『北九州~山口 歴史と大自然の旅』 第1日目①

少し前の話になりますが、昨年の初冬に、また「どこかにマイル」で旅しました。
今回の行き先は、北九州空港に決定しました。少し長めの2泊3日の旅です。

朝一番の便で、海上にある北九州空港に到着しました。
このところ天候にやや恵まれなかったマイル旅ですが、今回は快晴です。
空港から西鉄バスの1日乗車券を購入し、バスと電車を乗り継いで、まずは小倉駅にやってきました。

s-IMG_4137.jpg

駅に入ると、メーテルや車掌さんといった「銀河鉄道999」の等身大にキャラクターに出迎えられました。
よく見ると、車掌さんの横の手すりに、乗客?のワンカップとお弁当の容器が残されています…

IMG_4091-COLLAGE.jpg

外のテラスには、さらに3体の銅像が建てられています。
宇宙海賊キャプテンハーロックと、メーテル、さらには鉄郎までいます。

ちなみに鉄郎はテレビ版(イケメンではないほう)です。

IMG_4081-COLLAGE.jpg

なぜ999が?と思ったのですが、原作者の松本零士さんは福岡県の出身で、幼少期にここ北九州で過ごした縁があるそうです。

それでは観光を開始します。まずはバスで少し移動します。
最初に立ち寄ったのは『松本清張記念館』、なんと北九州市立です。
北九州出身の松本清張さんに関する展示物が充実しており、お馴染みの作品に改めて触れることができます。

s-IMG_4095_20200118113257fe6.jpg

そして、『小倉城』に向かいます。
関ケ原の合戦の功で入国した、細川忠興によって本格的に築かれたお城です。

幕末には、高杉晋作率いる長州藩が攻略した場所でもあります。

s-IMG_4100.jpg

天守前の広場には、2体の銅像が建てられています。
佐々木小次郎と宮本武蔵です。

小倉藩の剣術師範だった小次郎が、武蔵と決闘を行った巌流島も小倉藩の領地です。
ただこの二人、現代風というのか、剣豪としてはかなり線が細い印象です。

s-IMG_4098.jpg

内部を見学してみます。
2019年3月にリニューアルオープンしたばかりの館内は、とても展示物が充実しています。

ゆるキャラ「トラッチャ」のお出迎えを受けました。それに「北九州市制55周年アンバサダー」の草刈正雄さんのパネルや、流鏑馬体験ゲームもあります。

そして、上空から襲い掛かる武蔵との戦いを再現できるコーナーもありました。私も小次郎になり切って、返り討ちにしました!

IMG_4105-COLLAGE.jpg

展望所からの眺めです。
かつては鉄鋼や炭鉱で栄えた、九州随一の大都会だけあって大きな建物も数多く見えます。

s-IMG_4117_20200118113302604.jpg

今度はお堀端から天守閣を見上げます。
このお城の特徴は、切石を使わない「野面積み」の石垣です。
整った中にも、ワイルドな感じが出ていますね。

s-IMG_4124_202001181133030d3.jpg

最後に「小倉城庭園」にも入場しました。
こじんまりとした静かな庭園です。池越しに眺める天守閣には風情があります。

実は、松本清張記念館、天守閣、とこの庭園の3か所がセットになった、お得な切符を利用しました。

s-IMG_4131_20200118113305ec2.jpg

それでは、ランチを求めてバスで移動しましょう。
そこでやってきたのは、テレビでもお馴染みの北九州の台所『旦過市場』です。

s-IMG_4133.jpg

昭和30年代の長屋が連なった市場内は、まさに昭和レトロの世界です。
色んな食材を扱うお店がところ狭しと並んでおり、とにかく目移りします。

s-IMG_4134_20200118113833b92.jpg

なかでも賑わっているのが、この「大學堂」です。
北九州市立大学の生徒さんが中心となって運営しているスペースです。

ここで丼に入った白米をもらい、市場のお店で具材をゲットする「大學丼」の発祥地です。

s-IMG_4135.jpg

我が家もチャレンジしようかと思ったのですが、多くの人で賑わっており、なんとなく断念してしまいました。
結局は小倉駅に戻って、落ち着いてランチを頂きました。

いつもは帰省の時に通過するだけだった小倉ですが、今回は満喫することができました。
この後はバスに乗り込み、門司港方面に向かいます!

~つづく~

『小倉城』のHP

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

『熊本城 特別公開』を見学しました

昨年10月から、熊本城の特別公開が開始されました。
行かないわけにはいきません!!

年末の帰省に合わせて、さっそく見学してみることにします。
まずはお城に向かう途中の「長塀通り」です。石垣に補修用の足場が組まれています。

s-IMG_4392.jpg

お城観光の拠点、「桜の馬場城彩苑」の入口です。
巨大なくまモンがハンドボールをプレイ中です。

これは、山都町の秋の催し「八朔祭」に登場する「大造り物」(山車)です。高さ約4.2mのくまモンの体はスギの葉やススキで作られ、右手に竹製のハンドボールを持っています。

s-IMG_4396.jpg

お得なセット券を購入したので、先に「熊本城ミュージアム わくわく座」にも入場しました。
以前は空いていた中央部分には、お城の巨大な模型が設置され、地震の被害状況がプロジェクションマッピングで表現されています。

s-IMG_4400.jpg

いよいよ入場します。中に入るのは、我が家にとっては約6年半ぶりになります。
いつもの入口の「頬当御門」からは、一直線のスロープが設置されています。

s-IMG_4404.jpg

スロープを登り終えた左手に、「宇土櫓」の姿が現れました。
「第三の天守」とも呼ばれる唯一の築城当時の建物で重要文化財です。(補強はされているそうです)

遠目には無傷のように見えていたのですが、近くで見るとやはりかなり傷んでいますね。

s-IMG_4406.jpg

そして、久しぶりに間近で見る天守閣です。
右手の大天守の復旧工事は終了していますが、小天守の方工事の真っ最中です。

s-IMG_4407.jpg

ぐるっと回って正面の広場に出てきました。
天守も大きいのですが、それ以上に工事用のクレーンの大きさには驚かされます。

築城当時はこんなクレーンはなかったのに、よくこれだけの規模のものを人力だけで建てたものだど、改めて感心しました。

s-IMG_4415.jpg

やっぱり熊本はお城です。
むしゃんよか~!!

s-IMG_4413.jpg

大天守だけを見ると、完全に仕上がっているようです。
以前はてっぺんの展望窓から初日の出を眺めたものでした。(よく見えませんでしたが・・・)

近い将来に、また見ることができそうなので、今から楽しみです。

s-IMG_4417.jpg

こちらはお隣の「本丸御殿」です。2008年に復元された建物ですが、こちらも震災以来閉鎖されています。
築城当時の工法で復元されたそうなので、地震でダメージを受けてしまったのでしょうか。

s-IMG_4419.jpg

近づいてよく見ると、やはり結構傷んでいます。
まだ先かもしれませんが、はやくこちらの内部も見学してみたいですね。

s-IMG_4420.jpg

せっかくなので、色んな角度から眺めてみます。
復興に携わった方を特集する番組を観ていたので、感動もひとしおです。

s-IMG_4422.jpg

まだ立ち入り禁止ですが、この枡形の部分は健在でした。

s-IMG_4423.jpg

中の見学を終えて、いつもの「二の丸広場」にやってきました。
ここには崩落した石垣の石が並べられていますが、今回は組みなおしが実演されています。

s-IMG_4431.jpg

いつものフォトスポット、「加藤神社」の前にやってきました。
大小天守と宇土櫓が揃って眺められる日も、もうすぐです。

s-IMG_4433.jpg


<おまけ>

見学を終えて、ぶらりと立ち寄ったお店で、知り合いとばったり会いました!

s-IMG_4438.jpg

酒屋さんの中にある「くまBAR」ですが、カウンターにくまモンが普通に座っていてびっくりです。
「お隣よろしいですか?」とばかりに特等席をゲットしました。

s-IMG_4437.jpg

せっかくなので、球磨焼酎の試飲セットを注文しました。
どれも美味しい!

真ん中の「鴨の舞」という焼酎を、お土産に購入しました。

s-IMG_4440.jpg

くまBARのある建物がこちらです。
先日オープンしたばかりの「SAKURAMACHI KUMAMOTO」です。

以前「交通センター」があった場所に、商業施設やホテル、ホール等からなる巨大な施設が誕生していました。

s-IMG_4391.jpg

震災からもうじき4年になる熊本ですが、帰るたびに元気を感じることができます。
昨年はラグビーのワールドカップや、女子ハンドボールの世界大会でも盛り上がったので、今年の熊本も楽しみですね。

また帰ってきたいと思います!!

『熊本城』のHP

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

『謹賀新年』

新年あけまして おめでとうございます

健康で笑顔で過ごす一年にしたいと思います!!


2020年元旦

2020.jpg

テーマ : ごあいさつ。
ジャンル : その他

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第7日目② (最終回)

悠久のエジプト・ナイル川紀行、とうとう今回が最終回です。
ランチを終えた後は、一時間ちょっとのドライブで「ダハシュール」という町にやってきました。

砂漠の中に『屈折ピラミッド』が現れました。
クフ王より昔のスネフェル王が建造した初期のピラミッドです。

その名の通り、ピラミッドの角度が途中で屈折しています。この理由は、別のピラミッドが崩れたためとか、王が亡くなったため建造を急いだ、等の諸説があるそうです。

s-IMG_3973.jpg

屈折ピラミッドから目を凝らすと、別の崩れたピラミッドが見えます。
これは『黒のピラミッド』と呼ばれています。

今ではほとんど崩れてしまっていますが、黒っぽい色のためにこう呼ばれています。

s-IMG_3975.jpg

そして、お隣には形の整った別のピラミッドがあります。『赤のピラミッド』です。
同じスネフェル王によって造られたのですが、こちらは見慣れた形をしています。
正四角錘の形をした、最初の「真正ピラミッド」です。

意外に街中にある3大ピラミッドと違い、広大な砂漠の真ん中にあるので、こちらの方がピラミッドのイメージにピッタリな気がします。

s-IMG_3995.jpg

移動の途中には、ナツメヤシの林がありました。
周囲は砂漠ですが、水路の周りにだけ緑があります。木にはナツメヤシの実がびっしりと実っています。

s-IMG_4004.jpg

古王国時代の首都として栄えた「メンフィス」にやってきました。
ここでは『メンフィス博物館』という名の屋外展示施設があります。

この横たわる巨大な像は、やはりあの「ラムセス2世」です。高さ(長さ)は10mほどもあるそうです。

s-IMG_4008.jpg

ここにもスフィンクスがありました。この顔のモデルも諸説あるようです。
ガイドさんは「ハトシェプスト女王ではないかと思っている」とのことなので、我が家もそう思うことにします。

s-IMG_4015.jpg

またまた筋骨隆々とした立像が現れました。もちろん(?)ラムセス2世です。
それにしても、本当に自分の像を造るのが好きなファラオだったのですね。

s-IMG_4017.jpg

再びバスに乗り、「サッカラ」の町にやってきました。
こちらでは、ピラミッドの原型を見ることができます。

s-IMG_4041.jpg

それが、この『階段ピラミッド』です。
ジェセル王が建築家イムホテプに建造させたもので、当時の主流だった方形の「マスタバ」墓を何段も積み重ねて造られました。

s-IMG_4027.jpg

実はこの場所からは、エジプトの主なピラミッドがほとんど眺めることができるのだそうです。
遠くには3大ピラミッド、そして先ほどの屈折ピラミッドや赤のピラミッド、さらには名前は分かりませんが3つのピラミッドが見えています。

たった一日で、これだけの数のピラミッドを見ることができるなんて、本当に夢のようです。

s-IMG_4034.jpg

ツアーの予定にはなかったのですが、ガイドさんの計らいで「イデゥット王女」という方のお墓に入場しました。

s-IMG_20190919_155716.jpg

あまり大きな墓ではありませんが、色彩も残るレリーフを壁一面に見ることができました。
ナイル川の船や魚たちの姿も描かれています。

s-IMG_20190919_155510.jpg

休憩を兼ねて、カーペット店に立ち寄りました。この辺りはカーペットの産地で数多くの職人を育てる学校がいくつもあります。

質の良さそうなマットが安かったので買おうかと思いました。ところが、エジプトポンドだと思っていた値札が、実際は米ドルでした。
計算しなおしてビックリ!もしも買っていたら大変なことになるところでした…

s-IMG_4043.jpg

ついさっきランチを食べたばかりですが、帰国日のため早めの夕食です。
このローカルなレストランで頂きました。お腹が空いていないのであまり食べられなかったのですが、お味は美味しかったです。

面白かったのは、デザートのナツメヤシは目の前の木に登って取ったものがそのまま出てきます。試しに食べてみましたが、渋柿のような味がしました。

s-IMG_4047.jpg

ここまで観光スポット一辺倒だったので、お土産らしいお土産が買えていません。
すると、残った時間でショッピングセンターに立ち寄ってくれることになりました。

名前は分かりませんが、この新しいショッピングセンター内にある「カルフール」で、ローカル商品を購入することができました。店内はどこも大混雑で、エジプト人のパワーを感じることもできました。

s-IMG_4049.jpg

すべてのスケジュールを終えて、カイロ空港に戻ってきました。
来る前は、正直なところ治安面での不安があったのですが、無事に旅を続けることができました。

感謝を込めて、エジプトビールで乾杯です!!
改めて見ると、左の「サッカラ」のラベルには先ほどの階段ピラミッドが描かれています。どうりで何だか見覚えがあると思ったはずですね。

s-IMG_4050.jpg

こうして、我が家のエジプト・ナイル川紀行は無事に終了しました。
念願だったエジプトは、これまで旅した中で一番かも?と思えるほど素晴らしい場所でした。

エジプトブーム到来の予感がする今日この頃ですが、いつかまた我が家も再訪してみたいと思います。

شكرا يا مصر (ありがとう、エジプト)!!

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第7日目①

悠久のエジプト・ナイル川紀行もいよいよ最終日の朝になりました。
目覚めにカーテンを開けると、ピラミッドビューが広がっています。

ゆっくりと眺める暇もなく、朝食を取るとすぐに出発です。

s-IMG_3853.jpg

まずは、念願のピラミッドの見学です。
ホテルから5分も行くと、ピラミッドの間近に到着しました。

近くで見るピラミッドは、やはり巨大です!
それもそのはず、手前のクフ王の『大ピラミッド』は一片の長さが約230m、創建当時の高さが146mもの大きさです。

s-IMG_3878.jpg

さっそく、大ピラミッドに入場します。
真ん中あたりに見えているのが本来の入口ですが、右下にある盗掘口から入場します。
(内部は撮影禁止です)

s-IMG_3882.jpg

中に入りしばらく進むと、本来の通路に合流します。この通路がとても天井が低いのです。主人はほとんど四つん這いになって進んでいきます。途中で天井の高い「大回廊」に続き、最後の「王の間」に到着しました。
どんな豪華な世界が広がっているかと思いきや、何の装飾もない空間にポツンと石棺がひとつあるだけでした。。。

そして、登りも下りも同じルートを通り、特に交通整理もありません。
たまたま登ってきたのが日本人のツアーだったので、譲り合って無事に降りることができましたが、別の国の方だったら、ずっと降りることができないかもしれません。

入場の後はバスで少し離れた位置に移動します。ここからは、3大ピラミッド全体を眺めることができます。

s-IMG_3902.jpg

この辺りにはラクダさんがたくさんいて、乗ることもできます。
ツアーの何組かは体験されていましたが、お話を聞くと、揺れが激しく結構大変だったそうです。

我が家は写真を撮るだけにしました。
下手に飼い主の人を写すと、すぐにチップを要求されてしまうので要注意です。

s-IMG_3916.jpg

カフラー王のピラミッドです。
創建時の高さが144mとクフ王のものよりもわずかに低いのですが、高台に建てられているので、遠くから見ると大きく見えます。

このピラミッドの頂上部分には石灰岩の化粧石が残っています。当時は全体がこの石に覆われており、太陽の光を反射させていたのだそうです。さぞかし美しい光景だったことでしょう。

s-IMG_3925.jpg

お次は、カフラー王のピラミッドを背にした『スフィンクス』の正面にやってきました。
ちょうど、昨夜の「音と光のショー」の会場部分になります。

こちらをバックに、ツアーの皆さんで記念撮影を行いました。エジプト人のカメラマンが見せてくれたサンプルには、小泉元首相や、さかなクン(!?)が写っていました。

s-IMG_3945.jpg

スフィンクスの全景です。
長さ73.5m、高さ20mの一枚岩から削り出した像です。

s-IMG_3946.jpg

このお顔は、カフラー王がモデルとも、違うとも言われており、鼻が欠けた経緯についてもいろんな説があるそうです。

「ナポレオンが大砲で撃った」という話を聞いたことがあったのですが、実際にはナポレオン遠征より前から欠けていたようです。

s-IMG_3953.jpg

大ピラミッドの脇にある、『太陽の船博物館』を見学します。
ここには大ピラミッドと同じ、紀元前2500年頃に建造された巨大な木造船が展示されています。

s-IMG_20190919_092341.jpg

長さ42m、幅5.6mもの大きさで、材料は杉です。
これまでの遺跡は石造りのため耐久性がありますが、古代の木材がここまで完全に残っているのは驚きです。今すぐにでもナイル川に漕ぎだせそうに見えます。

s-IMG_20190919_091805.jpg

さらに驚くことに、なんと当時のロープも残されています。
そしてこの近くで、あの吉村作治先生の早稲田大学チームが「第2の太陽の船」を発見したのだそうです。

s-IMG_20190919_091505.jpg

ここでバスで移動して、クーラーが効いた涼しいレストランでランチを取りました。
お店の外で焼いていたこの炭火焼チキンがすごく美味しいです。塩だけの素朴な味付けですが噛むごとにお肉の旨味がジュワッとあふれてきました。

s-IMG_3969.jpg

外の焼き場では、チキンの他にエジプトのパン「アエーシ」も焼いています。
ご飯もあるのに、このアエーシは食べ放題。ついついたくさん食べてしまいました。

s-IMG_3970.jpg

お腹いっぱい食べた後は、郊外に移動します。
最後にエジプトのピラミッドの変遷を見学して、いよいよ帰国になります。

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード