『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第二日目 その3

悠久のエジプト・ナイル川紀行、旅の二日目の続きです。
観光を終えて、いよいよクルーズ船にチェックインします。
我が家が滞在する船は、『クラウン・ジュエル号』です。

実はこの船の奥に停泊しているので、姿を見ることができません。隣の船を桟橋代わりにして乗り込みます。
(結局、最後まで全体像を見ることができませんでした…)

s-IMG_3303.jpg

船のフロントです。左手に☆☆☆☆☆が並んでいます。一応、五つ星の船です。
(もちろんエジプト基準ですが)

s-IMG_3594.jpg

船に乗ると14時を過ぎていましたので、部屋にも入らずにレストランに直行してのランチです。
ここで待ちに待ったビールです!!

「ステラ」という、エジプトのビールを頂きました。

s-IMG_3304.jpg

食後にようやくお部屋に入りました。
船は4階建てですが、我が家は3階の部屋になりました。

思っていたよりも立派なお部屋です。航行中は、奥にあるチェアーに座って景色を眺めることもできます。まずはゆっくりと寛ぎ、長旅の疲れを癒します。

s-IMG_3307.jpg

午後はオプションのスーク(市場)訪問がありますが、我が家は参加せずに休憩することにしました。休憩後に屋上のデッキに出てみることにします。

一応クルーズ船なので、このようなプールも設けられています。この後、欧米の方たちで結構賑わっていました。

s-IMG_3310.jpg

ナイル川越しに、先ほど訪れた「王家の谷」が眺められます。

s-IMG_3312.jpg

毎日夕方4時からは、デッキでティータイムがあり、コーヒー・紅茶と軽いお菓子を頂くことができました。

s-IMG_3478.jpg

近くにも、同じようなクルーズ船の船団が停泊しています。
このように同じような形の船を連結することで、船同士の通行を可能として揺れ防止にもなるという一石二鳥です。

遥かエジプトまで来て、三国志の「赤壁の戦い」(連環の計)を思い出してしまいました。

s-IMG_3313.jpg

夕暮れ時に、もう一度デッキに出てみました。一気に気温も下がり、快適です。
そして、「ナイル川の夕日」を眺めることができました。あらためて、はるばるやってきたな、と感じます。

s-IMG_3326.jpg

ロマンティックな気分に浸っていると、隣で主人が蚊に刺されたようです!
さすがにアフリカの蚊だけあって強力です。みるとかなり腫れ上がっていました・・・
(念のため、西ナイル熱には感染しませんでした)



それではディナーを頂きたいと思います。
ビュッフェスタイルです。毎日テーマがあるようで、イタリアンデー、オリエンタルデーとか飽きないように工夫されています。お給仕の方達も陽気で軽い会話を楽しみながら過ごせます。

s-IMG_3329.jpg

こちらは主人のお皿です。センスの無い盛り付けですが、お味は美味しいです。エジプトはお米文化があるので、お米派の我が家は、毎食お米を頂けるのがありがたかったです。

毎回2種類ずつの日替わりスープがあり、どれもとても美味しいです。パンの種類も豊富ですし、その場でソースと絡めてくれるパスタも、ツアーのお仲間からは好評のようでした。

s-IMG_3328.jpg

ディナーの後も、クルーズ船らしく毎晩ちょっとしたイベントが用意されています。
初日の今夜は、エジプト名物の「ベリーダンスショー」です。

噂には聞いていたのですが、想像以上に豊満なダンサーのお姉さんが登場です。
とっても可愛らしいお顔でした。

s-IMG_3331.jpg

実は素晴らしかったのはこちら、同じくエジプト伝統の「スーフィー・ダンス」です。
スカートのような衣装を着たダンサーが、音楽に合わせてくるくると回り続ける踊りです。

かなり長い時間回転を続けていたので本当に心配になりましたが、もともとは回転することでトランス状態になる宗教行事が起源なのだそうです。

s-IMG_3332.jpg

こうして長かった旅の初日(機内泊を入れて二日目)が終了しました。
念願だったエジプトは思っていた以上に素晴らしく、早くも大いに盛り上がっています!

明日は、引き続きルクソールの観光を行い、その後いよいよ出航する予定です。

~つづく~


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第二日目 その②

悠久のエジプト・ナイル川紀行、旅の二日目の途中です。
王家の谷の見学の後、アラバスター店での休憩を終えて、次の目的地に向かいます。

『ハトシェプスト女王葬祭殿』です。
入場チェックを終え、またトラムに乗って進んでいくと、壮大な建造物が姿を現します。

s-IMG_3253.jpg

3つの段違いのテラスを2つの傾斜路で結び、背後にそびえる断崖絶壁までが一体化した神殿建築の最高峰です。

夫のトトメス2世が早くに亡くなったため、幼少でトトメス3世がファラオの地位につきました。義理の母であるハトシェプストは摂政となり、やがて女王として即位して、共同統治を行ったそうです。

s-IMG_32881.jpg

以前から写真等で見たことがあり、一度生で見てみたいと思っていた場所です。
ホルス神が飾られた階段を登って、内部を見学してみたいと思います。

s-IMG_3257.jpg

テラスの柱には、ハトシェプスト女王の立像がズラリと並んでいます。
異例の女王となったため、彼女は公的な場では男装し、あごに付け髭を付けていたと言われています。

相当な苦労があったことでしょう・・・

s-IMG_3269.jpg

最上段まで上がってきました。内部に入れるようです。
さっそく入ってみます。

s-IMG_3279.jpg

葬祭殿の中でも最も神聖な、「至聖所」の内部です。
壁画には、まだ一部色が残っています。そして、天井には星空が描かれています。

s-IMG_3272.jpg

さらに一番奥です。特に何も置かれていませんが、なんとなく厳かな空気は感じます。
ちなみにこの建物は葬祭殿であって、お墓ではありません。

お墓は、先ほど訪れた王家の谷にあり、女王のミイラはカイロ博物館に置かれています。
(こちらは後日訪れます)

s-IMG_3274.jpg

あらためて下段も含めた内部の装飾を見てみましょう。
これはオシリス神に供物を捧げているハトシェプスト女王のレリーフです。

ところが、女王がいるべき部分がきれいさっぱり削り取られています。これは彼女の死後に、義理の息子トトメス3世によって行われたそうです。

s-IMG_3266.jpg

これ以外にも多くの装飾を見ることができます。
右上のレリーフは、南北エジプトそれぞれの象徴である「蓮」と「パピルス」を中央で結びあっています。これは南北エジプトを統一したことを表しているそうです。

左下のアヌビス神との対面でも、やはり女王は削り取られています。

IMG_3261-COLLAGE (1)

脇の方には、「ハトホル女神」を祀った神殿も残されています。
愛と幸運の女神、とのことなので、しっかりとお参り?させていただきました。

s-IMG_32851.jpg

最後にテラスの上からの眺めです。改めてスケールの大きさを感じます。

奥のほうの色が違って見えている部分は、ナイル川沿いの緑です。
砂漠地帯のエジプトに、いかにナイル川の恵みがあるかを実感することができます。

s-IMG_3280.jpg

バスで少し移動し、『メムノンの巨像』に立ち寄りました。
広大な平野に、高さ約20mの巨像が2体残されています。

アメンホテプ3世というファラオの像なのですが、ギリシャ神話の英雄の名前で呼ばれるようになっています。

s-IMG_32951.jpg

これにて、エジプト到着の初日の観光は終了です。
いよいよ今夜から4泊を過ごすクルーズ船にチェックインです!

~つづく~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『悠久のエジプト・ナイル川紀行』 第(一)二日目 その①

少し遅めの我が家の夏休みがやってきました。
今年は、長年の希望だったエジプトに、いよいよ行くことにしました。
治安の悪化もあり、これまで何回もあきらめてきましたが、少し良くなっているとのことで思い切って決断しました。

行き先が行き先だけに、今回は完全なツアー旅行を選びました。
まずはナイル川をクルーズ船で巡り、最後にカイロ周辺を訪れるという5泊8日(+機内2泊)の行程です。我が家にとっては、初のクルーズ旅行でもあります。これは楽しみです。

成田からカイロへは、エジプト航空の直行便が運航されています。
片道14時間の超ロングフライトになります。しかもエジプト航空では宗教上の理由でお酒が出ないとのこと。持ち込みはOKとのことだったので、出国後の免税店で日本酒を購入しました。

ところが離陸後に添乗員さんから説明されたのですが、「突然持ち込みも不可になった」とのことです。といっても既に持ち込んでしまっているので、始終ドキドキしっぱなしでした。
(入国検査前のごみ箱で、あえなくお別れしました。日本酒さんごめんなさい…)

健全なフライトは無事に終了し、そのままカイロからルクソール行きの国内便に乗り換えます。
窓から見下ろすと、砂漠の中に街が築かれている様子がよく分かります。

s-IMG_3237.jpg

長い旅を終えて、よやくルクソール空港に到着しました。
前評判はそれほど良くなかったエジプト航空ですが、荷物も含めてなんとか無事に到着できました。

s-IMG_3239.jpg

ルクソールは、昔の名前はテーベといい、上エジプトの中心地です。
中王国、新大国時代の首都で、エジプトでは宗教上もっとも重要な都市と言われています。

s-IMG_3241.jpg

休む間もなく観光バスに乗り込みます。
添乗員さん、現地のガイドさんの他にも、精悍な感じの方が一人乗っています。実は、この人は警察官です。現在エジプトではツーリスト・ポリスの方が同行して、安全確認や警護を行ってくれるのです。とても頼もしいです!

そしてバスはナイル川に架かる橋を渡ります。
子供の頃に教科書で読んだナイル川を、実際に渡っているかと思うと感慨深いです。

s-IMG_3243.jpg

そして、最初の訪問地『王家の谷』に到着しました。
ナイル川の西岸の山のふもとに、新王国時代のファラオや貴族たちが眠る場所です。

セキュリティチェックを終えてゲートの中に入ると、トラムが待っています。
すでに灼熱の太陽で参っていたので、これは助かります。

s-IMG_3247.jpg

谷の内部にやってきました。
「アル・クルン」と呼ばれるピラミッド型の山のふもとに、60基以上もの王家の墓が発見されています。雨の降らないエジプトなので当たり前ですが、あまりにも晴れ渡った空です。

ここでうれしい誤算がありました。
王家の谷や各遺跡の写真撮影には、それぞれ2,000円(300エジプトポンド)程度が必要とのことだったのですが、ほんの数日前にスマホで撮影するのは無料になったそうです。

我が家の安いデジカメなんかよりは、最新のiPhoneのほうが遥かに高性能なのですが、この不思議なルールのおかげでずいぶんと助かりました。(さっきの日本酒の元が取れました!)

s-IMG_20190914_162512.jpg

さっそく、そしていきなり『ツタンカーメン王の墓』に入場します。
これまで本やテレビで何度も見てきた場所に、ついにやってきました。

まずは、ファラオの墓としては極めて短いスロープを下っていきます。

s-IMG_20190914_164024.jpg

通路を抜けて、左手にふと目をやるとガラスケースがありました。
なんと、ツタンカーメンのミイラです!

唐突の登場に少し戸惑いました。あまりにも自然に置いてありました。3,000年以上も前のものとは思われない状態のよさです。
あれだけ豪華な黄金に包まれていたのに、今では質素な姿なのが、少し気の毒でもあります。

s-IMG_20190914_164115.jpg

奥には埋葬室がありました。
今でも鮮やかで美しい壁画と、大きな石棺が残されています。

s-IMG_20190914_164212.jpg

こちらの壁面には、冥界の王である「オシリス神」やツタンカーメン自身が描かれています。
黄金の財宝は、カイロの博物館に移設されていてありませんが、壁画だけでも一見の価値ありです。

s-IMG_20190914_164156.jpg

こちらは、ヒヒの絵のようです。
知恵の神様「トト神」を、トキと一緒に表す動物なのだそうです。

s-IMG_20190914_164632.jpg

ツタンカーメンだけでも大満足なのですが、王家の谷の見学はまだまだ続きます。
周囲にある入口は、すべて王様のお墓。すごいことになっています。

s-IMG_20190914_165014.jpg

二番目に訪れるのは、「ラムセス3世」の墓です。
古代エジプトで大きな権威を持った、最後のファラオと言われているそうです。

s-IMG_20190914_171456.jpg

権威ある王様だけあってか、先ほどのツタンカーメンの墓と比べるとかなり大きいです。
通路も長く、天井と左右の壁には豪華な装飾が残されています。

s-IMG_20190914_170139.jpg

ハヤブサの形をした「ホルス神」や、さきほどのオシリス神をはじめとした数々の神様の像が刻まれています。
どの壁画もとても美しく、保存状態も極めて良好で、これぞファラオのお墓といった感じがします。

ちなみの、このファラオは喉を切られて暗殺されたのだそうで、ミイラにも大きな傷が残っていたことから判明したようです。

IMG_20190914_170304-COLLAGE (1)

次は、「ラムセス9世」のお墓に入場します。
あまり有名なファラオではなさそうですが、王権の衰退に歯止めを掛けた王様だったようです。

s-IMG_20190914_173211.jpg

こちらのお墓も、なかなか豪華です。
やはり長い通路の奥に、玄室があり壁や天井にはきれいな壁画が残されています。

IMG_20190914_170852-COLLAGE (1)

最後にもう一か所だけ、入場することができました。
今度は、「ラムセス4世」です。

s-IMG_20190914_173847.jpg

名前の通り、さきほどのラムセス3世の王子で、次のファラオです。
父を暗殺した勢力を捕らえて一掃したのだそうです。

s-IMG_20190914_174533.jpg

カラフルな色彩がが残るこのお墓には、ひときわ大きくて立派な石棺も残されています。
この石棺は、王家の谷の中でも最大なのだそうです。

s-IMG_20190914_175115.jpg

ようやく最初の訪問地、王家の谷の見学を終えました。
念願の場所だっただけあって、早くも満足です。

次は休憩を兼ねて、アラバスター屋さんに立ち寄りました。
上手な日本語による作業説明の後に、販売会が始まりました。我が家は眺めるだけにしました。

s-IMG_3250.jpg

まだまだ初日(旅の二日目)の観光は続きます。
休憩の後は、今度は「ハトシェプスト女王葬祭殿」に向かいます。

これから、長ーい旅行記になりそうです!!

~つづく~


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

『夏の沖縄旅行』 第二日目③(最終回)

どこかにマイルでの夏の沖縄の旅も、いよいよ最終回です。
美ら海水族館周辺の観光を終えて、旅もラストスパートに入ります。

先ほどまでいたシーサイドから、一気に坂道を登っていきます。
そして、次なる世界遺産に到着しました。

『今帰仁城』(なきじんグスク)です。

s-IMG_3165.jpg

沖縄に点在するグスクの中でも、1、2を争う立派さです。
日本100名城にも選出されており、テレビ番組の「お城総選挙」でその存在を知りました。

昨日の首里城もそうでしたが、石垣の描く曲線美が魅力です。

s-IMG_3185.jpg

門をくぐり、石畳の上り坂を進んでいきます。
と、ここで遂に豪雨に遭遇です。よりによって建物が一切ない中で容赦ない雨が降り注ぎます。

大きな木の下で傘をさして、ひたすら縮こまっていました。幸い短時間で雨雲は流れていきました。
ようやく展望の良い場所に出ました。手前の茶色い部分は一気にできた水たまりです。

s-IMG_3168.jpg

山側を見下ろすと、まるでジャングルのような森の中に、石垣が眺められます。
つくづく南の島にやってきた、と思わせてくれる風景です。

s-IMG_3170.jpg

お城でいうところの本丸にあたる場所にやってきました。
特に建物はなく、このような祠のようなものがあるだけです。

大雨のせいか他に訪れる人もおらず、またまた貸し切り状態で世界遺産を堪能します。

s-IMG_3176.jpg

本丸の奥から下に降りることができました。
高い石垣の向こう側に、うっすらと海を眺めることができました。

s-IMG_3177.jpg

最後にもう一度、高台に戻って海を眺めてみました。
このグスクは標高100mにあるので、雨が上がると絶景が眺められます。

s-IMG_3183.jpg

そろそろ、今回の旅の最後の観光地に出発します。
島々の向こう側に、小さく見えている橋に向かいます。

s-IMG_3186.jpg

やってきました、沖縄本島でも屈指の絶景スポット、『古宇利大橋』です。
テレビや雑誌でよく見かけた通りの素晴らしい景色です。

雨はなんとか止みましたが、曇っているのが少し残念です・・・

s-IMG_3187.jpg

いざ、渡ってみましょう!
海の上の一本道をゆっくりと進みます。

うれしいことに、またまた貸切状態です。

s-IMG_3197.jpg

古宇利島に上陸しました。
今渡ってきたばかりの、長さ1,960mの橋が見えています。ちなみに通行は無料です。

s-IMG_3200.jpg

車だと一周10分程の小さな島ですが、島の奥に人気急上昇中のスポットがあります。
「ティーヌ浜」という名のビーチです。

この岩、何に見えますか??

s-IMG_3208.jpg

答は、ハートです!
その名も「ハートロック」と呼ばれているそうです。

嵐が出演するJALのCMに登場して有名になったようです。我が家も今回JALにお世話になっているので、これはいいかもしれません。

s-IMG_3202.jpg

いよいよ帰る時間になりました。
高速道路で一気に那覇空港まで戻ります。沖縄は運転が荒っぽいのかと思っていたら、皆さん制限速度を守って安全運転でした。

小学生の頃以来の再訪の沖縄で、おぼろげな記憶と重なる部分や、お城の石垣という新しい感動もありました。暑さが大苦手なのに、沖縄移住も良いかなぁなんて思ってしまうくらい良い旅でした。

昔、訪れた石垣島や竹富島にも再訪したいと思います!!


『今帰仁城跡』のHP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

『夏の沖縄旅行』 第二日目②

どこかにマイルでの夏の沖縄の旅、二日目の続きです。
いよいよ沖縄観光のハイライト、『美ら海水族館』にやってきました。

この旅に出る前までは、もっと那覇市内の街中にあるものとばかり思っていましたが、実際は市内から2時間ほど離れた場所にありました。
ここは、1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」の会場跡地です。

s-IMG_3137.jpg

入場口の前からは、きれいなビーチが一望できます。海の向こうにみえるのは「伊江島」です。
途中のコンビニで前売券を買っておいたので、若干お安く入場することができます。

さあ、入場してみましょう。

s-IMG_3138.jpg

入場すると、まずはサンゴの海がお出迎えしてくれます。
いきなり面白い形のお魚がやってきました。

「ヘラヤガラ」という名前です。英語名は「トランペットフィッシュ」とのことで、妙に納得です。

s-IMG_3139.jpg

もちろんカラフルな熱帯魚たちもたくさんいます。
みんな、ぬったりと我が物顔で泳いでいます。

s-IMG_3140.jpg

こちらはクラゲの水槽です。
癒されるということでブームのようですが、ボーっと眺めていると、たしかに妙に落ち着きますね。

s-IMG_3143.jpg

いよいよ主役が登場です!
巨大な水槽の中を、これまた巨大なジンベエザメがゆったりと泳いでいます。

手前のお客さんたちと比べると、その大きさが際立っています。

s-IMG_3146.jpg

しばらくすると、もう一匹のジンベエザメも現れました。
でも、よくみると鼻先にいる一匹の魚が堂々と先導しています。

コバンザメというのはよく見かけますが、先導魚?というのは初めて見ました。
(巨大なコバンザメなのかもしれません…?)

s-IMG_3147.jpg

ここ「アクアルーム」からは、回遊する魚を見上げることができます。
タイミングよく、日本初展示の真っ黒なエイ「ブラックマンタ」が飛び去って行きました。

普通のマンタはお腹は白いのですが、このようにお腹も真っ黒な個体は世界的にも例が少ないのだそうです。

s-IMG_3151.jpg

館内の見学の後は、外部の施設に向かいます。
こちらは「オキちゃん劇場」、イルカショーが開催されています。

ダイナミックなイルカの動きを堪能することができました。
しかもこの劇場と、マナティー館、ウミガメ館の見学は、なんと無料です!

s-IMG_3157.jpg

充実した水族館を堪能した後は、少しご近所を巡ってみたいと思います。
水族館から車で数分の、ここは『備瀬のフクギ並木』です。

s-IMG_3159.jpg

この集落には、防風林として約2万本ものフクギが植えられいます。
昔ながらの沖縄風の屋敷も並んでいて、いい雰囲気の並木道です。

s-IMG_3161.jpg

フクギは漢字では「福木」と書くそうです。
歩いていると、幸せを呼ぶパワースポット「夫婦福木」が現れました。

またまた夫婦円満をお願いしておきました。

s-IMG_3162.jpg

沖縄をすっかり満喫していますが、だんだん残り時間が少なくなってきました・・・
この後は、もう一つの世界遺産を目指して、旅のラストスパートです!

~つづく~

『美ら海水族館』のHP

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ふとかつ

Author:ふとかつ
平凡な日々を記録してして自分の変化を再発見したいと思いブログをはじめました。

大好きな旅行、お酒、美味しいもの、料理、主人の趣味に付合い始めた自転車でのポタリング、その他なんでも気になることを徒然なるままに書き留きめていきたいと思っています。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
QRコード
QRコード