建築様式はジェロニモス修道院と同じマヌエル様式です。

P1000988.jpg

間近で見ると、とても要塞とは思えないほど豪華な造りです。当時のポルトガルの国力がうかがわれます。
この塔は、一方では政治犯を収容する水牢としても使われていたそうです。ポルトガルの光と影の象徴ですね。

P1000981.jpg

ベレン地区の観光を終えて、再び路面電車でリスボン市街地に戻ってきました。こちらに一風変わった建物がありました。

『サンタ・ジュスタのエレベーター』です。
これに乗って後方の丘の上に上ることができます。フリーパスが使えるようなので乗ってみることにしました。

P1000991.jpg

上からの眺めです。あまりの景色の良さに驚きました!!
きれいな茶色の屋根の彼方には、まるで海のようなテージョ川の河口が広がっています。左手の高台には『カテドラル』も見えています。

P1000996.jpg

正面にはリスボン最古の建造物、『サン・ジョルジェ城』が見えます。

城郭内から見下ろすリスボンの町並みと夕陽が美しいそうです。ちょうど夕方になってきましたので、これから見に行くことにします。

P1000995.jpg

再び路面電車にのって、さきほど遠くに見えたカテドラルの脇を登って城跡に辿り着きました。入場料を払って城壁のところに急ぎました。

絶景です!!

P1010002.jpg

日本を離れてユーラシア大陸最西端の国まではるばるやってきて、西に沈んでいく夕陽を眺めています。
とても感慨深いですね。

P1010004.jpg

完全に日が落ちて、真っ暗になるまでリスボンの町を眺めていました・・・



ポルトガルの初日はとてもいい一日になりました。
明日は、本当のユーラシア大陸の最西端、『ロカ岬』を目指します!!


つづく

テーマ : ポルトガル 
ジャンル : 旅行

旅の思い出 『スペイン・ポルトガルの旅』 スペイン編③

スペインの旅その3、最終回です。
今日は午前中にセビリア観光を行い、その後マドリッドに戻ります。

ホテルをチェックアウトして、まずは『スペイン広場』に向かいました。(写真がありません!)
そして世界遺産の『セビリア大聖堂』に向かいます。

大聖堂に近づくと、高さ98mの『ヒラルダの塔』がお出迎えです。
以前に建てられていたモスクのミナレットを使い、その上にブロンズの女神像を増設しているそうです。

P1000941.jpg

こちらが大聖堂です。スペインで最大、世界でも3番目の大きさを誇っています。
1519年に完成していますが、なんと完成までの約100年を要しています!!

当時のセビリア議会では「後世の人がみて、正気の沙汰ではないと思われる大聖堂を造る」と満場一致で決まったそうです。

P1000942.jpg

いよいよ内部に入ってみます。
まずは窓の巨大なステンドグラスです。とても幻想的な雰囲気を醸し出しています。

P1000934.jpg

そして圧巻はこれです。
この黄金の祭壇は、世界で最大級の高さ20m、幅13mだそうです。

大きいだけでなく、極めて精巧に造り込まれています。いったい、いくらの価値があるのでしょうか!?

P1000935.jpg

こちらは、かの有名な『コロンブスの墓』です。
新大陸を発見した英雄にふさわしく、彼の棺を担いでいるのはスペインの四人の王様だそうです。

P1000936.jpg

次は『ヒラルダの塔』に登ってみました。
この塔はかつてはロバで登っていたそうで、内部は階段ではなく螺旋のスロープになっています。

息を切らせててっぺんに着きました。目の前に素晴らしい眺望が開けました。
手前に見えているのが大聖堂で、その先にあるのが、これから訪れるもうひとつの世界遺産の『アルカサル』です。

P1000940.jpg

『アルカサル』にやってきました。

アルカサルはアラビア語で「宮殿」を意味します。8世紀に城塞を兼ねた王宮として、イスラム教徒の手で作られました。セビリアがキリスト教徒に奪回されてからは、歴代の王たちにより繰り返し改築が行われたそうです。

P1000931.jpg

こちらは、『大使の間』の天井です。アルハンブラ宮殿とはまた違った雰囲気ですが、やはりとても素晴らしいです。

P1000930.jpg

回廊の円柱もやはりアラビア様式です。
細かい文様は、いつまで眺めていても飽きることがありません。

P1000928.jpg

名残惜しいのですが、これからマドリッドに戻ります。
本当に、今回の旅は今までの中でもダントツの弾丸ツアーです。

セビリア駅からは、スペイン鉄道が誇るスペイン版の新幹線、『AVE』に乗ります!!
時間に正確なのが売りで、乗り心地もよく、日本の新幹線にも引けを取りません。

P100963.jpg

2時間半ほどで、今回の旅の出発点、マドリッドのアトーチャ駅に戻ってきました。
この後は、マドリッドの美術館めぐりを行います。

最初は、ピカソの『ゲルニカ』を見ようと思い、『ソフィア王妃芸術センター』に向かいました。
ところが、困ったことに改修工事中で閉館でした。残念です・・・

次に、こちらも有名な『プラド美術館』に向かいました。
ここは、15世紀以来の歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館です。

p1000867.jpg

この美術館は、とにかく広いです。
有名なゴヤやエルグレコの絵を眺めて歩きましたが、クタクタになってしまいました。

これで、今回の旅のスペイン編は終了なのですが、もうひとつ大きなイベントがあるのです。
それは、スペイン~ポルトガル間を結ぶ、寝台特急の旅です!!

思えば、セビリアから新幹線でマドリッドに戻り、そこからポルトガルのリスボンに寝台特急で移動するなんて、当時は随分な贅沢をしたものです。

寝台車は個室で、各部屋にトイレとシャワーが付いています。食事は食堂車でのディナーと朝食もセットでした。
ディナーでワインを頂いたので、あっという間に眠りに落ちてしまったため、寝台車の旅をあまり満喫できませんでした。

そして、翌朝にはポルトガルの首都、リスボンに到着しました。

つづく


※写真をほとんど撮っていませんので、この列車を紹介しているHPのリンクを載せておきます。
国際夜行列車『ルシタニア』の紹介HP(地球の歩き方)

『プラド美術館』のHP

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

旅の思い出 『スペイン・ポルトガルの旅』 スペイン編②

スペインの旅のその2です。
前日に迷った挙句に辿り着いたホテルは、結局アルハンブラ宮殿の目の前でした。(本来なら間違いようの無い場所です)

今日は朝からアルハンブラ宮殿の観光に向かいます。チケット売り場に行ったところ、入場には時間が決められているとのことで、最短でも昼前の入場になるそうです。

とりあえずチケットを買い、まずは遠くからアルハンブラ宮殿を眺めるとこにします。
バスに揺られて全体が見渡せる場所に来ました。

これが、世界遺産『アルハンブラ宮殿』の全景です!!

P1000865.jpg

711年にイベリア半島に進出したイスラム勢力は瞬く間に半島を制圧し、コルドバなどの都市では西ヨーロッパより遙かに高いレベルのイスラム文化が花開きました。しかしキリスト教勢力がこれを徐々に押し戻し、1492年にはついにイスラム最後の砦であるグラナダが陥落し、イベリア半島は再びキリスト教勢力のものとなります(レコンキスタ)。

「アルハンブラ宮殿」はそのグラナダを見下ろす丘の上に築かれた城塞・宮殿・離宮から成ります。アルハンブラとは「赤い城」という意味で、1238年にナスル朝ララマール王が宮殿の建設に着手、以後21人の王達の手によって増改築が重ねられていきます。王達はアルハンブラ宮殿の造営を通して、ただひたすらにイスラムの美を追求し続けました。

グラナダ陥落後、街のモスクは破壊されカテドラル(大聖堂)が建設されました。しかしこのアルハンブラ宮殿が完全に破壊されることはなく、現在でもその優美な姿を見せています。


再びアルハンブラに戻ってきました。入場時間が決まっているのは一部なので、その前に回れるところを見ておきます。
まずは先端の『アルカサバ』(城壁の砦)に登ってみます。この部分がアルハンブラで最初に造られた部分です。

P1000882.jpg

ここからは、グラナダの旧市街『アルバイシン地区』を眼下に眺めることができます。
白い壁の家を迷路のような路地が縫っています。

P1000880.jpg

こちらは『カルロス5世宮殿』です。
グラナダを奪還したキリスト教徒の王が建てた宮殿です。内部は円形の回廊になっています。

P1000885.jpg

次はアルハンブラ宮殿を通り抜け、宮殿の北側にある『ヘネラリフェ離宮』にやってきました。
噴水や池が効果的に配置された、避暑用の宮殿です。

P1000889.jpg

さっきとは反対側からアルハンブラ宮殿を望みます。どこからみても美しい建造物です。
そろそろ入場の時間になるので、いよいよ宮殿内部に向かいます!!

P1000891.jpg

とうとう宮殿の中心、「王宮」の内部に入場しました。
柱にはイスラム文化特有の幾何学模様の彫刻が施されています。

P1000899.jpg

ここは『アラヤヌスのパティオ』です。
宮殿の代表的な中庭で、池の水と建物の調和が見事です。

P1000905.jpg

パティオの様子を動画でも撮ってみました。雰囲気を味わってみてください。



こちらは『二姉妹の間』の天井です。
精密な彫刻が施されており、まるで宇宙を思わせる空間です。いつまで見ていても飽きることがありません。

P1000919.jpg

このときは、もうひとつの見所の『ライオンのパティオ』は修復中でした。
それでも素晴らしい列柱を間近に見ることができした。

P1000917.jpg

そしてライオンの代わりといってはなんですが、可愛い猫ちゃんのお出迎えを受けました。
スペインにいますが、なんだか和風の猫ちゃんです。

P1000922.jpg

見所が多過ぎて、時間がいくらあっても足りませんが、今回の旅はいつもにもまして駆け足の旅です。
そろそろグラナダを離れなければなりません。

この後は、再び長距離バスに乗ってセビリアに向かいます。
夕方になってセビリアの町に到着しました。セビリアは以前、万国博覧会が行われた都市としても有名です。

この日のホテルはトリップ・マカレナという大型ホテルです。今回は地図の間違いも無く順調にチェックインすることができました。

夕食は近くのピザ屋さんでテイクアウトすることにしました。ところがお店の人に、まったく英語が通じなくて、注文が出来ません。我が家もスペイン語はわからないし、旅の会話集もホテルに置いてきてしまい困ってしまいました。
隣で待っていた英語を話せるおじさんが、助け船を出して通訳してくれたので助かりました。

ということで、今日も盛り沢山の一日が終わりました。
明日はセビリア市内の観光後、マドリッドにいったん戻ります。


つづく

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

旅の思い出 『スペイン・ポルトガルの旅』 スペイン編①

ひさしぶりに旅の思い出シリーズです。
今回は少し前に行った、「スペインとポルトガルの旅」です。当時の様子を思い出しながら書いてみます。

スペインのマドリッドからアンダルシア地方を回り、その後ポルトガルへ入って、ユーラシア半島の最西端を目指します。主人にとっては、この時が初めてのヨーロッパへの旅です。

旅立ちは春でした。
ブリティッシュエアに乗って、ロンドンのヒースロー空港で乗り換えます。ロンドンからは小さな飛行機に乗り換えてマドリッドに向かいます。

空港からは事前に予約しておいた空港バスでホテルに向かいます。
初日の宿は、「ラファエルホテル・アトーチャ」という、マドリッドの玄関のアトーチャ駅の近くのホテルです。

翌朝は、マドリッドの観光をせずに、すぐにアトーチャ駅から特急電車に乗りました。いきなりアンダルシア地方を目指します!!

快適な列車に乗って、オリーブ畑が広がる中を2時間ほどで、最初の目的地、コルドバに到着しました。
アンダルシア地方のコルドバは、スペインではかなり南に位置しています。アフリカに近いこともあり、太陽がさんさんと降り注いでいます。

やしの木が青空に映えています。
ここでは、この世界遺産の『メスキータ』を訪れます。

P1000852.jpg

「メスキータ」というのは、スペイン語で「モスク」の意味です。このアンダルシア地方は、キリスト教徒とイスラム教徒の戦いの歴史の上に成り立っているのですが、イスラム王朝時代に、ここに壮大なモスクが建設されました。
後のレコンキスタでキリスト教徒がこの地を奪還した際に、このモスクのあまりの美しさのため、破壊をせずにそのままキリスト教の教会として使用することにしたそうです。

バスを降りて、歩いて入口を目指します。外壁にもイスラム様式の装飾が施されています。

P1000849.jpg

いよいよ壁の内側に入場しました。
中庭からみた「ミナレット」です。私達が眺めている間に、大きな鐘の音が響き渡りました!!

P1000845.jpg

さあ、いよいよ世界遺産の大聖堂の中に入ります。と思ったら大変です!!
この日は日曜日だったため、中でミサが行われており、ミサの出席者以外は入場禁止でした。

なんということでしょう、はるばる日本からやってきたのに入場できません。
今夜はグラナダに宿を取っているので、明日を待って入場するわけにも行きません・・・

途方に暮れて、名残惜しそうに入口を眺めていると、意外なことに気がつきました。ミサというと正装をした人々が参加するイメージがあったのですが、中に入る人たちの服装はいたって普通です。

横で主人が言いました。「こうなったらミサに参加しよう!」
主人曰く、日本で初詣のついでに教会の新年ミサに参加したことがあるそうですが、希望者は誰でも参加できたそうです。きっと、スペインでも同じだと。

意を決して、入口に向かいます。さっそくガードマンに呼び止められます。
「ミサだけですよ」と言われましたが、主人は毅然と「ミサです」と答えます。
すると、どうぞとばかりに通してくれました。作戦成功です!

中に入ると、祭壇の前に参加者が集まっています。我が家も同じように参列し、見よう見まねでミサに参加しました。
私はキリスト教のミサに参加するのは生まれて初めてです。まさか世界遺産の教会で参加するとは夢にも思っていませんでした。

厳かな雰囲気の中でミサが進んでいきます。言葉の意味は分かりませんが、とても感動しました。

ミサの後に少し中を見る時間がありました。ここでは有名な「円柱の森」といわれる馬蹄形のアーチを眺めることができました。

P1000839.jpg

結果的に、大満足でメスキータを後にしました。この後は『ユダヤ人街』という白壁と花がきれいな街路を散策して、バスターミナルに戻りました。

ここからは長距離バスで、さらに南の町グラナダに向かいます。
バスの旅というと、日本のイメージだとどうしても疲れるイメージがあるのですが、ヨーロッパのバスは座席もゆったりしており、とても快適です。

夕方にはグラナダの町に到着しました。
『グラナダ大聖堂』の前でバスを降りました。

グラナダ大聖堂は、カトリックのイスラムに対する「勝利の記念碑」として建設されたそうです。さっそく中に入ってみます。
内部は白い壁で統一されており、思いのほか明るく、とても天井が高いです。

P1000857.jpg

ここの別名は『王室礼拝堂』と呼ばれています。というのも、レコンキスタを終了させ、スペインを1つの王権下にまとめた功労者であるイサベル女王とフェルナンド王の霊廟がここにあるからです。

さすがに王様が二人も祀られているだけあって、とても立派な祭壇です。

P1000854.jpg

聖堂をでたら日が暮れかかっていたので、これからホテルに向かいます。
インターネットで予約しておいた「アリハレスホテル」というホテルです。

日本でプリントしておいた地図を見ながら歩いたのですが、ホテルの場所に行っても何もありません。
おかしいなと思ってウロウロしても、それらしいものがありません。

歩きつかれた頃に警察署があったので、お巡りさんに尋ねてみたのですが、まったく英語が通じずいっこうに要領を得ません。
困った挙句に、ホテルに電話してみたところ、どうやら地図がまったく間違っていました!!

バスに乗って、やっとの思いでホテルに到着しました。受付の人に確認したら「Googleの地図が間違っている」とのことでした。よりによって海外で地図が違っているとは!?

なんとか部屋に入った頃ににはもうクタクタでした。ホテルのレストランで軽く食事を済ませたらすぐに寝てしまいました。

こうして、ハプニングの連続の旅の2日目が終了しました。
明日は、世界遺産の『アルハンブラ宮殿』に行きます!!


つづく

※この旅の頃はブログを始める前だったので、お食事等の写真がまったくありませんのでご了承ください。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード