『籠城中』です

家にいよう。 

みんなで打ち克とう。


s-無題

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『春の南国土佐 自然紀行』 第3日目③(最終回)

春の南国土佐、自然紀行の三日目の続き、いよいよ最終回です。
高知城の観光の後は、路面電車で移動します。

「MY遊バス」の一日券があれば、中心部の路面電車も乗り放題です。
「上町一丁目」で電車を降りて、国道沿いを少し戻ったところに大きな石碑がありました。

『坂本龍馬誕生地』です。

s-IMG_4664.jpg

この辺りは、龍馬が生まれて少年時代を過ごした町です。
そしてこちらは、なんと「龍馬郵便局」です。

入口に、この大きな龍馬の全身像がお客さんを出迎えています。ポストの上にも小さな像が乗っかっています。
でも訪れる方は皆さん写真を撮るだけで、郵便局を利用する人はいないようでした。

s-IMG_4665.jpg

そしてこの辺りが、龍馬が剣術の修業に励んだ、「日根野道場」の跡地です。
これといった建物等が残されているわけではありませんが、なんとなく当時の雰囲気を感じることができます。

s-IMG_4668.jpg

そろそろ、少し遅めのランチに向かいます。乗り放題なので気楽に路面電車を利用します。
電車を待っていると、来た電車の掲示板に「ごめん」と出ています。

あー、満員なんだ。。。と思っていると、他の皆さんは構わず乗り込みます。
実は、「御免駅」行きの電車でした。これには二人で大笑いしました!

s-IMG_4694.jpg

またまた、はりまや橋に戻ってきました。この辺りでランチのお店を探します。
さっそく美味しそうなお店を見つけました。

土佐料理の『とさ市場』というお店です。

s-IMG_4678.jpg

もちろん、かつおのたたき定食をお願いしました。写真では真ん中の茶わん蒸しが主役にも見えてしまいますが、左上の薬味にうもれたかつおが身が厚くむっちりとしてとても美味しいです。これまで食べていたものとは違います!

主人のお刺身定食も美味しいです。ボリュームも満点で主人も満腹で喜んでいました。ついついビールも注文してしまいました。

IMG_4674-COLLAGE[1]

そしてもう一つ、高知といえば忘れてはいけない文化があります。
よさこい祭りです!

近くに、『高知よさこい情報交流館』を見つけたので、入場してみます。

s-IMG_4687.jpg

入場すると(無料です)、派手なお祭りの衣装や、歴代のポスターがズラリと展示されています。
シアタールームでは過去のお祭りの映像が流れており、お祭り気分を満喫しました。

IMG_4682-COLLAGE[1]

地元出身の有名人たちが、お祭りを紹介するコーナーもありました。
土佐美人の、お馴染みの二人も登場です。

今年のよさこい祭りは、残念ながら中止になってしまいましたが、いつか参加してみたいと思います。

IMG_4679-COLLAGE[1]

もう少し観光の時間が取れそうです。最後に、もう一人の超大物ゆかりの地を訪れます。
『山内容堂公邸跡』です。

当時の長屋の建物の一部が残されています。

s-IMG_4688.jpg

そして、すぐ近くには『山内神社』がありました。
その名の通り、山内家の歴代藩主と初代一豊夫人(千代)を祀っています。

s-IMG_4690.jpg

容堂公のお出ましです!
幕末の「四賢侯」のひとりとして評価される一方、自らを「鯨海酔候」と称していた大の酒好きのお殿様です。

なんとなく、親近感が湧きますね。

s-IMG_4689.jpg

近くには高知県庁があります。庁舎の大きな建物が、一か所だけ途切れて渡り廊下で結ばれています。なぜだろうと思って見上げると、ちょうどこの部分に天守閣が現れました。

さすがにこの眺めを遮るわけにはいかなかったのでしょうか。
こういったお城中心の街づくり、素敵です。

s-IMG_4693.jpg

高知駅に帰ってきました。空港行きのバスの時間まで観光情報発信館「とさテラス」で楽しみます。
色んな展示がありますが、この「サイバーサイクリング」で、四万十川の沈下橋をもう一度楽しみました。

s-IMG_4597.jpg

ここには、なんと大河ドラマ「龍馬伝」で実際に使用された、龍馬の生家のセットがそのもまま展示されています。
さらに中に入ることもできました。最後にうれしいサプライズでした。

s-IMG_4698.jpg

念願の高知を訪れて、ダイナミックな太平洋や、美しい四万十川や仁淀川、歴史にグルメも満喫しました。
帰京してからも南国土佐の素晴らしさに触れた2泊3日を度々思い出しています。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

『春の南国土佐 自然紀行』 第3日目②

春の南国土佐、自然紀行の三日目の続きです。
これより、いよいよ『高知城』に入城します。

まずは「追手門」から、天守閣を見上げます。
この、門越しに天守閣を仰ぎ見る構図は、幕末の時代劇でお馴染みですね。

s-IMG_4626.jpg

門の中に入ると長い石段が現れます。その石段を登りながら石垣を見あがると、変わった突起が見えました。

これは「石樋」という、石垣の樋です。
雨の多い高知では、石垣が水分を含んで崩れないようにこのような樋が発明されたのだそうです。

s-IMG_4628.jpg

石段の上にも別の銅像がありました。
山内一豊の妻の千代です。千代が差し出したお金で名馬を手に入れたシーンを表しているそうです。

s-IMG_4629.jpg

さらに門を通って、中心部の本丸までやってきました。本丸御殿と天守です。
高知城は「現存12天守」のうちの一つですが、本丸御殿と天守が両方残っているのは、高知城だけなのだそうです。

s-IMG_4637.jpg

靴を脱いで中に入ると、さっそくきれいな着物が展示されています。
2006年の大河ドラマ「功名が辻」で仲間由紀恵さんが着用したものです。懐かしい!

s-IMG_4641.jpg

重要文化財でもある本丸御殿には数多くの部屋がありますが、その中でも最も格式が高いのがこちら。藩主の部屋である「上段の間」です。

きっと数々の歴史の舞台になったのでしょう。

s-IMG_4644.jpg

続けて天守の見学に移ります。
階段を登っていく途中の窓で、ちょうど鯱が目の前に見えました。
青銅製で、見事な姿です。

s-IMG_4653.jpg

三層六階建ての最上階にやってきました。
この天守は、山内一豊が高知に来る前に治めていた「掛川城」を模して造られたと言われています。

s-IMG_4648.jpg

こちらは、2009年に訪れた時の掛川城の天守です。
上に載せた写真と比べてみると、確かにそっくりです。クイズで出されてもどっちがどっちか分かりませんね。

P1020605[1]

改めて、高知城の天守からの景色です。
360度をきれいに見渡すことができます。やっぱり天守閣からの眺めは、どこのお城も最高です!

s-IMG_4649.jpg

見学を終えて石段を降りていると、三つ目の銅像が現れました。今度は「板垣退助」です。
トレードマークの立派な髭は、銅像でも見事に再現されています。

s-IMG_4659.jpg

この後は、城下町の散策を続けます。
追手門の前の道を歩いていると、あの「山内容堂公誕生地」の石碑がありました。

s-IMG_4660.jpg

雨が止んでも曇り空だったのですが、この頃からようやく青空が顔を出しました。
やっぱり天守閣には、青空が似合いますね。

s-IMG_4661[2]

帰りの飛行機は夜なので、もう少し観光の時間があります。
この後は市電に乗って、坂本龍馬の生まれた町を訪ねてみます!

~つづく~

『高知城』のHP

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード